行動力を鍛える方法【他人をぶち抜き、人生が楽になります】

行動力を鍛える方法について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
ブログを始めたいけど行動する気になれない

将来に向けて副業した方がいいのは分かってるけど行動できない

行動しないと子供との時間すら取れない人生が続くのが目に見えてるけど動けない

どうにかして行動して人生を変えたいんだけど、一体どうすればいいのか教えて欲しい

こういった疑問にお答えします。

本記事の信頼性
この記事を書いている僕は30歳の時に3人の子供を育てながらブログを始め2年間で700記事以上を執筆し、毎朝3時に起きて4時間副業を実践してから仕事に行くという生活を1年以上続けました。このブログも150日以上、毎日記事の執筆を継続中&Twitterも260日以上連続投稿中と鬼の行動力を持っています。

とはいえ、もともとは超面倒くさがりな性格なので何をやっても継続できず、これだけブログを続けられているのが自分でも不思議です(笑)

この記事では僕に行動力が無かった時の話をしてから、行動力を鍛える方法について解説します。

過去に『行動しようと思ったけど結局できなかった』『行動したけど長続きしなかった』という経験をして、新しく何かを始めたいと考えている人は、この記事を最後まで読むと行動力を鍛えて人生を変えることができると思います。

広告

目次

行動力を鍛える前に現実を知るべき話

行動力を鍛える前に現実を知るべき話

行動力を鍛える前に『なぜ、行動力がないのか?』という問題を深掘りします。

行動力を鍛えるには『行動力のない原因を探す→当てはまるものを改善する』という手順がベストですからね。

行動力がなかった時の特徴

過去の自分を振り返った時、行動力が無かった時の特徴は以下の通りです。

行動力がなかった時の特徴
特徴①:行動しない理由を正当化していた

特徴②:情報を仕入れて満足していた

特徴③:スマホを見て時間を失っていた

特徴④:他の人を見てあきらめてしまっていた

特徴⑤:他の人を見てあきらめてしまっていた

特徴⑥:何をするにも悩んで決断が遅かった

特徴⑦:何をやるにも完璧を求めていた

特徴⑧:自分に対して自信がなかった

特徴⑨:目標を達成するための期日を決めなかった

少し考えるだけでもいっぱい出てきて自分でもびっくりです(笑)

簡単に解説しておきますね。

行動力がなかった時の特徴①:行動しない理由を正当化していた

僕はブログを始めた時、実践して2週間で放置してしまったのですが、その時の心境は以下の通りです。

さんパパ
■今日は疲れてるから

■今日は仕事を頑張ったから

■今日は家族と出かけて時間がないから

■ブログを頑張ったところで稼げるとは限らないから

こんな感じでブログを実践しない理由を正当化し、現実逃避していました。

してみる感じです。
行動しない理由で自分を洗脳するわけですから、行動できるはずがないですよね。

行動力がなかった時の特徴②:情報を仕入れて満足していた

例えば『ブログの収益化』について検索をして『メルマガを発信するのが良い』という情報があったとします。

そしてその情報を見ていくうちに『なるほど、メルマガをやった方がいいんだな』と理解するのですが、その後で『でも、今の自分はまだその立場じゃないから』と言ってスルーしてしまうんですね。

つまり『メルマガをやれば稼げる』という情報を仕入れて満足してしまったわけです。

結局、そのまま時間だけが過ぎて1年後とかにメルマガを始めるのですが、その時点で人生の余暇時間が1年失われてますよね。

行動力がなかった時の特徴③:スマホを見て時間を失っていた

これは今でもたまにありますが、スマホを見てるうちに次から次へと情報を検索し、時間を失ってました。

いわゆるネットサーフィンですが、これが癖になるとスマホ依存症になって1日数時間を失います。

その時間を未来の自分に投資するだけで人生は激変するのですが、当時はそうした事実にすら気が付かなかったので、一生懸命、その時に気になる情報を仕入れて自己満足に浸ってました。

行動力がなかった時の特徴④:他の人を見てあきらめてしまっていた

子供の頃から何をするにも他の人と自分を比べ、相手に敵わないと思う勝負を避けてきました。

例えば子供の頃、プロ野球選手になりたいと思ってましたが『もっとうまい人がいるから無理だろうな』と思って練習を放棄してました。

今思えば周りは関係なくプロ野球選手になるために練習をガンガンやればよかっただけの話ですが、そうしたことも周囲を見てあきらめてしまったんです。

そしていつしか自分の限界点を勝手に作るようになり、ますます行動しなくなるという負の連鎖におちいっていきました。

行動力がなかった時の特徴⑤:物事を先延ばしにしていた

何かやると決めても『また今度』というフレーズを使っては先延ばしにしていました。

■ブログやった方がいい
→今は忙しいからまた今度やる

■メルマガ屋って方がいい
→今はブログ書いてるからまた今度やる

上記の通りで『また今度』が癖になると行動力は絶望的に低くなります。

行動力がなかった時の特徴⑥:何をするにも悩んで決断が遅かった

当時は超優柔不断だったので何をするにも人に聞いたり時間をかけて悩んでました。

副業すると決めてからブログの実践に入るまで1年以上かかりましたからね。

ブログで稼げると知る

そうなんだ、また今度と行動しない

半年たつ

サラリーマンが嫌でどうしよう

さらに半年たつ

ブログやってみようかな・・・

上記の通りで今だったら行動してから悩めばいいと思ってますが、当時は思考回路が真逆でした。

行動力がなかった時の特徴⑦:何をやるにも完璧を求めていた

昔の僕は『何かを実践するならきちんと調べ、絶対に失敗しない準備をしてからやらなきゃいけない』という完璧主義者でした。

『ブログをやるなら絶対に失敗しない方法を勉強してからやる』みたいな感じです。

でも現実はそんな方法は存在せず、実践しながら知識と経験を積み、改善を重ねるしか道はありません。

それを知らなかった僕は準備に時間を使い、慎重になり過ぎて逆に行動できないという失敗を繰り返してました。

行動力がなかった時の特徴⑧:自分に対して自信がなかった

当時は自分の行動に自信が持てなかったので、何かを始めるには必ず他者の意見を聞き、背中を押してもらう必要がありました。

さんパパ
ブログを始めたら他の人から批判されるかも

いくら頑張っても自分じゃ成果を出せないかも

過去に上手くいったのは運がよかっただけだと思う

こんな感じで自分に自信がなく、行動の決断ができませんでした。

上手くいったことですら『たまたまかも知れない』と自分を疑い、ネガティブな思考ばかりが先行する感じです。

行動力がなかった時の特徴⑨:目標を達成するための期日を決めなかった

昔は人生が永遠に続くものだと思って毎日を過ごしていたので、何をやるにも期日を決めずにいました。

その結果『明日やればいい』『また今度やればいい』という気持ちばかりが生まれ続け、やるべきことを先延ばしにして結局やらずに終わるみたいなことを繰り返していたんです。

だから『仕事を辞めて遊んで暮らしたい』という想いは持っていても行動がついて行かないので『自分が望まない毎日』が続いていたわけですね。

行動力を鍛える方法

行動力を鍛える方法

さて、ここからが本題ですが、基本的に行動力を鍛えるには上記を修正すればOKです。

行動力を鍛える方法①:行動すべき理由を正当化する

昔の僕は行動しない理由に目を向けていましたが、今の僕は『行動すべき理由』にだけ目を向けるようにしています。

■ブログを始めるのは脱サラして遊んで暮らすため

■毎日ブログを書くのはネット上に資産を貯めるため

■毎朝Twitterを更新するのは行動できる仲間とつながるため

■ブログ仲間を作るのはモチベーションの維持につなげるため

■毎日3時に起きて副業したのは1日でも早くブログで稼ぐため

例えば上記の通りで、行動が面倒になったら『なぜ、その行動をするのか?』ということを自問自答し、その答えを出すようにしています。

その結果『じゃあやらなきゃダメだよね』となって、重い腰を上げて行動できるようになっていきました。

行動力を鍛える方法②:仕入れた情報を試してみる

例えば『ブログの集客に困ってるならTwitterをやった方がいいよ』という情報を仕入れたら、Twitterについて調べ、アカウントを作って実践してみる感じです。

■TikTokやった方がいいよ
→とりあえずアカウント開設

■YouTubeやった方がいいよ
→とりあえずアカウント開設

■有料noteやった方がいいよ
→とりあえずアカウント開設

こんな感じで『とりあえず』行動し、その後続けるかどうかは様子を見て決めていきます。

前は行動が伴っていなかったので話を聞いて終わりでしたが、今は行動することで実体験を積み、より上の水準で物事を判断できるようになっています。

行動力を鍛える方法③:スマホを見ない時間を作る

スマホは便利なツールですが、使い方を間違えると人生を破滅に追い込みます。

■良い使い方
→成長に関する情報収入、ブログやTwitterの投稿、動画や音声学習

■悪い使い方
→ネットサーフィン、ニュースの流し読み、無駄にアプリを開く

自己成長に繋がる使い方ができてる人はOKですが、そうでない場合は1度、スマホから離れる時間を作るとよいと思います。

僕も昔はヤフーニュースとかをダラダラ見てしまい、思考停止状態で時間が過ぎ去ってばかりだったので、アプリを消してみないようにしてました。

行動力を鍛える方法④:他人と比較することが無意味だと知る

他人と比較することってあまり意味がありません。

なぜなら人によって生きてきた環境が違うし、考え方、時間、お金、ライフスタイル、趣味や理想の世界が違うからです。

同じパパが『子供と遊んで暮らす世界を目指す』とブログを始めても、勤めている会社や家族構成、その人が持っている基礎能力によって成果の出る速度は違います。

つまり『他人は他人、自分は自分』という考えこそが大事なのであって、無意味に人と比べて劣等感を感じる必要はないですよってことです。

行動力を鍛える方法⑤:『とりあえず』を癖にする

行動力を鍛えるために『とりあえず精神』を持つのはおすすめです。

■とりあえずブログ始める

■とりあえずTwitter始める

■とりあえず起業の勉強を始める

上記の通りで気合を入れて行動すると重圧に耐えられず長続きしないので『とりあえず今のまま生きていても人生変わらないし、ブログでもやってみようかな』という楽な気持ちで始める感じです。

僕は今でも面倒だと思うことは『とりあえずやってみるか』と自分に言い聞かせて動くようにしています。

行動力を鍛える方法⑥:決断する時は時間を意識する

前向きな決断は即断即決が基本です。

■ブログを始めるか迷う

■決断が1週間遅れる

■人生において1週間分の稼ぎが減る

例えば上記の通りで、ブログを始めることにリスクはないわけですから、遊んで暮らすために必要だと思ったらすぐにやるべきです。

もちろん人生を左右するほどの大きな決断であればそれ相応に悩むことも必要ですが、Twitter始めるかどうかで1ヶ月悩むとか論外です。

選択の先にあるリスクを考え、大きな影響を受けないのであれば時間コストを意識して、素早く決断する癖を身につけましょう。

行動力を鍛える方法⑦:6割7割で始めてみる

ブログ初心者の頃は一言一句、絶対に間違えてはいけないと何度も何度も記事を見直し、それだけで30分以上をロスしてました。

その一方、今はササっと目を通す感じで7割前後の出来であっても『とりあえず』記事を更新し、しばらく放置しています。

すると数か月後に検索結果が数値で現れてくるので、その時に必要に応じで書き直し、120%の記事に仕上げる感じです。

あまりにも適当な情報を世に出したり、仕事を中途半端にして上司に報告したりというのはNGですが、1度、提出して結果をのぞき、それから修正してより良いものにするという意識は大切だと思います。

完璧主義者は想像以上に精神的ダメージが残るので、なるべく早い段階で脱却するのがおすすめです。

行動力を鍛える方法⑧:自分に対して自信を持とう

自分に自信がないなら、自信が持てるようにスキルアップしましょう。

おすすめは自分が理想とする世界を手に入れてる人の音声やセミナーを繰り返し学び、成功者の思考をインストールしていくことです。

『ブログで稼ぎたい』なら僕のブログを繰り返し読むのも勉強になると思います。

そして学んだことを少しずつ、日常生活に落とし込んでいけば徐々に自信のある自分に変化していけます。

行動力を鍛える方法⑨:物事には期限を決める

期限を決めることで行動力はビックリするくらいアップできます。

■明日は超大事なテストがあるけど勉強してない
→徹夜して勉強する

■上司に頼まれた重要な仕事の締め切りが明日
→他の業務を後回しにしてでも最優先にする

■彼女とのデートがあるけど仕事が終わるか微妙
→朝から段取りよく仕事をこなして早く帰れるようにする

上記の通りで、誰でも大事な約束や仕事の依頼などに期日があれば、その目的を果たすために必死になりますよね。

それを自ら意図的に作って行動力を高める感じです。

僕は行動の質を高めるために『ブログを100日連続で書かなかったら1日につき10万円分の仮想通貨を購入します』と宣言してました。

1週間ブログをサボれば70万円の仮想通貨を買わなければならないので、必死になって作業していました(笑)

まずは自分が時間を無駄にしている行動を見直してみよう

まずは自分が時間を無駄にしている行動を見直してみよう

というわけで少し長くなりましたが『行動力を鍛える方法』についてのお話しでした。

行動力を鍛えることで新しい物事が目に留まるようになるため、今までとは違った視点で人生を歩むことができます。

行動力の高い人は優れた人というイメージがあるかもですが、その人を毎日見続けていればそれが当たり前になり、自然と自分もその人に合わせた行動をとることができるようになります。

最初からすべて完璧な人間なんていないですし、人は何歳になっても成長することができます。

まずは『毎日行動している人を真似する』ということから始めてみてください。

僕は今日も記事を更新しましたし、明日も明後日も更新するので、一緒に頑張っていきましょう^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら