人生に失敗したと感じても手遅れではない話【心が軽くなります】

人生に失敗したと感じても手遅れではない話を解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

34歳の時に3人の子供を抱えながら脱サラ、今はブログを書きつつ、自由を満喫しながら暮らしてます。

今朝、こんなツイートをしました。

おはツイート193日目🌈

人生楽ありゃ苦もあるさ

これは事実でブログを続けるだけでも、数えきれないほどの苦楽があった😔

日の光を浴びる前は必ず暗闇があって、みんなそこで諦めちゃうけど、続けたらいつかは夜が明ける☀️

今日も夜明けを目指して積み上げましょう😊

#おは戦20621jn
#朝活

今日は人生を前向きに生きるための話をします。

何かを諦めそうになっていたり、悩み事がある人は最後まで読んでみてください。

広告

人生に失敗したと感じても手遅れではない話

人生に失敗したと感じても手遅れではない話

結論は人生が続く限り失敗は存在しないからです。

あなたにとっての失敗とは?

改めて考えて欲しいのですが、あなたにとっての失敗って何でしょうか?

■受験勉強をしたけど受からなかった

■異性に告白したけどふられてしまった

■就活で希望していた会社を受けたけど落ちた

■仕事に必要な資格の勉強をしたけど取れなかった

■ブログを書いて収益化を目指したけど稼げなかった

一般論的にはこうしたことを失敗と呼んだりしていますが、それって本当に失敗ですか?

人は納得いく結果が出ないことを失敗だと勘違いする

結果が出ていないこと=失敗ではないです。

他にも失恋って誰もが経験すると思いますが、その人以外とお付き合いしたり結婚できないかって言うとそうでもないです。

その先には新しい出会いがあり、もしかすると過去の人よりも良い人と巡り合えるかもしれません。

失恋した瞬間は失敗と感じるかもしれませんが、10年経ったら思い出となり、過去の人になります。

【残念】失敗は自分で作ることもできてしまう

失敗は存在しないと言いつつ、行動を止めることで自ら作ることもできます。

例えば僕は脱サラを目指してブログを作ったのですが、以下のような経験をしました。

■パソコンに触るのも嫌だった

■ブログ書いたけど収益がでなかった

■仕事が忙しくてブログどころではなかった

それぞれのポイントで作業を中断していたら、脱サラを達成することはできなかったので、それは失敗となります。

でも僕は行動を止めることをせず、失敗という魔物に取りつかれそうな状況は何度もありましたが、必死に振り払うことで過去の思い出となりました。

あなたは自ら行動を止め、自分で失敗を作っていませんか?

人生に失敗はないと思って行動を続けよう

人生に失敗はないと思って行動を続けよう

辛い時期は必ずあるけど長い目で見ると失敗ではない

僕も過去にいろんな失敗と呼ばれる経験をしてきました。

■中1時代の成績が悪すぎて三者面談で『このままでは高校に行けません』と担任から断言され親に恥をかかせた過去

■先輩の悪口を書いたメールを友人ではなく、違う先輩に送って修羅場になった過去

■ブログのコンサルティングを受けたけど何も成果を得られずに30万円を失った過去

■会社のお偉いさんが集まる新人研修に寝坊し、全社員の前で頭を下げさせられた過去

■競馬にハマって生活費を使い込み、奥さんにメチャクチャ怒られて離婚すら覚悟した過去

■脱サラを目指してブログを初めたけど、2週間で飽きて新品のパソコンがガラクタになった過去

それぞれの場面に置き換えると、どれもその場にはいられないくらいの出来事で本当に悩んで悩んで悩みまくったことです。

でも、今はすべてが笑い話になっているし、そういった過去があったからこそ、今の僕が存在し、こうやってあなたに語りかけることができているのも事実です。

つまり今、どんな厳しい状況にいたとしても時間が経てばそれは過去に変わるので、必要以上に落ち込んだ気持ちを背負い込むのはやめましょう。

失敗したと感じたら次の行動に移ろう

具体的には以下のような感じです。

■受験勉強をしたけど受からなかった
→来年受けるか違う学校を受けよう!

■異性に告白したけどふられてしまった
→同世代の異性は数十万人単位でいるし、次の恋愛を楽しむチャンスができたじゃん!

■就活で希望していた会社を受けたけど落ちた
→日本には300万社以上の会社があるから大丈夫。今なら起業するのもいいじゃん!

■仕事に必要な資格の勉強をしたけど取れなかった
→リストラされるわけじゃないし、次回頑張りますと頭を下げよう!

■ブログを書いて収益化を目指したけど稼げなかった
→100記事書いてダメなら200記事書けばいいだけだよ!

