メルマガのタイトルを付ける5つのコツ【勝手に読まれまくります】

メルマガのタイトルを付けるコツについて解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
メルマガのタイトルはどうやって付ければいいの?

ブログみたいにキーワードを意識する感じ?

でもメルマガってSEO関係ないよね?

興味を引くメルマガタイトルの付け方を教えてほしい

こういった疑問にお答えします

本記事の信頼性
この記事を書いている僕はネットビジネス歴7年、メルマガ歴4年で現在は在宅起業家として子供と遊びながら自由な暮らしをしています。メルマガに関してはステップメールの仕組みを構築し、子供と遊んで暮らす世界を実現した経験及び、コンサルした方にも脱サラ→起業→月400万円の収入を生み出してもらった経験があります。

この記事ではメルマガを読んでもらうための壁と乗り越え方について解説した後、具体的なメルマガタイトルの付け方(事例あり)について解説します。

最後まで読むとメルマガ読者さんの『読まない壁』を突破することができるようになり、結果としてクリック率や商品購入率の向上につながっていくので、あなたのメルマガにも取り入れてみてください。

広告

メルマガのタイトルを付ける5つのコツ

メルマガのタイトルを付ける5つのコツ

メルマガタイトルをつける際に覚えておくこと

まず最初に覚えておくこととして、読者さんはあなたのメルマガを読んではくれません。

ブログやTwitterで価値を提供し、LPに誘導し、登録フォームにメールアドレスを入力してもらうという手間を乗り越えたにもかかわらず、メールを読んでくれません。

メルマガ初心者の人は『メルマガに登録してくれたんだから読んで当然』と思ってたりしますが、現実は逆であることを覚えておかないと、読まれない事実を知った時に大きく落胆します。

よって『メルマガに登録してもらう』という壁を乗り越えたら、今度は『メールを開いて読んでもらう』という壁を乗り越える作業に入っていきます。

3つのNOT(読まない壁)を乗り越える

メルマガを読んでくれないのはあなたの読者さんだけでなく、すべての人に共通する事実で『読まない壁』と呼ばれています。

それ以外にも『信じない壁』『行動しない壁』といった3つの壁があり、これらを『3つのNOT』と呼んだりしています。

3つのNOT
■NOT READ
→読者はあなたの情報を読まない

■NOT BELEAVE
→読者はあなたの情報を信じない

■NOT ACT
→読者はあなたの情報を読んでも行動しない

メルマガのタイトルはこの中の『NOT READ(読者はあなたの情報を読まない)』という壁を乗り越えるべきものであり、タイトルに魅力がなければ最初のNOTを超えることができず、メールはフォルダの奥に閉じ込められるだけです。

『読みたい』という感情を揺さぶる

もう1つ大事なのは『読者さんはあなただけのメルマガを読んでいるわけではない』ということです。

例えば『ブログで稼ぐ方法』について知りたい人は、ブログで稼ぐための情報をネットで検索し、興味あるメルマガがあれば登録する可能性は高いです。

そんなライバルが多いと予想される場所において、あなたのメルマガを読んでもらうには『読者の感情を揺さぶる』以外に方法はありません。

要するに『メルマガのタイトルを見て読んでみたい』という気持ちにさせるということです。

これができればタイトルは何でも正解であり、逆にできなければどんなに長いタイトルやキーワードを入れたところで失敗なんです。

感情を揺さぶるための施策

読者さんの感情を揺さぶるためメルマガタイトルには以下の情報を入れましょう。

■具体性

■興味性

■メリット

■緊急性

■限定性

上記を使ったメルマガのタイトル事例に関しては下記で解説していきますので、今はこういった要素がメルマガのタイトルには必要ということを頭に入れておいてください。

ぶっちゃけ、この事実を知らずにステップメールを作りこんだところで、登録直後こそ、ある程度の購読率があったとしても、商品を販売するころには『そもそもメールが読まれていない』という事態に陥るので注意が必要です。

【事例】メルマガタイトルの付け方

【事例】メルマガタイトルの付け方

読者さんが読みたくなるメルマガタイトルの付け方について事例を解説していきます。

具体性を意識したメルマガタイトルの付け方

具体性を出すには『分かりやすさ=イメージしやすさ』を意識するのがポイントです。

×→多くの人が結果を出しています
◎10人の方が月10万円を達成しました

×→ダイエットに成功しました
◎2週間で5kgの減量に成功しました

よくある具体性の出し方は『数字』を入れることです。

『結果を出した』ではなく『どれくらいの期間で、どういった成果が出たのか』を表現すると読者さんは具体的な成果とかかる時間をイメージできるので、興味をもってメールを開いてくれます。

興味性を意識したメルマガタイトルの付け方

興味性を出すには『読者さんの理想の未来』から逆算するのがポイントです。

×→脱サラできます
◎会社に行かず子供と遊んで暮らせます

×→痩せられます
◎夏の海で周囲からの視線を釘付けにできます

単に『脱サラできます』といっても『ふーん』としか思わないですが、『会社に行かなくて良い』『子供と遊んで暮らせる』と表現することで仕事が嫌だったり、子育てに時間を使いたい人は『理想の状態』を頭の中でイメージするので、興味がわいてメールの内容が気になり始めます。

メリットを意識したメルマガタイトルの付け方

メリットは読者さんがそのメールを読むことによって得られるものですね。

×→メルマガで稼ぐためのノウハウ
◎メルマガで月10万稼ぐ初心者マニュアル付き

×→副業で失敗した話
◎これを知れば成功が1年早くなるサラリーマン時代の副業失敗談

具体性を出しつつ、相手が得られるもの(今回でいうなら『マニュアル』や『成功が1年早くなる』)といったメリットを書くことで『そのメリットを受け取りたい』という思いが芽生えてメールを開封してくれます

緊急性を意識したメルマガタイトルの付け方

タイトルに緊急性をつけることによって『早く読まなければ』という気持ちから行動意欲が掻き立てられます。

×→ブログで検索1位をとるコツ
◎【明日には使えないかも】ブログで検索1位をとるコツ

×→ブログの添削をします
◎【緊急募集】あなたのブログを添削させてください

緊急性はタイトルの最初に期限を示す言葉を入れるのがよいですね。

【緊急募集】などと書かれたメールを目にすれば『とりあえず読んでみよう』という気持ちになって読んでくれたりします。

限定性を意識したメルマガタイトルの付け方

緊急性とセットで限定性についても意識することでメルマガを開いてもらう可能性を高められます。

×→メルマガで稼ぐためのノウハウプレゼント
◎【残り24時間】メルマガで月10万稼ぐ初心者マニュアルがもらえなくなります

×→ブログの添削をします
◎【あと3人で終了!】ブログ添削枠は残りわずかです

残り時間や残りの募集枠をメールの先頭につけることで『ヤバい』と思ってもらい、行動意欲を高める方法です。

プレゼントを渡す際は期間を区切って配布することで行動力を高めることができるので、相手のためにも期限を区切ったほうが良かったりします(『期限がない→行動しない→成果が出ない→相手のためにならない』という悪循環を断ち切れるため)

メルマガのタイトルを付ける注意点

メルマガのタイトルを付ける注意点

タイトルをあおりすぎない

メルマガを読んでもらいたいからと言って、過度なタイトルであおりすぎるのはNGです。

■東大合格率100%保障!

■3週間以内に5kg減量必達可能!

■メルマガを見た人に最新iPhoneプレゼント!

上記はそれを欲している読者さんからすればすごく魅力的なタイトルではありますが、実際にメールの中身を読んでそれが達成できないとわかったらどうなるでしょうか?

あなたへの信頼は一気に急降下し、さらに翌日、翌々日のメールでも同様のことを繰り返したとしたら・・・

あなたから届いたメールを読もうと思う人はいなくなるし、人によっては配信解除しますよね。

メルマガのタイトルで興味を引くことは大事ですが、タイトルに見合った中身のないメールは逆効果ですので気を付けましょう。

緊急性や限定性は使いすぎない

緊急性と限定性は『ここぞ』というときに効果を発揮するものなので、多用すると飽きられて興味を失います。

毎日メールの冒頭に【残り10日】【残り9日】といったように緊急性をあおるタイトルをつけていたら『まだあと9日もあるから今は読まなくていい』と判断され購読率が落ちます。

メルマガは1通目のメールから順番に読んでもらうことで商品を紹介したときの成約率が最大化するので、途中のメールを見られないことは致命傷につながりやすいです。

よって普段のメールでは緊急性や具体性を使わず、商品の販売期日やプレゼントの配布期限、その他イベントの開催期限が迫った時に数回、お知らせとして使うようにしてください。

メルマガタイトルは信頼のことも考えて付けよう

というわけでメルマガタイトルの付け方についてのお話でした。

読むか読まないかの判断基準がタイトル以外にないので、タイトルの重要度はブログよりもはるかに上です。

幸い、メルマガの1通目は登録した直後に送ることもあって購読率が高いので、あおり過ぎないタイトルをつけつつ『これでもか!』というくらいの価値を詰め込んだメールを送れば2通目以降を読まれる確率はアップします。

そこで信頼を得ながら、2通目以降のタイトルに今回お話しした『具体性』『興味性』『メリット』『緊急性』『限定性』を入れることで、メールを読んでもらう確率は数倍アップも十分現実的なので試してみてください^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら