サラリーマンが将来の不安をゼロにする方法【貯金とスキルが大事】

サラリーマンが将来の不安をゼロにする方法について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

サラリーマンの頃は将来が不安で仕方がなかったのですが、今はその悩みもかなり解決されました。

サラリーマンで将来が不安な人はガンガン行動するのがいいです☝️

✅3人目誕生
✅毎月生活費赤字
✅子供の学費も払えない

僕はこんな感じだったのでブログを始め、毎日書いてたら不安より希望の方が大きくなりました✨

待ってても未来は変わらないので自分で理想を掴み取りに行くのがおすすめです😌

上記の通りでサラリーマンはいくら頑張っても収入に限界があって、万が一、会社から転勤やリストラを言い渡されたらその時点で人生が崩壊します。

この記事では僕がサラリーマンとして働き続ける不安を解消できた方法について解説します。

広告

サラリーマンが将来の不安をゼロにする方法

サラリーマンが将来の不安をゼロにする方法

結論は不安を感じる時間をゼロにすることです。

毎日、ネガティブなことばかり考えていた

副業を始める前の僕はこんなことを考えてました。

■今日も仕事、面倒くさいなぁ

■毎月、生活費赤字だけど大丈夫かなぁ

■このままだと子供の学費も払えないよなぁ

■そういえば転勤の話も社内に広がってるっけ

■いつか転勤って言われたら単身赴任なのかなぁ

こうした不安は25歳~30歳くらいまでの5年間、ほぼ毎日頭の中をよぎっていたことで、どうにかして目をそらしながら生きてました。

不安の解決に向けて行動すればいい

結局のところ、上記の不安を解決する方法って1つしかなく、それは行動することです。

『毎日、仕事でクタクタだからこれ以上働くのは嫌』

そうした意見があるかもですが、その生活を続けても将来の不安が解決されないなら、もっと働くしかないです。

とはいえ残業するとか出世するとか、そういう意味ではなく『自分で稼ぐ能力を向上させるために働く』ということです。

僕の場合は会社で1日10時間、在宅で1日1~4時間ほど働く生活を4年半続けた結果、将来の不安がゼロになりました。

それは結果が出たのもそうですが、毎日がクタクタだったので将来の不安を考える暇がなくなったのと、不安が頭をよぎっても『それを解消するために活動している』と考えることで自己解決できるようになりました。

本業+副業で稼げる状態は最強

僕は副業が会社の給料を超えた月に転勤辞令を告知されたので、本業+副業の恩恵をそこまで受けれていなかったのですが、それでも最強だなと思います。

■本業収入:月25万前後

■副業収入:月40万前後

サラリーマンをやめる数ヶ月間は上記の通り、手取りの合計額が60万を超えていたので、この状態を実現できれば将来の不安はほぼ消えます。

会社の給料で生活しつつ、副業で稼いだお金を全額貯金に回せば3年間で1000万は貯まりますし、その頃には副業収入が月100万を超えてるから、仕事をやめても生活できるし、脱サラして暇になった時間を作業に回せばもっと稼げます。

具体的にはこういった感じで本業の収入で生活をカバーしつつ、将来の保険を作り、2年くらい無収入でも生活できる貯金といつでも稼げるスキルを身につける手法はリスクもないしおすすめです。

仕事のつもりで毎日の作業をルーティン化する

朝起きたら顔を洗って、歯を磨いて、食事をして、仕事に行くと思いますが、それって誰かに教えられたわけではなく、自然と毎日やってることで、習慣になってると思います。

今日からそこに『副業活動』という習慣を加えてやりましょう。

■仕事に行く

■帰宅する

■早く寝る

■朝起きてブログ書く

僕の場合はこんな感じでした。

ブログ以外にもTwitterなどの発信も並行していましたが『朝起きたらすぐに作業する』という活動は仕事がある日もない日も変えなかったし、在宅起業した今も続けています。

具体的には『僕のTwitter』を見てもらえれば分かるのですが、『朝活』と称した活動を200日以上継続してます。

こうした活動を続けることで将来の不安を考える時間が消え『明日は何の作業をしようかな』といった前向きな思考が自然と湧いてきます。

■将来の不安を感じていた時
→仕事以外にやることがないので常に不安。現実から目をそらしても不安が解消されるわけではなく、着々と不安が現実化する日をカウントダウンしながら待つだけ。

■将来の不安が消えた時
→常に作業のことを考えるので不安よりも作業に追われる。でも習慣化されているので忙しさはなく、むしろ将来への楽しみが上回るので作業をもっとしたいと思える。

要するに不安を感じてるなら、あれこれ考えずに作業に没頭しましょうってことです。

■毎日ブログを書く

■毎日Twitterを書く

■毎日YouTubeを投稿する

■毎日LINE@で情報を届ける

僕の場合はサラリーマン時代に上記のことをずっと繰り返してました。

大変なのは最初の3ヵ月くらいで、そこを突破すると作業が習慣化されますし『ここまでやったんだから今更やめるのはもったいない』という思考から継続も楽になります。

すると、ブログであれば記事が貯まり、アクセスが集まりだし、収益も増え、面白みが増し、不安も消えるという好循環が生まれてくるんですね。

注意点:スタートダッシュは不要です

サラリーマンは40年働くことで一生を家族と過ごせるように、人生を生きるのはそれ相応に大変なことです。

ブログを始めたとしても数ヵ月では芽も出ないですし、不安をかき消すために最初から鬼作業するとガス欠になって不安が消えなくなるので注意しましょう。

■理想的な作業
→仕事をしつつ、家族とも過ごしながら、夜寝る時間を早くして毎日2時間、仕事前にブログを書く。

■注意が必要な事例
→仕事を終え、食事を取ったらひたすらブログ。朝もブログ。昼も時間を見てブログ。1日中ブログのことばかり考える。

上記の通りでイメージとしては短距離走ではなく、マラソンレースだと思えばOKです。

仕事が休みで作業できる日も1日3時間くらいにとどめ、ストレス発散をきちんとしながら無理せず活動するのが良いですね。

僕は今、在宅起業家活動してますが、1日の作業時間は4時間~10時間くらいで、平均すると6時間くらいだと思います。

一時期は0時間の日が1週間とか続きましたが、時間を持て余すのも自分にとって良くないことが分かったので、今は毎日作業しています。

サラリーマンとして活動しながらであれば、1日2時間取れれば十分だと思うので、毎日時間を確保して継続していきましょう。

サラリーマンが将来の不安を消すには『貯金』と『スキル』があればいい

サラリーマンが将来の不安を消すには『貯金』と『スキル』があればいい

脱サラして間もなく3年になりますが、今はサラリーマン時代に持っていた将来の不安はないです。

新型コロナの影響で売り上げが落ちた時は少し不安になりましたが、その時も自粛期間中の恩恵を使って作業しまくったので、その悩みは解決されました。

まずは2年間無収入でも生活できる貯金を貯めよう

お金の真理』という本に書かれていたことですが、これは僕も同意で『今日から無収入になったとしても2年くらいは生きていけるだけの貯金を作る』のがおすすめです。

■生活費が月20万
→貯金の目安は500万

■生活費が月30万
→貯金の目安は720万

■生活費が月40万
→貯金額の目安は1000万

2年間、無収入でも生きていけるということは『2年間の時間がフルに使える』ことになるので、その間に自分で資産を作れれば復活できます。

不安なら生活費を下げて延命すればよく、奥さんがいる場合はお願いしてパートに出てもらい、自分は在宅で仕事をしつつ、家事や育児をするのもありかもです。

もっともこれは何かしらの影響で会社をやめることになり、収入がなくなった場合の事例ですので、イメージとしては『在宅起業家になった時にこれくらいの貯金があれば気持ち的に楽』という感じに思ってください。

まずは貯金1000万を目指そう

というわけでまずは貯金額1000万を目指すのがおすすめで、そのためには自分で稼ぐスキルが必要です。

お分かりだと思いますが、サラリーマンとして働きながら家族を養いつつ、1000万貯めるとか超難しいので、やっぱり副業するしかないですね。

■副業収入月10万
→年間120万なので約8年

■副業収入月20万
→年間240万なので約4年

■副業収入月50万
→年間600万なので約2年

■副業収入月100万
→年間1200万なので約1年

サラリーマンしながら副業で月50万稼げるようになれば、2年間で到達可能です。

その頃には自分でお金を生み出すスキルが身についているので、実はもう一生喰っていくに困らない状態になってる可能性大です。

■副業で月50万稼ぐ

■貯金が1000万超える

■会社をリストラされる

■収入50万維持しながら仕組みを拡大

■収入が100万円になる

■生活するだけで貯金が増える

成功する人ってこのパターンが自然と作られていることが多く、僕もこんな感じです。

ここまで来れば将来の不安はほぼ皆無で、サラリーマン時代に抱えていた不安なんて完全に忘れていて、過去の思い出になってます。

ですので、まずは日々の仕事に副業というルーティンを加え、自分の力で稼げるスキルを身につけていきましょう。

あなたにとっての幸せとは何か?

僕は今、以下のような日々を過ごしてます。

■朝起きてブログ書く

■子供が起きて一緒に食事

■子供を学校に見送る

■庭の畑をいじる

■奥さんと買い物に行ったり漫画を読む

■気が向いたらパソコン作業する

■子供が学校から帰宅

■リビングでゆっくりしたり、習い事に送る

■お風呂に入って夕飯を食べる

■リビングでゆっくりして21時に寝る

こんな感じの生活を週5日繰り返してるわけで、ぶっちゃけお金なんて使わないんですよね。

家はサラリーマン時代に購入したし、車も7年くらい同じものを乗ってるし、都会に引っ越したいとか思わないし、夜の街に行って遊びたいとかもないです。

だから現実的なことを言うと2年くらい無収入で生活できる貯金があって、あとは毎月の生活費が赤字にならない程度の収入を自力で維持できれば、労働からのセミリタイアは十分可能で、それに気が付いた瞬間に将来への不安もなくなります。

僕の場合は副業で稼ぐよりも先に転勤辞令を喰らってしまったので在宅起業した初期の頃は不安でしたが、貯金とスキルを維持してからはそういうのも無縁になりました。

将来の不安をなくすために僕がやったこと

この記事は20代でサラリーマンパパをしていた頃の自分に向けて書いた記事なのですが、あの時の自分に言葉を伝えられるとしたら以下の通りです。

■不安な気持ちを解決せずに日々を過ごしても時間の無駄

■不安を解決したいなら他人ではなく解決できる自分になること

■そのためには好き嫌いや、できるできないをを言わずに行動するしか道はない

僕は20代の頃にサラリーマンを続ける将来に不安を持ち、30歳で副業を始め、35歳くらいで将来の悩みから完全に開放されました。

年数にするとたった5年で人生変わったことになりますが、30歳の時に行動を起こさなければ今はもちろん、あと30年以上は同じ不安を抱えながら過ごしていたわけで、そう考えるとゾッとします。

今、あなたが当時の僕と同じようにサラリーマンを続ける将来に不安があるなら、あれこれ考える前に行動してみるといいですよ。

間違いなく挫折を経験すると思いますが、それを乗り越えた先に待っているのはどんな不安も解決できる最強の自分ですから、そこまでいったらあなたの勝ちですから。

参考までに僕が副業で実践してきた内容や学んできた動画をプレゼントしているので、将来の不安を解決したいなら下記から受け取ってください。

すべてサラリーマンとして働きながら3人の子供を育てていた僕の経験談ですので、参考になると思いますし、内容も超リアルになってます。

質問はいつでも、何でも個別に受け付けますので聞きたいことはいつでも質問してください^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら