【保存版】Twitterでリツイートされたらどうする【350RTの秘密と対応方法/増やし方までを完全公開】

Twitterでリツイートされた時の対応について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
  • Twitterのリツイートの意味がいまいちわからない。
  • リツイート機能ってどういう時に使うの?
  • フォローワーじゃない人からリツイートされたけど、お礼とかした方がいいの?
  • リツイートをたくさんしてもらう方法とかってあったりするのかな?
  • リツイートの意味や効果、やり方や増やし方など具体的な事例を公開しながら教えて欲しい

こういった内容についてTwitter歴7年(ブログ歴9年)、1つの投稿で350リツイートを獲得したがお答えします。

Twitterで374リツイートを獲得した画像
本記事の内容
  • Twitterリツイートの基礎知識
  • Twitterでリツイートされたらどうする?
  • Twitterのリツイートを増やす方法
  • Twitterでリツイートされたらどうする【一問一答】
この記事を書いている僕は3人の子供を抱えながら30歳の時にブログを書き始め、副業で月70万ほどを稼げるようになり34歳で脱サラ、現在は子供と遊んで暮らす在宅起業家として活動しています。

現在はブログ歴8年、LINEやメルマガを利用したDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を中心とした自動化の仕組みを構築するコンサルティングや無料サポートも行い、アドバイスさせていただいた方は500人を超えています(→詳細はこちらから)

今回は『Twitterでリツイートされたらどうする』というテーマで『僕がリツイートされた時の対応方法』について解説していきますね。

プロラインサポートAcademy参加ページ

Twitterのリツイートに関する基礎知識

Twitterリツイートの基礎知識

Twitterのリツイートとは?

Twitterのリツイートとは『他人のツイートや自分のツイートを再度、ツイートすること』です。

これによって自分のフォローワーにリツイートした情報が共有されるので、いわゆる『拡散』された状態になります。

さらにリツイートしたツイートを見た誰かもリツイートすれば、その人のフォローワーにもツイートが共有されるのでさらに多くの目に触れ、情報を広げられる機能のことです。

Twitterにおけるリツイートの意味

僕が考えているリツイートの意味は以下の通りです。

Twitterにおけるリツイートの意味
  • 他の人に情報を知って欲しい
  • 企画に参加するために行う
  • お礼の意味を込めて行う

僕は『この情報は役立つ(面白い)から他の人にも知ってもらいたい』と思った時にリツイートすることが多いです。

他にも『相互フォロー企画』などに参加するために行ったり、自分のツイートをリツイートしてくれた方にお礼の意味を込めてリツイートをお返しする感じですね。

Twitterでリツイートする方法

リツイートのやり方は下記の2つです。

Twitterでリツイートする方法
  • 通常リツイート→相手のツイートをそのままリツイートする
  • 引用リツイート→自分のコメントを添えてリツイートする

簡単に解説します。

通常リツイートする方法

手順①:リツイートしたいツイートを見つけたら『矢印』をクリックします。

Twitterリツイートのやり方1

手順②:『リツイート』をクリックすれば終了です。

Twitterリツイートのやり方2

引用リツイートする方法

手順①:引用リツイートしたいツイートを見つけたら『矢印』をクリックします。

Twitter引用リツイートのやり方1

手順②:『コメントを付けてリツイート』をクリックします。

Twitter引用リツイートのやり方2

手順③:コメントを書いて『リツイート』をクリックすると、書いたコメントが記載された状態でリツイートできます。

Twitter引用リツイートのやり方3

【参考】引用リツイートした事例

下記はいただいたリプライに対して引用リツイートした事例です。

ブログ記事公開ツイートをした際にいただいたリプライを引用してツイートしています。

これによって僕はもちろんうれしいですし、相手の方も僕のフォローワーさんに認知されるので、お互いの情報を拡散してwin-winの関係を作っていくことができますね。

リツイートを取り消す方法

リツイートしたツイートは矢印部分が緑色になってますが、もう1度クリックするとリツイートが取り消されます。

Twitterリツイートの取り消し方

Twitterでリツイートされたらどうする?

Twitterでリツイートされたらどうする?

Twitterでリツイートされた時の対応方法は以下の通りです。

Twitterでリツイートされた時の対応
  • 対応①:『リツイート』をお返しする
  • 対応②:『いいね』をお返しする
  • 対応③:『リプライ』をお返しする
  • 対応④:特に何もしない

それぞれ解説します。

対応①:『リツイート』をお返しする

一番オーソドックスな対応ですね。

リツイートしてもらった相手の固定ツイートや通常のツイートを1つ、リツイートするだけです。

僕もリツイート返しは行っていましたが、追加で『いいね』もポチっとしてお返ししていました。

対応②:『いいね』をお返しする

リツイートをお返しをすると自分のつぶやきが埋まってしまって困る場合は『いいね』をするだけでもOKです。

ただ個人的にリツイートは『いいね』よりも上位のアクションだと考えているので、『いいね』を1つだけではなく『2~3個のいいね(=最新2~3個のツイートに対して『いいね』をする)』をお返しすると良いかなと思います。

『いいね』の使い方については『【経験談】Twitterの『いいね』の使い方【ポチポチ押して未来の関係構築につなげよう】』を参考にしてください。

対応③:『リプライ』をお返しする

リツイートしてもらった方の固定ツイートなどにリプライ(=コメント)をするのもいいですね。

フォローされていない人からのリツイートであれば『初めまして!リツイートありがとうございました!』とリプライを送り、そのツイートに『いいね』をポチっとしておきましょう。

ダイレクトメール(DM)で送る方法もありますが、フォローされてないと送れないのとDMを怪しく思ってる方も多いので個人的にはおすすめしないですね。

リプライを送るのが苦手な方は『Twitterのリプとは?【意味・やり方・ひな形の作り方公開】』を参考にするとやり方が分かると思います。

対応④:特に何もしない

何もしないのもありと言えばありです。

フォローワーでなかったり、自分のジャンルと違う人だったり、怪しい広告を貼りつけているアカウントからRTされた場合は様子を見ることもあります。

逆に自分のフォローワーさんからRTされた場合は、何かしらのお礼をしておくことで濃い関係性を築くことにつながるので、時間の許す範囲で対応しておきましょう。

Twitterのリツイートを増やす方法


Twitterのリツイートを増やす方法は以下の通りです。

Twitterのリツイートを増やす方法
  • 方法①:トレンドに乗っかる
  • 方法②:拡散希望タグを使う
  • 方法③:インフルエンサーに絡む
  • 方法④:他の人のツイートをリツイートする
  • 方法⑤:企画を開くor参加する

順番に解説します。

方法①:トレンドに乗っかる

話題のニュースなどのツイートをリツイートすると拡散されやすいです。

2020年は高校野球の甲子園大会が新型コロナウイスルの影響で中止になりましたが、その際はトレンドに乗るくらい話題になりました。

こうした話題になっている情報に乗ることでリツイートをしてもらえる可能性は高くなります。

方法②:拡散希望タグを使う

ツイートに『#拡散希望』というタグを使ってツイートすると、拡散協力してくれる人がいたりします。

もちろん相手は中身を見てリツイートするかを判断するので、しっかりとツイートすることが大切なのと、多用しすぎると価値が下がるので、緊急のお願いや温めてきた企画を開催する場合など、ここぞという場面で使うことがいいですね。

尚、ツイートの作り方は『Twitterツイートのやり方【効果絶大5選/真似してOKです】』を参考にしてみてください。

方法③:インフルエンサーに絡む

フォローワーが10万人規模でいる人が自分のツイートをリツイートしてくれた場合、一気に拡散したりします。

もちろん相手にメリットが無ければリツイートしてもらえないので、毎日、気になるインフルエンサーにリプライを送るとか、先行的にリツイートや『いいね』を付けるなど地道なGIVEを提供してこちらを認知してもらうことが必要です。

インフルエンサーともなると『いいね・リツイート・リプライ』の数が多すぎるため1つ1つを確認することは不可能です。

よって自分のことに気が付いてもらうには、しっかりと準備をしつつ、相手が自分に気が付いてくれるくらいの行動力も必要になるでしょう。

運も必要になる手法ですが、下記をきちんと実践することでリツイートしてもらえる可能性はアップするので、挑戦する場合は根気よく続けるのが一番です。

方法④:他の人のツイートをリツイートする

他の人のツイートをリツイートすることで『お礼リツイート』してもらえたりします。

『いいね』ほどのお礼は見込めませんが、それでも10人に1人くらいはリツイートを返してくれると思います。

『リツイートして欲しければ、自分から動く』という価値観を持って行動していくことで確実に成果へとつながっていくはずです。

方法⑤:企画を開くor参加する

企画は確実にリツイートしてもらえるので、アカウント作成時はかなり有効です。

Twitterのリツイートを増やす方法2

お互いの固定ツイートをリツイートすることで、情報の拡散を目的とした手法です。

僕の固定ツイートが350RTを記録しているのもこの企画に参加したのが大きくて、さらに企画の数を増やせば『1000RTを1ヶ月で達成することも可能』です。

Twitterでリツイートされたらどうする【一問一答】

最後にTwitterのリツイートに関して良くある質問に回答して記事を終わりたいと思います。

誰にリツイートされたのかを調べることはできる?

下記の方法で分かります。

Twitterでリツイートした人を調べる方法
  • 方法①:通知画面で確認
  • 方法②:ツイートのリツイートマークで確認

簡単に解説します。

方法①:通知画面で確認

Twitterの通知マークをクリックすると『いいね』やリツイートした人を調べることができます。

Twitterの通知表示画像1Twitterでリツイートされたかを知る方法2

複数人がリツイートしてくれた場合は、そのツイートをクリックするとリツイートした人の詳細を見ることができます。

方法②:ツイートのリツイートマークで確認

リツイートされたツイートを開き『リツイート』をクリックするとリツイートした人の詳細が分かります。

Twitterでリツイートされたかを知る方法3Twitterでリツイートされたかを知る方法4

それぞれのユーザーをクリックすれば相手のプロフィールに飛べるので、固定ツイートや最新ツイートをリツイートしてお礼をすることもできますね。

フォローしてない人のツイートをリツイートするのは普通のこと?

そうですね、役に立ったり、面白いと思うツイートはフォローしていない人でもリツイートしてもらえます。

芸能人はフォローしている人が圧倒的に少ないにもかかわらず、リツイートが500とか1000に到達しているケースがたくさんあり、それは『ファン』の方がその人のことを好きだったり、応援という意味でリツイートしています。

Twitterは手軽さがウリなので、フォローしている・いないは関係なく、いいと思ったツイートはリツイートしてOKです。

リツイートを増やすコツってあるの?

手法としては上記で解説した通りです。

僕もそうですが、有名人や他の媒体にファンがいない限り、作り立てのアカウントでリツイートを増やすのはかなり難しいです。

そこで実践するのがお互いに固定ツイートをリツイートし合う『企画』で、影響力の少ないアカウントでも反応を取れたりするので繰り返し実践してみると良いかなと思います。

リツイートと『いいね』ってどう使い分けてますか?

リツイートは『いいね』の上位版だと思ってます。

イメージとしては『リプライ>リツイート>いいね』という感じです。

リツイートを連発しすぎると自分のつぶやきが消え、言いたいことが伝えられなくなってしまうので、基本的には『いいね』でお返ししつつ、引用リツイートを使っています。

まとめ:リツイートは相手と仲良くなるチャンス

というわけで『Twitterでリツイートされたらどうする』といったテーマに関するお話しでした。

記事のポイントをまとめておくと、

Twitterでリツイートされた時の対応
  • 対応①:『リツイート』をお返しする
  • 対応②:『いいね』をお返しする
  • 対応③:『リプライ』をお返しする
  • 対応④:特に何もしない
Twitterのリツイートを増やす方法
  • 方法①:トレンドに乗っかる
  • 方法②:拡散希望タグを使う
  • 方法③:インフルエンサーに絡む
  • 方法④:他の人のツイートをリツイートする
  • 方法⑤:企画を開くor参加する

といった感じですね。

自分のツイートをリツイートされるということは、少なからずあなたのツイートに対して良い印象を持っている可能性が高いので、相手と仲良くなるチャンスです(=相手のツイートをリツイートすれば相手もこちらに興味を持ってアカウントを覗いてくれる可能性が高くなる)

もちろんネガティブなワードでリツイートされた場合は批判の可能性もありますが、普段から相手のことを考えたツイートをしていればそういったこともないでしょう。

しっかりと準備したツイートを相手がリツイートしてくれたなら、思い切ってリプライを送ってフォローしてみるのもいいと思います。

せっかく相手がくれたチャンスですから、それを活かしながら仲間を増やしていきましょう。

それではまた!

記事が役に立ったらシェアしてね^^

 

僕は30歳の時にパソコンすらない状態から副業としてブログを始め、約2年間、毎日ブログを書き続けましたが月2万円程しか稼げず(時給50円~200円程)在宅起業への道を何度も諦めかけました。

そこで新たに『自分に足りないのはマーケティングスキルである』ことに気が付き、約1年専門の経営塾で起業スキルを勉強し、再度ブログの構築を始めた結果、副業で月70万円程を稼げるようになり10年勤めた会社を34歳でセミリタイア、その後は3人の子供と遊んで暮らす生活を3年以上続けています。

なぜ2年以上も成果を出せなかった僕が今、このような暮らしができているかというとインターネット上に自分の身代わり、つまり『自分の代わりに働いてくれる仕組みを作ったから』です。

僕が作った仕組みとは『自動で人を集め、自動で価値を提供し、自動で商品を提供し、自動で成果までの道のりをフォローしてくれるコンテンツ』なので、僕が子供と遊んでいても、食事をしていても、寝ていても、旅行に行っていても、不平不満を一切言わず、お願いしたことを忠実に実行してくれるため、僕自身が汗水たらして働いたり、眠い目をこすりながら毎日ブログを書く必要がなくなりました。

このブログを読んでいる方の多くは『在宅起業』や『早期退職』や『副業での収入アップ』や『ワンオペ育児をしながらの在宅ワーク』や『子供と遊んで暮らしたい』と思ってると思いますが、それを労働によって実現したところで本当の意味で人生は豊かにならないと思います(僕はまったく豊かになれませんでした)

1度しかない人生を思いっきり楽しむには『お金』と『時間』を『総取り』する必要があるのです。

そこで今回『自宅にいながら労働に頼らない収入源を作りたい』といった方に向け、僕が現在進行形で実践している『LINEを使った全自動マーケティングの仕組み作りをサポートするコミュニティ』を作ってみました。

『副業で生活できるだけの仕組みを作って早期退職を目指したい』とか『飲食店を経営してるけど売り上げが伸びない』とか『パートに出られないので在宅で仕事をしながら子供との時間をゆっくりとりたい』など『叶えたい未来があるけれど今の自分では実現できない』といった方のサポートをしていこうと思います。

本気で実践される方には僕が変わりに仕組みを作る『構築代行サポート』も行っておりますが、それでも『参加費は無料』ですので、興味のある方は下記の画像をクリックし、詳細ページをご覧になってください。

プロラインサポートAcademy参加ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。