【TwitterのDMがうざい】メール別にみる適切な対応【実例】

200108 Twitter DM

こんにちは、さんパパです!

昨日、Twitterでこんなツイートをしました

Twitterを使ってる人は1度くらい経験したことがあると思うけど、フォローしてしばらくするとDM(ダイレクトメール)が送られてきたりしないですか?

あれ、多い時は1日3通くらい来て個人的には結構、なんですよね。

対面で送られてくるので返信しなきゃいけないとなぜか思ってしまって、返信するとさらにビジネスに興味ありませんか?みたいなメールが来て。

で、はっきりと『自分は大丈夫です』っていうと一切音沙汰がなくなるっていう。

その一方で本当にちゃんとした挨拶のDMを送ってくれる人もいるので、すべてをスルーするのもどうかなーって思ったり。

僕自身、最初はDMの対応に困った経験があるので今日はDMが来た時の対処法についてお話ししようと思います。

広告

Twitterで送られてくるDMの対応方法

TwitterDM対処法

僕はTwitterのDMについて返信orスルーという対応をしています。

その見極めは単純で挨拶系なら返信、勧誘系ならスルーです。

TwitterのDMに返信した事例

DMをもらって僕が返信した事例は以下のような場合です。

TwitterのDMに返信した事例①
TwitterDM3

TwitterのDMに返信した事例②
TwitterDM4

TwitterのDMに返信した事例③
TwitterDM5

TwitterのDMに返信した事例④
TwitterDM6

TwitterのDMに返信した事例⑤
TwitterDM7

TwitterのDMに返信した事例⑥
TwitterDM9

基本的に僕が返信するのは『挨拶だけ』してくれたDMです。

返信も一言、二言の場合が多いですね。

そっけないって思うかもしれませんが、初対面の人とそんなに話すことってないじゃないですか(笑)

DMもらう

相手のプロフィールやブログ見る

相手のことを知る

ちょっと仲良くなる

というのが普通であって、何も知らない相手に長文を送るのも変ですからね。

いろんなやりとりをするのは相手のことをもっと理解してからです。

TwitterのDMをスルー事例

続いて僕がスルーする返信です。

TwitterのDMをスルーした事例①
TwitterDM14

TwitterのDMをスルーした事例②
TwitterDM15

TwitterのDMをスルーした事例③
TwitterDM13

TwitterのDMをスルーした事例④
キャプチャ

TwitterのDMをスルーした事例⑤
TwitterDM16

楽して稼ぐ系やLINEへの登録などは全部スルーです。

TwitterのDMがスパム(迷惑メール)か否かを見つけるポイント

続いて僕がTwitterのDMがスパムかどうかを見分ける方法についてお話しします。

①ツイートの内容

TwitterDM対処法

TwitterのDMが来たら基本的に開封して内容を確認します。

その際、

楽して稼げる
スマホだけで稼げる
LINEやメルマガへの勧誘

が入っていたらその時点でスルー確定。

『よろしくお願いします』といった内容であれば相手のプロフィールや固定ツイート、つぶやきを確認します。

その際は『ツイートと返信』『メディア』をクリックして日常的なツイートや自分が興味あるツイートを適度な頻度で行っているアカウントであれば大丈夫(スパムではない)だと判断して返信します。

逆に過去のツイートが稼ぐ系のRT(リツイート)を連発していたり、同じようなツイート(画像の使いまわしなど)であればスルーします。

②ツイートの数と頻度

TwitterDM対処法

ツイートの数があまりにも少ないアカウントはボット(bot)と呼ばれる『自動集客装置』を使ってフォローワーを集めているだけの可能性が高いのでスルー。

逆に毎日、1時間ごとにつぶやきを呟いたり、過去に同じようなツイートが発信されている場合もボットで回している可能性があるのでスルーです。

ボットは自動でフォローワーを集めたり、あらかじめ決めたツイートを好きな時間に流すことができます。

例えば

1月1日の10時『おはようございます』
1月2日の12時『こんにちは』
1月3日の18時『こんばんは』

というツイートを流すと決めたとしましょう。

すると1月1日の10時になると自動で『おはようございます』というツイートが発信され、1月2日の12時には『こんにちは』、1月3日の18時には『こんばんは』というツイートが自動で流れます。

さらにボットには繰り返し機能も搭載されているので、すべてのツイートが終わると再度、1から流すことも可能になります。

つまり1月4日の10時に『おはようございます』、1月5日の12時に『こんにちは』、1月6日の18時に『こんばんは』というツイートが自動で流れ、永久ループさせることが可能になるわけです。

あらかじめ300個くらいツイートを作っておけば1ヶ月間くらい重複することのないツイートを呟くことができるので、知らない人からすると『毎日、熱心につぶやいている』みたいに思われ、フォローされたりするんですね。

で、僕はその仕組みを知っているので(過去に使ったことがある)、ボットだと判断したアカウントはフォローもしないしDMも当然スルーです。

1時間ごとにつぶやきまくってるアカウントとかはボットの可能性が高いので、機械的なアカウントかどうかを判断する目安になるかと思います。

③ブログなどのURL

これはDMに限らないんですけど、送られてくるURLやプロフィール欄に記載されているURLが短縮形だとそれだけでスルーする場合が多いです。

よく使われるのが『B〇t.ly』かな。

Twitterって文字数が制限されているのでURLを長くするとつぶやける文字数が減ってしまうんですね。

だから短縮URLと呼ばれる本来のURLを短くしたものを使う人が多かったりしますが、これを使ってるのはビジネスをよく知ってるアフィリエイターが多かったりするので、僕はあまりクリックしないです(プロフィール欄にあるURLも含む)

ましてやDMであれば完全スルーですね。

URLが記載されているDMでも返信する場合

最後にフォロー直後、いきなりDMでURLを送られてきても返信する事例についてお話ししておきます。

これは主に『ブログやYoutubeなどのメディアをやっているので良かったら見てください』といった場合です。

TwitterDM8

先ほどのLINEなどとは違って登録の必要はないですからね。

自分に興味のある内容だったらそのままチャンネル登録もしたりしますし、興味がなければ登録はせずに返信だけしたりもします。

あくまで決定権はこちらにあって、ちょっとでも搾取しようとしている姿勢が見えたらスルーです。

もちろんこれが短縮URLだったらクリックせずにスルーですけどね。

僕がTwitterのDMを利用するとしたら

僕がTwitterのDMを利用したのは

①仲良くなった人とやりとりをする時
②Twitterのコンサルティングを受けた時

です。

これ以外の場面で使っていないです。

①に関しては頻度は多くないですけど、いろいろと質問していただいたのでそれに回答させていただきました。

②に関しては普通にTwitterでフォローワーさんを増やしたり発信する内容について教えていただきました。

それ以外に使うことはないですし、その程度かなと思ってます。

何かあればブログやリプを使ってもらえればいいと思うので。

自分の媒体(ブログ)がない人はDMしか相手との連絡手段がないので使ってもいいとは思いますけど、相手のペースに乗せられたりする可能性もあるので初心者の方は気を付けた方がいいと思いますね。

TwitterのDMに関するプライバシー設定

僕はTwitterのDMが好きではないので以下のように設定しています。

TwitterDM対処法

まず、フォローしてない人からのDMはいらないのでそれをキャンセル。

やり方は以下の通りです。

①Twitterのマイページを開く

②設定とプライバシー

③プライバシーとセキュリティー

④すべてのユーザーからメッセージを受信する

これをオフにすることでフォローしていない人からのDMは来なくなります(デフォルトでオフになっていると思います)

さらにその下にある『クオリティフィルター』をオンにすることで怪しいメッセージをTwitter側で表示させないようにしてくれます。

実際はこれでも怪しいDMが来たりするのですが、その場合は先ほどの事例を参考に判断し、スルーするのか返信するのかを検討すればいいと思います。

以上がTwitterのDMに対する僕の考えと対応方法です。

おそらくこれでほぼすべてのDMに対応できると思いますが、これでもまだ迷うなら一般常識的に考えて判断しましょう。

道端であった人にいきなり『こんにちは!私はこういうものです!LINE登録してください』って言われたらどう思います?

そこで『自分だったら登録する』と思えば登録すればいいし、『普通に考えてありえないでしょ』と思ったらスルーすればいいです。

スルーしたとしても相手はスルーしたことすら気が付いていない(botを使っているため)場合がほとんどなので、気にしなくていいと思います。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら