転勤内示を受けた借金持ちのパパが脱サラして起業するって変ですか?

広告

さんパパ
こんにちは!

3人の子供を抱えながらサラリーマンパパをしていたさんパパです!

今はフリーランスとして子供と遊びながら暮らす人生を過ごしています^^

突然ですが、僕はある日、いきなり部長に呼び出され転勤の内示を受けました。

そして丁重にお断りしました(笑)

みなさんは今、学校や職場で当たり前の日々を過ごしていると思いますが、その日々が一瞬にして壊れる恐怖を味わったことがありますか?

毎日当たり前のように働いている会社からたった1言

上司
あんた来月から転勤ね

といわれたら、それで人生が大きく変わってしまいます。

幼い子供を抱え、定年を過ぎても支払う借金があり、近くには年老いた祖母もすんでいて、困ったときはお互い力を合わせて暮らしてきた暮らしは一瞬で壊れます。

僕はその恐怖を30歳を過ぎて初めて味わいました。

30年間かけて積み上げてきたものが一瞬にして破壊される恐怖を…。

このブログでは会社から転勤内示を受け、頭が禿げ上がりそうなくらい悩んだ結果、サラリーマンでい続けることをあきらめ、起業家として生きていく道を選んだ、ごく普通のサラリーマンパパがこれまでにやってきたことや、これから実践すること、そして【一生、朝から晩まで働く労働をせず、好きなことをして暮らす人生】を現実的に手にする方法についてお話ししていきます。

世間体を気にせず、上司の顔色をうかがわず、同僚に気を使わず、日曜の夕方に気持ちが落ち込まず、急な転勤にも微動だにせず、1度きりの人生をめちゃくちゃ楽しく過ごしたい!そう思っている人はぜひ、覗いてみてください^^

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら