量質転化でブログは成功に向かう話【あれこれ考えすぎです】

良質転嫁でブログは成功に向かう話について書いた記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

今日で148日連続でのブログ更新となりますが、引き続き記事執筆に力を入れていこうと思います。

というのも副業で1000記事以上書いてきた経験から、以下が重要だと考えているからです。

ブログで結果を出すには記事の質が重要👨‍💻

でも最初から質を意識すると行動が止まるので以下がおすすめ☝️

大量行動

作業慣れ

質を高める

記事執筆に時間をかければかけるほど、作業に慣れるので質にも目が行くようになり、きれいな記事が書けるようになります😊

#ブログ書け
#ブログ初心者

上記の通りで質は大事なのですが、質の高い記事を書くには量をこなさなければなりません。

ブログを書いたことのない人が良質な記事を書くとかムリゲーなので、ブログで稼ぎたければ今日の話は覚えておいてください。

広告

量質転化でブログは成功に向かう話

量質転化でブログは成功に向かう話

ブログの成功に大事なのは質ではなく量です。

質を高めても成果は出ない話

記事の質を高めたところで、たった1記事で収益化するのは不可能です。

仮に1記事に100時間かけ、10万文字の記事を書いたところで検索エンジンにヒットするとは限らないですし、そこで売りきらなければならないのは辛いです。

それであれば1記事2時間で50記事を公開した方がアクセスを取れる可能性は高く、収益も発生しやすいです。

時間をかけると逆効果になることも

このブログ記事1つ書くのに4時間ほどかけていますが、これを1記事100時間にしても内容はほぼ変わらないです。

■100時間かけて1記事公開する
→1記事書くのに100時間

■100時間かけて25記事公開する
→1記事書くのに4時間

■100時間かけて100記事公開する
→1記事書くのに1時間

例えば上記の通りで100時間かければ『前置き』や『補足』は増えますが『言いたいことの本質や答え』は変わらないです。

今の時代は『結論→理由→まとめ』というシンプルな文章が好まれる時代なので、あまり前置きが長いとその時点で離脱されますからね。

それだったら1時間で画像もなしにして、言いたいことをメルマガみたいに書く記事を100記事貯めた方が良いと思います。

100記事更新したらGoogleアナリティクスで各記事のアクセス履歴を調べ、人気のある記事をリライトする感じです。

作業量が増えると慣れが発生する

ブログを書きまくると書くことに慣れるので、徐々に書くことが大変ではなくなってきます。

■ブログ初期
→その日のネタに困る

■ブログ中期
→継続が疲れて継続に困る

■ブログ後期
→やめるのがもったいなとさえ思える

上記の通りで質を意識するよりも量をこなして慣れを発生させましょう。

『ここまで頑張ったんだからブログを諦めたくない』と思える部分まで行ければ、自然と質を高める行動を取れるようになるので、それまでは量にこだわって作業するのが良いと思います(少なくとも僕はそうしてます)

記事を書きまくると数ヵ月後にへこむ

ちなみにですがどんなに質を意識して書いても数ヵ月後にはどん底に叩き落されます。

ブログ書いてる人は経験あると思いますが、最初の頃に書いた記事って下手ですよね。

さんパパ
■なんであんな記事書いたんだろう

■これじゃあ誰も読んでくれないよね

■恥ずかしくて今すぐリライトしたい

僕はこんな経験ばっかりでしたし、今ですらこのブログの最初の記事を書きなおしたいっていつも思ってます。

でも、そうやって思えるってことはブログを始めた頃の自分よりも成長してるってことなので、道のりとしては間違っていないので大丈夫です。

作業に慣れると質を高めやすくなる

ブログの執筆に慣れると新しい一面が見えてきます。

■ブログデザインが客観的に見られる

■記事の文章が読みにくいことに気が付く

■反応率の高い記事と少ない記事の存在に気づく

上記は気づきの一部ですが、例えば記事によって反応率に差があるなら『両者の違いは何か?』を考えることができます。

そして『反応の悪い記事』をリライトして『反応の良い記事』に寄せていけば記事の質が上がりますよね。

客観性が出た時に質に転化する

よく『ブログ記事のリライトをしましょう』と言われますが、数十記事程度書いた人がリライトしてもほぼ無意味です。

圧倒的に経験が足りません。

数十記事でリライトしてる人は過去に他のブログで経験を積み、何かしらの事情で出直してる可能性が高く、本当に一からブログを始めた人はリライトよりも記事執筆に集中すべきです。

過去に1000記事以上書いてきた僕ですら、このブログのリライトをほぼせず、ひたすら毎日更新しまくってるのがその証拠です。

■記事を更新する

■ネタが増える

■リライト時にいろんな記事のURLを貼れる

■ブログの回遊率と質が高まる

こういったことも量をこなしてなければできないですし、できなければ質も落ちていくということです。

量質転化を実践しながら成長する方法

量質転化を実践しながら成長する方法

量をこなしてブログを成功させるパターン

量質転化の事例ですが、ブログでの成功パターンは以下の通りです。

量質転化成功パターン
①ブログを作ると決める
→作るという作業をこなす

②ブログの作り方について学ぶ
→学習という作業をこなす

③ブログを実際に作ってみる
→作るという作業をこなす

④記事を公開してアクセスを集めてみる
→記事執筆という作業をこなす

⑤アクセス集まらない理由を見つけて改善する
→分析という作業をこなす

⑥ブログの質が高まる
→ここでブログの質が高まる

⑦ブログから収入を上げてみる
→収益化という作業をこなす

⑧ブログの収入が増えない理由を見つけて改善する
→分析という作業をこなす

⑨ブログの質がまた高まる
→さらにブログの質が高まる

上記の通りで質にこだわるのはブログを始めてから早くても3ヶ月後くらいでしょうか。

僕だったら『最初の半年間は毎日パソコンの前に座ってブログを30分進める』とかでいいと思ってます。

半年続けたら1年続けるのもそこまで大変ではなくなりますし、半年後ならそれ相応の知識と経験があるので質を高めるノルマもこなせる可能性が高いですからね。

作業時間の捻出方法

量をこなすには時間も必要ですが、時間の捻出にもコツがあります。

■日常生活の見える化

■無駄な時間の洗い出し

■必要な時間の選別

■完璧主義からの逸脱

例えば上記の通りで、時間は均等に与えられ、それをどう使うかはその人次第です。

ブログ記事を書くという量をこなすことに集中すると決めた場合、他の時間は無駄となるので維持活動以外の時間を削れば捻出できます。

詳しくは『時間がないと騒いでいたサラリーマン時代の話【使い方が下手でした】』を参考にして下さい。

量をこなせないと思ったら時間軸を長くする

僕は他の人より結構不利な状態でブログをやってました。

■本業として1日12時間仕事に使う

■帰宅してからは子供との時間を持つ

■仕事に疲れるので1日6時間以上は寝る

上記の通りで同じような生活をしてる人は多いかもですが、この状況でブログを量こなすとか結構きついです。

なので1日当たりの作業時間を細切れにして、代わりに仮説を立ててゴールまでの時間を伸ばしました。

■仮説①:ブログ専業者
→1年で喰っていける

■仮説②:独身副業ブロガー
→2年で喰っていける

■仮説③:既婚子持ちブロガー
→3年で食っていける

上記の通りで、仮にブログをガチでやる人が1年で成功するなら、僕はその人の3倍くらいはかかるだろうと予想し、最初から3年後に脱サラすると決めたわけです。

これによって無駄な焦りがなくなり、コツコツと量をこなしながら成長し、結果を残すことができました。

あなたがもし、子育てや仕事に追われて量をこなす時間がないのであれば『今、できることをやる』という感じで自分に優しくしてあげると無理なく続けられると思いますよ。

行動に勝る経験はなし

というわけで『量質転化でブログは成功に向かう』というお話しでした。

ぶっちゃけ、僕のみの周りの人は『行動の鬼』ばかりです。

■年商5億の社長さん
→60日間で2日だけ休みであとは10時間以上仕事

■年商3億円のノマドワーカー
→1日14時間以上の作業×数ヶ月(この間報酬ほぼ無し)

■月収400万のコンサル生
→仕事帰りに記事1~4記事執筆×1年以上

上記の通りでブログを毎日更新するって、実はそんなすごい行動でもないんです。

自分1人だとどうしても『自分だけ頑張ってる』みたいに思ってしまうのですが、周囲に自分より鬼作業してる人を見つけておけば、触発されて頑張れたりします。

ですので、この記事を読んだ最初の行動として、身近にあなた以上に行動している人を見つけましょう。

■毎日ブログを書いてる

■毎日10ツイートしている

■毎日動画を投稿している

どんな人でもいいので毎日、自分より行動してる人を見つけ、その人が行動したら自分もそれに負けじと作業する感じです。

僕の場合は『稼げない同期のブロガー』でした。

そうやって量をこなしていけば自然と成長し、質に転化できる日が絶対にやってきますので忘ないでくださいね。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら