メルマガ開封率の調べ方【プレゼントを受け取った人も丸わかり】

メルマガ開封率を調べる方法について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
メルマガの開封率を調べたい

メルマガを読まれたかどうかってどうやったら分かるの?

100人にプレゼントを渡して何人が受け取ってくれたかも知りたい

こういった疑問にお答えします

記事の信頼性
この記事を書いてる僕はブログ歴7年、メルマガ歴4年、副業時代だけで1000記事以上を執筆&2000人以上のメルマガ読者さんに情報を提供してきました。現在は脱サラし、ブログやメルマガを中心とした在宅起業家として活動しつつ、3人の子供と遊んで暮らしています。

この記事ではメルマガの開封率の調べ方について解説してから、その結果、個々の読者さんにあったメルマガの配信方法についてお話していきます。

最後まで読むことでメールを読んでいる人、読んでいない人が丸わかりになり、成約率を最大化する戦略をとる方法まで理解できますので、最後まで読んでご自身のメルマガ戦略に活用してみてください。

尚、僕はMyASPというメルマガ配信スタンドを使っていますので、そのやり方について解説します。

MyASPについては『MyASPの導入方法と使うべき理由【メルマガ配信はこれで大丈夫】』で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

広告

メルマガ開封率の調べ方

メルマガ開封率の調べ方

メルマガ開封率の定義

まずメルマガの開封率の定義についてですが、基本的に『送ったURLをクリックしてもらった数』だと思ってください。

というのもメルマガの最終目的は紹介した商品を手に取ってもらうことですので、『メールに載せたURLをクリックし、別のページに飛んで商品を購入してもらう』という行動が必要です。

いくらメールを見てくれても『URLをクリックする』というアクションをする人がゼロであれば売り上げはゼロです。

もちろん売り上げだけがすべてではありませんが、売り上げが出なければ配信スタンド費用などで赤字となり、メルマガの運営自体もできなくなってしまうので、配信する以上は収益を出すことにもこだわりを持ちましょう。

よってメルマガの開封率とは『URLクリック率』であることを覚えておいてください。

ちなみに、販売などは一切せず、純粋にメールの開封率だけを調べる場合は『メールの開封確認(開封率の測定)をする方法』に沿って行えば可能となります。

メルマガ開封率の調べ方【ステップメールの場合】

まずはステップメールの開封率について調べていきます。

MyASPにログインし『メールクリック分析』をクリック、分析するシナリオを選択して、『ステップメール』に切り替えると各メールの開封率を測定できます。

メルマガ開封率の調べ方1

メルマガ開封率の調べ方【一括送信メールの場合】

『メールクリック分析』をクリックし、分析するシナリオを『すべて』して、『一括配信メール』に切り替えると各メールの開封率を測定できます。

メルマガ開封率の調べ方2

個別にメルマガの開封率を調べる方法

例えば一括配信したメールの中から、誰がどのURLをクリックしているのかを調べる方法は以下の通りです。

『メールクリック分析』をクリックし、分析するシナリオを『すべて』して、『一括配信メール』に切り替えた後、開封率を調べたいメールの右側にある『詳細』をクリック

メルマガ開封率の調べ方3

ページの一番下までスクロールしていくと、メールアドレスごとにクリックしたURLが記載されているので、誰がどのURLをクリックしたのかを知ることができます。

メルマガ開封率の調べ方4

他にもメールを作る際『URLをクリックするとポイントが付く』といった設定をすることで『ポイントが多い読者=アクティブユーザー』として判断することもできます。

ポイント付与を使った読者管理の方法については別の記事で詳しく解説します。

一般的なメルマガ開封率

個人的にな経験と周囲の人からの情報を掛け合わせると、メルマガの開封率は5%前後になります。

つまり100人に送ると5人前後が見てくれる感じですね。

ステップメールの場合、最初の1通目は50%を超えたりしますが、2通目以降は反応が下がり、10通目くらいになると10%以下まで落ち、これは無料メルマガであればほぼこの数値に落ち着きます。

仮に10通目でステップメールの配信が終了すると、読者さんはあなたのことを忘れるので、たまに一括配信メールを送ってもあまり反応してくれません。

メルマガの開封率が落ちる原因とは?

一番の原因は『メルマガが無料だから』です。

お金を支払っていれば『最低でも元を取らなければ』といった感じでしっかり読んでくれたりするのですが、無料であれば自然と後回しにされがちです。

1年間貯金して苦労して手に入れた腕時計と、旅行のお土産にともらった腕時計では、苦労して手に入れた腕時計のほうが大切にするのと同じ感じです。

あと、現代人は次から次へと情報が巡り巡ってくるので意識が分散しやすいのもあります。

テレビしか見ない時代はテレビの視聴率もよかったですが、スマホやYouTubeのある現代はテレビの視聴率も軒並み下がっていて、若い人の家に行くとテレビがなかったりもします。

今であればメールではなくLINEを使うのでメールは読まないとかもメルマガの開封率低下の原因になったりしています。

とはいえ、2020年においてメルマガは自動販売の手法として有効な手段に間違いないので、安易に『メルマガはオワコン』という噂を信じて参入しないのは間違っているんですけどね。

メルマガ開封率から配信メールを変更する

メルマガ開封率の調べ方5

メルマガの開封率を調べたら、メルマガを読んでくれる人と読んでくれない人に送信するメールを変更することで、成約率や反応率を高めることが可能になります。

メルマガ開封率の高い人

メルマガ開封率の高い人は以下の特徴があります。

メルマガ開封率の高い人
■自分のファンである

■発信する情報を待っている

■メルマガに価値があると思っている

■現状を変えたいと行動したいという気持ちがある

■何か商品を紹介しても前向きに検討・購入してくれる

メルマガ開封率の高い人は『アクティブユーザー』として専用のシナリオに設定しておくことで、企画などを開催したときに参加率が高まったりします。

例えばYouTubeでライブ配信を行う際、アクティブユーザーにのみ告知をすれば自分のことを知っていて、かつ、発信する情報に興味のある人だけを集められるので、少数精鋭での配信が可能になります。

あらかじめメルマガで情報を共有したり、質問を募集しておけば、その回答を知りたい人が参加し、さらにその場で追加の質問が次々と出て、活気のある空間を作り出したりもできるため、ますます参加者からの信頼は高まります。さらにライブ配信の最後に有料セミナーの案内やコンサルティングの紹介を行うことで、ライブに参加した人の半数以上が購入するといったこともよくあります。

アクティブユーザーの多くは自分に対して肯定的な意見(=価値観)を持っていることも多いため、ほぼ失敗することがないのが強みですね。

メルマガ開封率の低い人

メルマガ開封率の低い人は以下の特徴があります。

メルマガ開封率の低い人
■なんとなく登録してみた

■研究対象として登録してみた

■プレゼント目的で登録してみた

■何か良い情報が得られたらラッキー

■商品を紹介してもほぼ興味を示さない(場合によっては批判される)

上記の通りで、メルマガにはそこまで興味がないけど登録してみたって感じなので、毎日メールを送っても見向きもされません。

MyASPはいくらメールを送っても月々の配信費用は変わらないため放置しておいても問題ないのですが、開封率があまりに低いとモチベーションも下がるため、不要なメールは送らないほうが良いです。

メルマガ1000通送って開封率5%(50人)より、100通送って開封率50%(50人)の方が応援してもらえてる感もあるし、きちんとメルマガを配信しなければって気にもなりますよね。

ステップメールが終了したら『非アクティブユーザー』といった感じのシナリオを用意し、そこで全体配信メールを送る形にするのが良いです。

あらかじめ開封されないことを前提としてメールを送信すればこちらも精神的ダメージは最小限で済みますし、全体メールを何度か送って開封してくれる姿が見えたら、アクティブユーザーに開催する企画に呼んであげるのも良いでしょう。

メルマガ開封率を上げるコツ

メルマガはいくつかの仕掛けを施すことによって、開封率をアップさせることができます。

例えばメールのタイトルに読者が持っていそうな興味のあるフレーズを混ぜ得たり、【本日限定】などといった購読を促すようなメッセージを盛り込んだりするのも効果があります

単に『今日のメルマガ出る』と送っても見てもらえないので、下記の記事を参考にしてアクティブ読者を増やす仕組みを作っていきましょう。

メルマガ開封率は定期的に確認しよう

というわけでメルマガの開封率を調べる方法についてお話ししました。

メルマガの開封率は商品が売れるか否かの大事な判断基準ですので、月に1度は見直しましょう。

例えばステップメールの1通目の開封率が80%で、2通目が20%であればその時点で60%の人が離脱しているので、2通目のタイトルや内容を変更する必要があります。

また、URLを一切つけずにメールを送り続けると、読者さんは『クリックしてほかの媒体を見る』という習慣が身につかないので、商品を紹介してもクリックしてくれません。

特に最初の1週間においては1通のメールに1つはクリックしてもらうURLを載せ、読者さんのアクションを引き出すようにしてみてください。

そうすれば自然と商品の販売率も伸びていくと思います。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら