期待に応えるのは結構しんどい話【ストレスフリーで生きるコツ】

期待に応え続けるのはしんどい話を書いた記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

20代の頃は周囲の評価を気にしながら生きてましたが、ある時、ストレスで病気になりました。

その経験から他人に期待しない方が人生は楽だなと思ったので、以下のツイートをしました。

ストレスフリーな人生を送るには人に期待しないのがコツ☝️

✅給料に期待せず、自分で稼ぐ
✅誰かに期待せず、自分で動く
✅年金に期待せず、自分で準備する

例えば上記の通り👏

他人に期待するより自分で動いた方がストレスも減り、結果も早い✨

このマインドを維持できると人生は楽になりますよ😊

人生を楽しく生きる上でストレスの削減は至上命題です。

『他人への期待』から『自分への期待』に変えるだけでストレスはガクンと減るので覚えておきましょう。

広告

期待に応えるのは結構しんどい

期待に応える仕事は結構しんどい

経験談ですが他人の期待に応え続ける人生は辛いです。

人の価値観は千差万別である

そもそも論ですが、相手を100%満足させることって不可能です。

例えばサラリーマン向けにブログを書くにしても、いろんなサラリーマンがいるわけです。

■終身雇用で頑張る人

■サラリーマンしつつ副業で稼ぐ人

■サラリーマンを辞めて自由に生きる人

■サラリーマンを辞めたいけど辞められない人

■サラリーマンを辞めて起業したけど上手くいかない人

上記の通りで同じサラリーマンでもいろんな考えを持ってる人がいて、何か意見を言ってもほぼ100%の確率で反対意見が出ます。

これはどうしようもない事実なのでそういうものだと理解し、価値観の違う人に向かって自分の意見を貫こうとするのはやめた方がいいです。

僕のブログにも批判がある話

このブログは『1度きりの人生を思いっきり楽しむ』というコンセプトのもと『その世界を実現するためにブログを作って在宅起業しよう』といった話を中心に書いてます。

一見すると『人生を思いっきり楽しむ』ということは人類共通の話のように聞こえますが、実際はそうでもないんです。

例えば上記で取り上げたサラリーマンの方に向けて『在宅起業すべき』といったブログを公開すると以下のような反応になります。

■終身雇用が大事だと考える人
→批判される可能性が高い

■サラリーマンしつつ副業で稼ぐ人
→肯定される可能性が高い

■サラリーマンを辞めて自由に生きたい人
→肯定される可能性が高い

■サラリーマンが当たり前だと思ってる人
→批判される可能性が高い

■サラリーマンを辞めたいけど辞められない人
→肯定される可能性が高い

上記の通りで同じサラリーマンに向けて書いてるにもかかわらず、相手によって受け取り方は様々です。

パパが遊んで暮らすことを理解してくれる人がいる反面、そうでない人もたくさんいるのが現実です。

相手を満足させ続けることはできない

上記の事実から『相手を100%満足させ続ける(=相手の期待に応え続ける)ことは物理的に不可能である』ということを覚えておきましょう。

■総理大臣になる
→支持率100%は不可能

■オリンピックで金メダルを取る
→喜んでくれない人もいる

■スポーツで前代未聞の記録を達成する
→認めてくれない人もいる

上記の通りで、何を実践してもこの世に批判はつきものです。

これは批判してる人が悪いという意味ではなく、価値観の違いによって現れるものなので、避けることができません。

10年連れ添った奥さんとですら、意見が合わずに空気が悪くなることがあるくらいですからね。

相手に期待すると自分が病む

ブログを始めた頃の僕は全員が僕の見方だと思ってました。

さんパパ
■どうして自由な世界を批判するんだろう

■どうしてブログは稼げるのにやらないんだろう

■どうして事実を書いてるのに否定されるのだろう

今思えば世界の中心は自分って感じで超自己中だなと思いますが、当時の僕はこんな感じでした。

『自分の書いたことを信じてくれない相手が悪い』みたいに無意識のうちに他人批判(=期待)していたんです。

■どうして自由な世界を批判するんだろう
→自由な世界を肯定して欲しい

■どうしてブログは稼げるのにやらないんだろう
→ブログを始めてみて欲しい

■どうして事実を書いてるのに否定されるのだろう
→自分のことを信用して欲しい

上記の通り。こうした期待を無意識にしていた僕はブログを書くことにストレスを感じてました。

理由は自分の思った通りに相手が行動してくれないからですね。

他人に期待するのをやめた

ブログを書きながらビジネスの勉強を続けた結果、『他人に期待しないのが一番楽』であることに気が付きました。

■副業するのがいいよ
→副業したい人だけ見ればいいや

■ブログ始めるのがいいよ
→始めてみたい人だけ見ればいいや

■3人のパパがこうやって稼いだんだよ
→興味のある人だけ見ればいいや

■LINEに登録するとプレゼントがもらえるよ
→欲しい人だけ受け取ってくれればいいや

上記の通りで、きつい言い方をすれば『僕の情報に興味のない人は見なくて結構』という感じです。

本当は見て欲しいんですけど、それって『相手への期待』なので、見てもらえないとガッカリするんですよ。

ガッカリってストレスの原因なので、それなら最初から期待しなければ無駄なストレスを生まなくて済みますからね。

そしてこの問題に対して『自分からブログ見てよ』って強要することはできないので、この部分をいくら考えても解決策はありません。

唯一の解決策が『期待しない』ことであり、できることは『自分を信じて前に進むこと』でした。

ブログにも期待せず行動を続けた

期待しなくなったのは人に対してだけでなく、ブログに対してもそうです。

■ブログを毎日書く
→アクセスが無くてへこむ

■ブログに広告を貼る
→収益が伸びなくてへこむ

■アフィリエイトを実践する
→3ヶ月経っても売り上げゼロでへこむ

だからブログのGoogleアナリティクスやGoogleアドセンスの収益ページを見ることをやめました。

そういったものは自分でコントロールできないので、自分ができるのは毎日記事を書き続けることです。

毎日記事を書き、1ヶ月に1度だけアクセスや収益ページを確認し、それ以降は淡々とブログの構築を続ける感じです。

すると結果への期待が消えるので無駄なストレスが減少し、慣れも加わって良い記事が書けるようになり、結果としてアクセスや収益も伸びていきました。

期待に応える人生から抜け出す方法

期待に応える人生から抜け出す方法

自分を成長させることで周囲の期待に応えようとしなくても、勝手に期待に応えている状況が実現できます。

自己スキルを高めると期待に応えられる

例えば会社でレポートを作る際、文字だけしか書けなかった人が画像や装飾を使って外注したようなレポートを作れるようになったとします。

実はそのスキルを身につけた理由はブログで配布する無料レポートのために身につけたスキルですが、それを会社の資料作成業務に応用することにより、結果として会社の期待に応えられたりします。
部長
いつからこんなきれいな画像を作れるようになったんだ!?

ぜひ、次の会議資料を作ってくれ!

こうやって仕事が舞い込んでくる可能性もありますよね。

資料を作って何か注文を付けられても、その注文を解決することでさらにレポートの質が上がるので、それは自分のためになってると考えればストレスもないです。

自分ができることをやって相手に満足してもらう

自己スキルを高めるといってもいきなりはできないので、自分のレベルに合わせていけば大丈夫です。

例えば『ブログを書く』という場面であれば以下のように実践します。

■ブログを始めたい
→ブログを始めたい人だけ満足させる記事を書く

■ブログにアクセスを集めたい
→ブログにアクセスを集めたい人だけを満足させる記事を書く

■ブログから収益を出したい
→ブログから収益を出したい人だけを満足させる記事を書く

■ブログの収益を伸ばしたい
→ブログの収益を伸ばしたい人だけを満足させる記事を書く

■ブログを不労所得化して自由に暮らしたい
→ブログを不労所得化して自由に暮らしたい人だけを満足させる記事

上記の通りで、それぞれの記事にターゲット(読んで欲しい読者さん)を決め、その人が満足する記事を増やしていけばOKです。

『ブログを始めたい人にはその期待に応える記事』『ブログのアクセスを伸ばしたい人にはその期待に応える記事』といったように読者さん全員の期待に応えるのではなく個々の期待に応える感じですね。

その結果、ブログ全体の質が上がり『在宅起業』というゴールに向かいたいと考える多くの人の期待に応えられるブログが『結果として』出来上がります。

自分で自分に期待して生きればそれでよし

というわけで『期待に応えるのは結構しんどい話』でした。

今の僕は自分の好きなことをやってます。

■ブログを書いている
→情報を発信するのが好き

■自動化の仕組みを作っている
→仕事より遊びを優先できる

■コミュニティ運営をしている
→価値観の合う仲間と成長する

■夏休みは子供と四六時中一緒にいる
→今しかない子供との時間を楽しむ

上記は僕の価値観なので人によっては共感できないものもあると思います。

とはいえ、繰り返しますが、支持率100%はあり得ないのでそれはそういうものと割り切ることが必要です。

僕は在宅起業化になるため、以下の物を捨てました。

■社会との人間関係

■組織人として生きる道

■サラリーマンという肩書

■役員までほぼ約束された地位

これは言い換えると『サラリーマンとしての期待に応えられなかった』ということです。

つまり『人生はどんな選択をしたとしても、その背景にいる人の期待には応えられない』わけで、そこを気にし続けるのはあまり意味がないと思います。

逆に自分がやりたいことに挑戦して、そこにいる同じ価値観を持つ人に向けて自分の力を発揮すれば、無理なく期待に応え続けられるはずです。

僕はこれからもブログやTwitter、LINEを通じて僕の情報を求めてくれる方に『結果として』喜んでもらえる情報を提供できるように頑張っていきます。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら