ツバメの巣は壊してもいい?後始末の方法【7年連続で来てます】

こんにちは、子供と遊んで暮らしているさんパパです!

我が家には毎年ツバメがやってくるのですが、今年は無事5羽が巣立っていきました^^

毎年ツバメが来るけど、今年は5羽が無事に巣立っていきました😊

野生の生き物だけどなぜか我が家のペットみたいになってる😆

子供と一緒に生存確認するのが日課だったけどそれも終わり😢

楽しい日々をありがとう😁

ツバメがやってくるのは今年で7年目ですが、毎年戻ってくるし、よく道とか覚えてますよね(笑)

今回は無事に巣立ったツバメですが残された巣についてどうしたらいいのか?という疑問についてお話しします。

プロラインサポートAcademy参加ページ

ツバメの巣は壊してもいい?後始末の方法

ツバメの巣は壊してもいい?後始末の方法

我が家の対応は『少しだけ残して怖す』ですが、理由は以下の通り。

ツバメの巣を壊す理由
理由①:育った巣にはダニがいる

理由②:老朽化して壊れる

理由③:見た目の問題

理由①:育った巣にはダニがいる

何年か前にツバメが巣立ってからすぐ、巣の中を覗いてみたんですね。

そしたら白っぽいダニのようなものがウヨウヨしていて、脚立から落っこちそうになりました。

知らなければ良かったのですが、あれを見てしまったらそのままにしておくのは気持ち的にも嫌です。

スプレーで対峙することも考えましたが、翌年以降もツバメが戻ってくることを考えるとそれもできず、結局は壊すという結論になりました。

理由②:老朽化して壊れる

ツバメが来た数年間は『巣を壊したら来年来なくなるかも』と思って残しておいたんですね。

でも、ある年に老朽化したからか、巣が崩壊してしまったんです。

いちいち人間が介入すべき部分ではないと思いますが、ひながふ化してから巣が壊れ、下でピヨピヨされても困るので我が家のツバメには毎年、新しい巣を作ってもらってます(笑)

理由③:見た目の問題

ツバメの巣がボロボロだったりすると、見た目的にもよろしくないですよね。

今年の巣も巣立ち直前にはかなり崩壊していて、もう少しひなが大きかったら崩れるのでは?と思ったくらいです。

玄関先など、人が来る場所に壊れかけの巣を1年間放置しておくのは個人的に微妙かなと思ってます。

巣を壊してもツバメは戻ってくる

『巣を壊すとツバメが戻ってこないかも』と思うかもしれませんが、普通に戻ってきます。

正確には覚えていませんがここ3年くらい、ツバメがいなくなってから巣を壊してますが、毎年、新しく巣を作って子育てに励んでいます。

あまり気にせず、家庭の事情で巣を残すか壊すかを決めましょう。

ツバメの巣の壊し方

ツバメの巣の壊し方

僕が実践している方法は以下の通りです。

ツバメの巣の壊し方
手順①:巣にゴミ袋をかぶせる

手順②:袋の外から巣を8割壊す

手順①:巣にゴミ袋をかぶせる

ツバメの巣は泥でできているので、そのまま壊すと空中に砂が舞います。

さらに残っているダニも舞ってしまうため、ごみ袋を巣にかぶせるようにして徐々に崩していきましょう。

念のため、眼鏡・マスク・軍手を付けておくとよいです

手順②:袋の外から巣を8割壊す

完全に崩壊させないのは『来年もここに巣を作ってね』という目印の意味を込めています。

ツバメの巣の壊し方
以前、玄関の真上に巣を作られましたが、見た目的に嫌で水洗いをして巣の汚れを完全に落としたんです。そしたら翌年は巣の場所が分からなくなったのか、全然違うところに巣をつくられてしまいました。

8割残すと逆に見た目が悪くなったりもしますが、来年以降も同じ場所に巣を作って欲しい場合は少し残すとよいですね。

ツバメの巣を壊す注意点

ツバメの巣の壊し方

ツバメの巣を壊す注意点は以下の通りです。

ツバメの巣を壊す注意点
注意点①:巣立ってから数日は戻ってくる

注意点②:ひなや卵がある巣を壊すのはNG

注意点①:巣立ってから数日は戻ってくる

今年は5羽すべてが飛び立ってから2日程、巣に戻ってきました。

19時以降に巣や周囲を見てツバメの姿が見えなければどこかで行ったことになるので、姿が確認できるまでは巣を壊さずにおきましょう。

注意点②:ひなや卵がある巣を壊すのはNG

ツバメは鳥獣保護法に指定されている鳥ですので、捕まえたり、卵を取ったりするのは禁止行為です。

■巣を壊したら卵ががった

■巣を壊したらひながいた

こうしたことは法律違反となるので気を付けましょう。

巣の中は自撮り棒で確認する

スマホの動画を起動させて巣の中を撮影すれば、卵があるのかどうかを調べられます。

卵がある場合は親が巣の中で温める姿を確認できますし、ひながいれば鳴き声で分かったりすると思いますけどね。

まとめ:ツバメが来たら子供と見守ろう

というわけでまとめます。

■我が家は巣立った後にツバメの巣を壊す

■理由は『ダニ』『老朽化』『見た目』の問題

■巣を壊す時は身支度をしてゴミ袋を被せて飛散防止対策をする

■ひなが巣立ったも数日間は戻ってくるのですぐに壊さない

■卵やひながいる巣を壊すと鳥獣保護法違反になるので注意する

今年はもう巣を壊してしまいましたが、毎日、朝起きて子供と一緒に生存確認をしていたので、自粛中の思い出の1つとしてしっかり記憶に残せたと思います。

まだ子育て中のツバメもたくさんいますので、まずは無事に育つことを祈りつつ、育った後の対応として参考にしてください^^

記事が役に立ったらシェアしてね^^

僕は30歳の時にパソコンすらない状態から副業としてブログを始め、月70万円程稼げるようになり10年勤めた会社を34歳でセミリタイア、その後は3人の子供と遊んで暮らす生活を3年以上続けています。

なぜ、このような暮らしができているかというとインターネット上に自分の身代わり、つまり『自分の代わりに働いてくれる仕組みを作ったから』です。

仕組みはとは『人ではない』ので、1日24時間、僕が遊んでいても、寝ていても、旅行に行っていても、不平不満を一切言わず、お願いしたことを忠実に実行してくれるので、僕自身が汗水たらして働く必要がなくなりました。

このブログを読んでいる方の多くは『在宅起業』や『早期退職』や『副業での収入アップ』や『ワンオペ育児をしながらの在宅ワーク』や『子供と遊んで暮らしたい』と思ってると思いますが、それを労働によって実現したところで本当の意味で人生は豊かになりませんよね。

1度しかない人生を思いっきり楽しむには『お金』と『時間』を『総取り』する必要があるのです。

そこで今回『労働に頼らない収入源を作りたい』といった方に向け、僕が現在進行形で実践している『LINEを使った全自動マーケティングを使って不労所得を作り出すためのコミュニティ』を作ってみました。

『副業で不労所得の仕組みを作って早期退職を目指したい』とか『飲食店を経営してるけど売り上げが伸びない』とか『在宅で仕事をしながら子供との時間をゆっくりとりたい』など『叶えたい未来があるけれど今の自分では実現できない』といった方のサポートをしていこうと思います。

参加費は無料ですので、興味のある方は下記の画像をクリックし、詳細ページをご覧になってください。

プロラインサポートAcademy参加ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です