大事なのは行動を止めないという部分で、失敗したと感じでも人生が続く限り再挑戦はいくらでも可能です。

【悲報】行動すると批判される

失敗の原因、つまり行動停止の要因は外部的なものによるものが多いです。

僕はこれらを『現実への引き戻し現象』と呼んでいますが、これは何をするにも必ずあります。

どんな小さな行動を取るにしても周囲に漏らせば反対されたり、笑われたりして気持ちが落ち込みます。そして結果が出ないと自分には無理だと思い込み、いつもの日常へと戻ってしまうのです。

ですからあらかじめ人生は自分の思い通りにはいかないと考えておくことが重要で、何か行動を起こす時は周囲から反対されるものだと思っておきましょう。

そして数年後に自分を笑った人を見返すんだという気持ちで挑戦すれば、あなたの人生から失敗という概念は一切なくなるはずです。

とはいえ無理は禁物です

途中で諦めると失敗になると言いましたが、それ以外にも以下の3つは失敗(あきらめる)の要因となりえるので気を付けてください。

■命に関する危険なこと

■他人に大きな迷惑をかけること

■何もしないで時間(命)を失うこと

命が尽きたら人生が終わってしまいますし、芸能人のスキャンダルのように他人に大きな迷惑をかけることで、その活動を強制的に終わりにせざるを得ない状況も失敗の要因です。

また人生とは時間の集合体ですので、何もせずに時間を失う=挑戦のチャンスが減る=失敗につながるということです。

人生で失敗しないための一問一答集

人生で失敗しないための一問一答集

最後に子供と遊んで暮らす世界を目指したいけど行動に壁を感じている方に向け、一問一答形式で前向きになれるコツを書いておきます。

今はお金がなくてチャレンジできない

Twitterなら0円で始められて月3万円稼げますし、ブログを始めるとしてもパソコンとネットがあるなら1万円で作業環境は整います。

さらに事前に自己アフィリエイトで稼いでしまえばほぼノーリスクで挑戦することができますよね。

僕が実践したブログやTwitterであればサラリーマン1ヶ月分のお小遣いを投資すれば作業をできるので、金銭的リスクはほぼ追わずに実現へと進んでいけます。

仕事が忙しくて時間がない

僕もサラリーマンしながら3人の子供を育てつつの実践だったので、最初の頃は1日に取れる作業時間は1時間が限界でしたが、3年後には同じ生活をしながら1日4時間くらいの作業時間を確保することができていました。

時間がないのは時間の使い方に偏りがある可能性が高いので、以下の記事を参考に私生活を見直すと良いかなと思います。

自分には才能がないから

結果を出している人はみんな才能があったのかと言えば、そんなことはないと断言できます。

なぜなら過去を振り返った時、お世辞にも僕に才能があったとは思えないからです。

■27歳~29歳で生活に困り副業を探す

■30歳でブログで稼げることを知る

■パソコンを買ってブログを始める

■続けられずに2週間で放置

■半年後に再開して3ヶ月記事を書く

■稼げずにあきらめる

■3万円で教材を買ってまた新規にブログ作成

■公開3か月後に初報酬が月111円

人生初のブログを作ってから初報酬の111円を稼ぐまでに使った時間は『1年』です。

それまでに3回もブログを作り直してます。

これは僕が実勢に経験した過去ですが、友人がこの状況をリアルタイムで見ていたとして、僕に才能があると思いますか?

ほぼ間違いなく『もうやめろよ、お前には無理だって』と言われたと思います。

僕が子供と遊んで暮らす世界を手にできたのは、才能があったからではなく、そういった言葉を全部無視して成功するまで突っ走ったからです。

僕が言えるのは『才能という言葉の責任にして行動を止める行為を正当化していませんか?』ということです。

会社が副業を禁止しているから作業できない

僕の会社も副業が禁止でしたが、実際にバレることはありませんでした。

下記の記事で詳しく解説しているので参考にしながら前に進んでいきましょう。

奥さんが副業に反対するから作業できない

奥さんや家族のために副業をするという気持ちを伝えていますか?

僕もそうでしたが『給料が少ないから』『仕事をやめたいから』といった理由だけ伝えてもあまり良い顔はされません。

あなたが持っている夢や奥さんへの愛を伝えることが大事ですね(長くなるので別の記事に書きます)

残業続きで疲れているから作業できない

僕は朝活をすることで問題を解決しました。

副業を始めた頃は仕事が終わった後にブログを書いたりしていましたが、夜は1日の疲れが溜まり効率が悪いということを知ったので、夜は子供と一緒に寝て朝早く起きる感じです。

すると一番頭のスッキリしている時間にブログを書けるので、効率も上がって毎日作業できるようになりました。

残業が続いて疲れが溜まるのはあるあるですが、朝、目が覚めてしまえば意外と作業できるので、まずは早起きの習慣をつけてみるのもおすすめですね。

まとめ:自らの手で時を止めないようにしよう

まとめ:自らの手で時を止めないようにしよう

というわけで人生の失敗についてのお話でしたが、覚えておいて欲しいのは以下の3つです。

■失敗とは思い込みに過ぎない

■時間が経てば失敗は過程に変わる

■失敗を恐れずに挑戦し続ければいい

人生が終わらない限り人は歩み続けることができるので、人生の終わりを迎えた時に『楽しい人生だった』と言えれば、過去の失敗だと思っていた経験はすべて今のあなたを作るための過程となります。

ブログを100記事書いて芽がでなくても200記事書いて芽が出れば100記事書いたことは過程になります。でも100記事でブログを書くという作業をやめてしまったら失敗になります。

僕も皆さんからパワーをもらいながら挑戦し続けますので、お互い切磋琢磨しながら楽しい未来を作り上げていきましょう!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら