【便利で簡単】プロラインフリーで流入経路を分析する方法【登録媒体ごとに別のQRコードを発行することも可能】

プロラインフリーの流入経路を分析する方法について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

LINE公式アカウントの自動化ツール『プロラインフリーで流入経路を分析する方法』について、

読者さん
  • プロラインフリーを導入したけど流入経路分析のやり方が分からない
  • 登録媒体ごとに違うQRを発行できるって聞いたけど具体的にどうやるの?
  • 登録媒体ごとに違うメッセージを自動配信したいんだけどやり方が分からない
  • プロラインフリーを使って流入経路分析する方法やメリット、注意点もあれば教えて欲しい

こういった疑問についてプロラインフリー(旧オートSNS)を2年ほど利用しているがお答えします。

本記事の内容
  • プロラインフリーの流入経路分析とは?
  • プロラインフリーの流入経路を分析する方法
  • プロラインフリーの流入経路分析を使うメリット5選
  • プロラインフリーを使って流入経路を分析する際の注意点
【執筆者の経歴】

さんパパの実績
この記事を書いている僕は3人の子供を抱えながら30歳の時にブログを書き始め、副業で月70万ほどを稼げるようになり34歳で脱サラ、現在は子供と遊んで暮らす在宅起業家として活動しています。

現在はブログ歴8年、LINEやメルマガを利用したDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を中心とした自動化の仕組みを構築するコンサルティングも行い、アドバイスさせていただいた方は500人を超えています。

今回はLINE集客自動化ツール『プロラインフリー』を使って読者さんの流入経路を分析する方法について解説しました。

LINEに登録された場所や登録先ごとに配信メッセージを変えることで、より反応率の高い運用を実現できますので、参考にしてみてください。

プロラインサポートAcademy参加ページ

プロラインフリーの流入経路分析とは?

プロラインフリーにおける流入経路分析とは『LINEの友だち登録ボタン(URL)やQRコードを個別に作り、どこからLINEに登録してもらったのかを確認して、効率よく集客やその後の販売につなげていくための機能』です。

流入経路分析をしている場合としてない場合の違い

流入先分析を実践している場合としていない場合の違いは以下の通りです。

流入先分析をしている場合
  • ブログからの登録:30人(売り上げ5万円)
  • Twitterからの登録:3人(売り上げ0万円)
  • YouTubeからの登録:8人(売り上げ1万円)
  • Facebookからの登録:22人(売り上げ3万円)
  • Instagramからの登録:13人(売り上げ1万円)
  • 有料広告からの登録:54人(売り上げ10万円)
  • (全体の)友だち追加数:130人(売り上げ20万円)
  • ※数字は適当です

流入先分析をしていない場合
  • 友だち追加数:130人(売り上げ20万円)

上記の通りで、流入分析をすることでLINE登録した読者さんの媒体と売り上げを管理することができるため、効率の良いLINE運営を実現することができます。

例えば『友達が増えているのはTwitterを毎日更新しているからだと思ってたけど、流入経路分析をして見たらブログの方が登録率と売り上げが良かった』ということが分かれば『これからはTwitterの更新を減らしてブログの執筆に時間を使っていこう』といった対策を取ることができ、その後の集客をより効率的に実現していくことにつながるわけです。

LINEの仕組みは作って終わりではないので『作った仕組みからどれだけの人が来て、どれだけの結果(売り上げ)をもたらしているのか』まできちんと確認しておきましょう。

プロラインフリーで流入経路を分析する方法

プロラインフリーの流入経路を分析は下記の3ステップで実現できます。

プロラインフリーで流入経路を分析する方法
  • 手順①:登録直後に送信する画像を選択する
  • 手順②:ステップ配信シナリオを複数作る
  • 手順③:それぞれの友だち追加URLやQRコードを発行して貼り付ける

詳しく解説していきます。

手順①:登録直後に送信する画像を選択する

プロラインフリーにログイン後、左のサイドメニューから『あいさつメッセージ(友だち追加時)』を選択。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像1

『(応用)友だち追加時に画像を送信』をクリックし、自分のアイコンやデフォルトで設置されている『いいねボタン』を選択(プロラインフリーの流入経路分析をするには登録直後に1通、簡単なスタンプ画像などを送信する必要があるため)

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像2

『いいね画像』はデフォルトなので『運用する時は登録された瞬間に送るスタンプ画像(登録ありがとうみたいな感じ)を作って設置するのが良い』と思います。

手順②:ステップ配信シナリオを複数作る

続いて左のサイドメニューから『超ステップ配信→ステップ配信シナリオ』を選択。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像3

ステップ配信シナリオの『新規作成』を流入経路の数だけクリックし、シナリオを複数作る(今回はブログ・Twitter・YouTubeの3つに分けるため3回クリック)

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像4

それぞれのシナリオに流入先が分かる名前を付けます。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像5

シナリオの名前はお友だちには分かりませんので、自分が分かる名前を付けておけば大丈夫です。

手順③:それぞれの友だち追加URLやQRコードを発行して貼り付ける

登録させたいシナリオを選び『このシナリオに登録するQRコード等』をクリック。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像6

クリックしたシナリオ専用のURLやQRコード、友だち追加が表示されます。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像7

最後に発行されたURLやQRコードを各媒体に貼り付ければ終了です。

  • ブログには『ブログから登録した人シナリオ専用』のURLやQRコードを貼り付ける
  • Twitterには『Twitterから登録した人シナリオ専用』のURLやQRコードを貼り付ける
  • YouTubeには『YouTubeから登録した人シナリオ専用』のURLやQRコードを貼り付ける

他にもFacebookやインスタなどからLINEの登録を促す場合は『それぞれのシナリオを作る→URLやQRコードを発行する→各媒体に貼り付ける』を行えば、簡単に流入経路を分析することができますね。

【余談】僕で良ければ個別相談や構築代行します(無料)

ここまで読んでみて『自分で作るのはちょっと大変そう』みたいに思った方がいるかもです。

プロラインフリーは『公式LINEをより便利に扱うためのツール』ですので、実際に使いながら覚えていかなければならないことも多いんですよね。

そんな人に向けてちょっとしたお知らせですが、プロラインを使って自動集客・自動販売の仕組みを作って子供と遊んで暮らしているのですが、そのやり方について無料サポートするコミュニティを運営しています。

流入経路分析はもちろん、ステップ配信や商品販売、プレゼントの作り方、見せ方、集客、ライティングなど、LINEマーケターとしてご飯を食べていけるだけのスキルを身につけることを目的にしているので興味があれば覗いてみてください。

プロラインフリーの流入経路分析を使うメリット5選

プロラインフリーの流入経路を利用するメリットは以下の通りです。

プロラインフリーの流入経路分析を使うメリット5選
  • メリット①:シナリオごとに違うQRコードを発行できる
  • メリット②:流入経路ごとに違うメッセージを送れる
  • メリット③:自動タグを付与することで個別に流入先の識別が可能
  • メリット④:各反応率を知り細かい対策が打てる
  • メリット⑤:お金を使わずに利用することができる

簡単に解説していきます。

メリット①:シナリオごとに違うQRコードを発行できる

プロラインフリーはLINE登録してくれた読者さんを『シナリオ』と呼ばれるフォルダーで管理しています。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像8

この時に『それぞれのシナリオごとに違うQRコード(=友だち登録ボタン)を発行することができる』ので、それを各媒体に貼り付けることで簡単に流入経路を分析することが可能になります。

例えば上記の画像の場合『ブログから登録した人シナリオ』と『Twitterから登録した人シナリオ』と『YouTubeから登録した人シナリオ』ごとにQRコードを発行し、それを各媒体に貼り付けることで『LINE登録した瞬間に各シナリオに登録される』ため、シナリオの登録人数を見ればどの媒体から何人登録されているかが一目で分かります。

広告やチラシにQRコードを載せる場合も同様に、掲載先場所によって変えることで広告の費用対効果を確認することが簡単にできますね。

メリット②:流入経路ごとに違うメッセージを送れる

シナリオごとに振り分けられたお友だちには『それぞれ別の配信メッセージを送信することが可能』になります。例えば、

  • ブログから来た人には『ブログをいつも見ていただきありがとうございます』とあいさつする
  • Twitterから来た人には『Twitterでは届けられない価値ある情報を配信していきますね』とあいさつする
  • YouTubeから来た人には『動画と違ってどこでも気軽に見れるので隙間時間にのぞいてみてくださいね』とあいさつする

これによって各媒体から登録してくれたお友だちにあった情報を届けることができるため、親近感を演出しやすく、配信したメッセージをしっかり読んでもらいやすくなったり、ブロックされにくくなったりします。

プロラインフリーではメッセージに載せたURLのクリック率を分析することもできるため、反応を見ながら配信内容を変えていくことで、プレゼントの購読やアンケートの回答、商品の購入率などを高めることにつなげられますね。

メリット③:自動タグを付与することで個別に流入先の識別が可能

シナリオごとに設定したステップ配信メッセージを送信した瞬間にタグを付与することで、その人がどこからLINE登録されたのかが一目で分かるようになります。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像9

基本的にはシナリオごとに流入先を識別するのがプロラインフリー流ですが、自動メッセージと同時にタグを付与し、個別管理することも可能です。

メリット④:各反応率を知り細かい対策が打てる

流入経路分析をすることで読者さんの行動を以下のように細かく数値化し、改善につなげられるようになります。

流入経路分析の解析事例
『ブログから登録した人』
→登録者:100人
→プレゼント開封率:70%
→アンケートの回答率:50%
→商品購入率:10%

『Twitterから登録した人』
→登録者:100人
→プレゼント開封率:50%
→アンケートの回答率:25%
→商品購入率:1%

『YouTubeから登録した人』
→登録者:100人
→プレゼント開封率:85%
→アンケートの回答率:20%
→商品購入率:3%

例えば上記の場合『Twitterから登録した人』の反応率が悪いため、以下のような対策が考えられます。

  • Twitterから登録した人シナリオの配信を変える
  • Twitterから登録した人へのプレゼントを変える
  • 1度、ブログに誘導してからLINE登録してもらう

例えばこんな感じでして、僕の経験上、Twitterから登録してくれた人の反応率はブログに比べて落ちるため、1度、ブログに誘導してからLINE登録してもらうことでその後の精読率や販売率の向上につながったりしています(参考:>>僕のTwitterアカウント)

メリット⑤:お金を使わずに利用することができる

プロラインフリー以外にも流入経路分析を利用できるツールはいくつかありますが、すべて利用料金がかかってしまいます。

すでに自分のビジネスを持っていて『いくらでもお金をかけられる』なら最初から有料ツールを使えばよいと思いますが、これから実践するならまずは無料で始めるのがおすすめですね。

僕の考える在宅起業の基本は『お金をかけずに自分で動く→収益が出る→経費にまわして自動化する』ですので、見栄を張って高いツールを使うのではなく、スモールビジネスでリスクを取らずに行うのが良いかと思います(特にサラリーマンパパはお金を失うリスクを取っちゃダメです)

最後に注意点を2つほどお知らせして記事を終わりたいと思います。

プロラインフリーを使って流入経路を分析する際の注意点2つ
  • 注意点①:サイドバーにある『友だちを増やす(QRコード等)』は使用しない
  • 注意点②:シナリオやタグは最初に設定しておく

注意点①:サイドバーにある『友だちを増やす(QRコード等)』は使用しない

プロラインフリーのサイドバーには『友だちを増やす(QRコード等)』という項目がありますが、ここをクリックしても友だち追加ボタンやQRコードを発行することができます。

プロラインフリーを使って流入経路分析する方法について解説した画像10

が、これはシナリオを区別するものではないので、ここから登録された人は最初に設定したシナリオに振り分けられるため流入経路分析することができません。

よって必ずシナリオごとに友だち追加URLやQRコードを発行し、それぞれを各媒体に貼り付けるようにしてください。

注意点②:シナリオやタグは最初に設定しておく

流入経路分析を行う場合は最初に流入経路の数だけシナリオを用意しておきましょう。

  • ブログから登録した人
  • Twitterから登録した人
  • YouTubeから登録した人
  • Facebookから登録した人
  • インスタから登録した人
  • HPから登録した人
  • 広告から登録した人

例えば上記の通りで、経験上、あとから増やしていくよりも先に分析したい数のシナリオを作っておいた方が後の作業がしやすいです。

全自動LINEマーケティングの仕組みは作りこめば作りこむほど、シナリオ間の移動などが複雑になっていくので、最初の段階で仕組み全体の概要を紙に書いて『あとは作るだけ』にしておくとスムーズな作業に進んでいけると思います。

プロラインフリーを使って流入経路分析した結果から次に取るべき行動を考えよう

というわけで『プロラインフリーで流入経路を分析する方法』についてのお話しでした。

あたり前すぎるお話しですが、流入経路を把握しただけでは売り上げは変わらないですからね(^^;

LINEマーケティングに限らず、情報発信ビジネスとは『流入経路を知る→数値を把握する→改善する』といった日々の積み上げとセットにすることで始めて効果が表れるものなので『流入経路分析はスタートに過ぎず、一定の人数が登録をして現状確認出来たら、より良くするための改善を行う』ことも忘れないようにしましょう(というかこれが本来の目的です)

手段が目的化するとビジネスは停滞してしまうので、最後に『流入経路分析ってなんでやるんだっけ?』ということを思い出しつつ、仕組みを構築していただければと思います。

流入経路分析した結果を効率よく改善していきたい人

先ほどチラッとお伝えした無料コミュニティでは僕のzoomコンサルティングを2回程、無料で受講していただくことが可能です。

1回目は『仕組みの構築代行』、2回目は『作った仕組みの改善アドバイスと改善代行』といった感じにすることで効率よくLINEマーケティングの仕組みを運営することができるかなと思います。

500人以上のプロラインフリー相談に乗ってきた経験があるので、たいていの問題は解決できるかなと思うので、アドバイスが欲しい方は下記から参加していただけたらと思います。

プロラインフリーのサポートページへ

それではまた!

記事が役に立ったらシェアしてね^^

 

僕は30歳の時にパソコンすらない状態から副業としてブログを始め、約2年間、毎日ブログを書き続けましたが月2万円程しか稼げず(時給50円~200円程)在宅起業への道を何度も諦めかけました。

そこで新たに『自分に足りないのはマーケティングスキルである』ことに気が付き、約1年専門の経営塾で起業スキルを勉強し、再度ブログの構築を始めた結果、副業で月70万円程を稼げるようになり10年勤めた会社を34歳でセミリタイア、その後は3人の子供と遊んで暮らす生活を3年以上続けています。

なぜ2年以上も成果を出せなかった僕が今、このような暮らしができているかというとインターネット上に自分の身代わり、つまり『自分の代わりに働いてくれる仕組みを作ったから』です。

僕が作った仕組みとは『自動で人を集め、自動で価値を提供し、自動で商品を提供し、自動で成果までの道のりをフォローしてくれるコンテンツ』なので、僕が子供と遊んでいても、食事をしていても、寝ていても、旅行に行っていても、不平不満を一切言わず、お願いしたことを忠実に実行してくれるため、僕自身が汗水たらして働いたり、眠い目をこすりながら毎日ブログを書く必要がなくなりました。

このブログを読んでいる方の多くは『在宅起業』や『早期退職』や『副業での収入アップ』や『ワンオペ育児をしながらの在宅ワーク』や『子供と遊んで暮らしたい』と思ってると思いますが、それを労働によって実現したところで本当の意味で人生は豊かにならないと思います(僕はまったく豊かになれませんでした)

1度しかない人生を思いっきり楽しむには『お金』と『時間』を『総取り』する必要があるのです。

そこで今回『自宅にいながら労働に頼らない収入源を作りたい』といった方に向け、僕が現在進行形で実践している『LINEを使った全自動マーケティングの仕組み作りをサポートするコミュニティ』を作ってみました。

『副業で生活できるだけの仕組みを作って早期退職を目指したい』とか『飲食店を経営してるけど売り上げが伸びない』とか『パートに出られないので在宅で仕事をしながら子供との時間をゆっくりとりたい』など『叶えたい未来があるけれど今の自分では実現できない』といった方のサポートをしていこうと思います。

本気で実践される方には僕が変わりに仕組みを作る『構築代行サポート』も行っておりますが、それでも『参加費は無料』ですので、興味のある方は下記の画像をクリックし、詳細ページをご覧になってください。

プロラインサポートAcademy参加ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。