メルマガの配信頻度はどれくらいがベスト?【送り過ぎは逆効果です】

メルマガの配信頻度について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

メルマガの配信についてこんなツイートをしました

メルマガの配信は基本的に1日1通にしましょう☝️

ステップメールを組めば朝・昼・夜と1日3通送ることも可能ですが、うざいと思われたり情報を処理しきれない可能性があります😢

1日3通送るなら1通のメルマガに3倍の価値を持たせて送った方が喜ばれるし、反応率もアップするので実践してみてください😊

上記を深掘りします。

ブログとメルマガは性質がまったく異なるので、配信頻度や手段を間違えると一瞬で読者さんに嫌われてしまいますので気を付けましょう。

広告

メルマガの配信頻度はどれくらいがベスト?

メルマガの配信頻度はどれくらいがベスト?

メルマガの配信パターン

一般的なメルマガ配信頻度は以下の通りです。

メルマガの配信頻度
■1日1通送る

■週に1通送る

■月に1~2通送る

■不定期に送る

それぞれのパターンについて解説していきます。

メルマガの配信パターン①:1日1通送る

メルマガに登録してもらった直後は読者さんも興味と期待がピークな状態のため、できるだけ毎日メールを送るのが良いです。

登録してから1週間たってもメルマガが送られてこなければ『メルマガに登録したよね・・・』と不安になりますし、場合によっては登録したことを忘れてしまうかもしれません。

逆に毎日メルマガを配信することによって、メルマガを読むことが習慣になり、こちらの情報を正確に伝えることができます。

その結果『この商品がおすすめですよ』『この記事を読んでみると良いですよ』といった提案に対してアクションしてもらえる可能性が高くなります。

尚、毎日メールを送る場合は『ステップメール』を使うと配信を自動化することができるため利用しましょう。

メルマガの配信パターン②:週に1通送る

『毎日メルマガを送られるとうざがられるかも』と心配な場合は『週刊マガジン』として週1回発行すればOKです。

週1発行のポイントは以下の通り。

■配信時間を読者に伝える

■1通のメルマガは長めにする

■メルマガの中に他媒体の紹介をする

『僕のメルマガは毎週金曜日の17時にお送りします』と宣言することで、読者さんはメルマガが送られてくるタイミングが分かるため、購読率がアップします。

また、週1回のメールであれば読者さんの負担も減るため、多少、長いメールでもしっかり読んでもらえます。

ゆえに、メール内にブログや他媒体のURLを載せておいても見てもらえる確率が高くなるため、メールだけでなく読者さんにとって有益な物を紹介する構成にするのが良いです。

メルマガの配信パターン③:月に1~2通送る

ステップメールが終了すると、読者さんにはメルマガが送られなくなるため、徐々に自分の存在が忘れられてしまいます。

するとせっかく得られた信用が落ち、メールを送っても読んでもらえなくなってしまうため、それを防ぐために毎月1~2通のメルマガを送って信頼度を維持するために送っていきます。

■最近の作業内容

■先月の収支報告

■今月の市場動向予測

メディア運営している人であれば、毎月の収支や作業報告をメルマガ読者さんに送ることで、興味を持って読んでもらえます。

さんパパ
今月の収支は10万円でしたが、その理由は仕組みを拡大して新規読者を増やしたからです。

具体的な方法はこの記事に書いてありますので、まだ実践してない人はやってみてください。

かなり効果あるのでおすすめです!

上記のように連絡すれば興味を持つ人はいますし、これも毎月送っていれば習慣になります。

どんなメルマガを送って良いのか分からない人は、先月の収支報告や今月の作業予定、読者さんの行動意欲を高めるようなメールを送っていくのがおすすめです。

メルマガの配信パターン④:不定期に送る

不定期メルマガはイベントや緊急的に伝えたいことができた時に発信するメルマガです。

■【緊急募集】3人だけ無料コンサルティング生を募集します!

■【朗報】話題の新型iPhone購入!レビュー記事を書きました!

■【応援企画】コロナに負けるな!10%オフクーポン配布中!

上記の通りで、世の中の動きを見ながら、読者さんのためにある企画を限定的に告知する場合に使ったりします。

問題点は不定期に送るメールなので、購読率や反応率は悪い傾向にあります。

購読率を落としたくない場合はステップメールが終了した後も月に1回~2回メールを送りつつ、そのメールを使って緊急告知をすることで精読率をできるだけ落とさずに配信することができます。

おすすめなメルマガ配信パターン

おすすめなメルマガ配信パターン

在宅起業家として子供と遊んで暮らすためにおすすめなメルマガの配信頻度は以下の通りです。

おすすめなメルマガ配信頻度
■登録直後:毎日送信(1週間~3ヶ月)

■ステップメール終了後:月1回配信or不定期配信

上記は僕がサラリーマン時代に実践した戦略なので、作りこめば30代での脱サラも十分可能です。

登録直後:毎日送信(1週間~3ヶ月)

メルマガに登録してもらってしばらくはステップメールで自動化したメルマガを1日1通、毎日発行しましょう。

僕は3週間のステップメールを組み、最初の2週間で自分の商品を販売し、3週間目にアフィリエイトをして終了にしていました(これで月100万円到達です)

どういうメルマガを作ったのかについては『子供と遊んで暮らす世界をカラーコピーする教科書』で解説しています。

実際のステップメールにも登録できるので、興味があれば受け取ってください。

ステップメール終了後:月1回配信or不定期配信

ステップメール配信が終了したら『全体メルマガシナリオ』というシナリオに読者さんを推移させ、月1配信メルマガor不定期配信メルマガを送ればOKです。

僕は月1メルマガではなく不定期配信メルマガを送っていますが、このブログの収益データについては今後、月1配信メルマガを作って配信しようかなと思ってます。

そうすることで僕の活動状況や収支を見て読者さんがやる気になったり、僕のことを思い出してもらえるので、読者さんからの信用をつなぎ止めることにつながりますからね。

ステップメール化することは難しいですが、ある程度のひな形を作って数字だけ変えて配信するようにすれば、そこまで手間にもならないはずです。

シナリオ推移のさせ方については別の記事で解説しますね。

メルマガ配信頻度に関する注意点

メルマガ配信頻度に関する注意点

メルマガの配信頻度について決まりはないのですが、以下のルールは守った方が良いです。

メルマガ配信頻度に関する注意点
注意点①:1日に2通以上は送らない

注意点②:メルマガの配信時間は固定する

注意点③:内容の薄いメールは送らない

注意点①:1日に2通以上は送らない

自分がメルマガを読む立場になって考えて欲しいのですが、朝昼晩とメールが来たとして、それ全部読みますか?(というか読めますか?)

恐らく大半の方が読めないと思いますし、読んだとしてもさっと流し読むのがせいぜいだと思います。

メルマガの大きな目的は読者さんの成長につながる商品を手に取ってもらうことですので、1通1通のメールをしっかり読んでもらえなければ商品は売れません。

商品が売れなければ読者さんの成長の芽を摘むことになりますし、自分にとっても収益が出ないのでその後のビジネスに影響が出ます。

よってメルマガはしっかり読んでもらえるよう工夫する必要があり、そのためには1日1通を原則として送るのがセオリーです。

注意点②:メルマガの配信時間は固定する

すでに触れましたが、メルマガの配信頻度は固定することで読者さんの習慣を生み出すことができます。

■毎日、朝起きたら読む

■毎日、仕事帰りに読む

■毎日、お風呂の中で読む

上記の通りで、配信時間がバラバラだと読むタイミングを見失って購読率が下がります。

ベストな配信時間については別の記事で解説しますのでお待ちください。

注意点③:内容の薄いメールは送らない

ステップメールであれば作りこんでしまえばあとは自動なので大丈夫ですが、月1配信のメルマガは毎月、ネタを考えなければなりません。

するとネタが浮かばなかったり時間がないと適当なメールを送ってしまいたくなるのですが、それだったら送らない方がマシです。

電車の中でスマホを開いたらあなたからメールが来ていたことに気づき、せっかくだからと読んでみた結果『こんにちは!元気してますか?僕は毎日子供と遊んで暮らしてます!自由に向けて頑張ってくださいね』といった生存確認メールだったらどうでしょう?

多くの人は『ふざけんな!』って思うでしょうし、次回以降、僕からメールが来ても裏切られた感があるので見ないですよね。

そうした意味のないメールであれば送らない方が全然いいので、送るならしっかり時間をかけ、価値あるメールを送りましょう。

メルマガは自動化するのがおすすめ

というわけでメルマガの配信頻度についてのお話しでした。

個人的にメルマガはステップメール化して1日1通送り、自動収益化ツールというポジションにしておくのが良いと思ってます。

というのも、ブログを書きながら、YouTubeに動画をアップしつつ、Twitterでつぶやき、メルマガの配信をして、読者さんからの問い合わせにも答えながら、自由に遊んで暮らしたいとか物理的に達成できません。

あなたが会社員であれば1日の大半が仕事に取られ、毎日ブログを書くことすらままならないはずです。

つまり、あなたがこれから考えるべきことは『自動化された仕組みづくり』であり、その手段としてメルマガを使っていきましょう。

極論、ステップメールを作りこめば月1メルマガも不要ですし、それこそ年に数回、気が向いた時にメールを送るくらいで十分です。

よって基本的には『ステップメールを作りこんで毎日配信し、それ以降は不定期メルマガを送る』というスタンスで仕組みを作りこんでいきましょう^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら