副業禁止なんだけど、どうすればいい?【内緒で4年間続けた経験談】

副業 禁止 会社

こんにちは、さんパパです!

読者さん
会社が副業を禁止してる

でも給料が少ないから副業したい

いったいどうしたらいいんだろう

実際に副業禁止の会社で副業していた人の話を聞いてみたい

そんな疑問にお答えします。

僕の会社も副業禁止でしたが、結果的に4年間副業を実践。

100万円近く稼いで確定申告していましたが、バレずに済みましたのでお話ししますね。

※この記事に書いてあることは、僕なりの解釈をしながら、ある程度の腹を括って(リスクを受け入れて)実践したことです。

副業が禁止の会社で副業するつもりなら『リスクゼロ%はあり得ない』ことは覚えておきましょう。

広告

目次

副業禁止なんだけど、どうすればいい?

僕の会社も副業禁止とはいえ、いくつか抜け道がありそうだったので、以下の順に確認しながら実践することにしました。

副業禁止の会社で副業するための準備
手順①:社内規則を確認

手順②:経理の人にさりげなく聞いた

手順③:ネットビジネスならいけると判断した

手順①:社内規則を確認

まず最初にやったのは社内規約の確認です。

実は風のうわさで『株をやったり、親から引き継いだ不動産経営をしている人がいる』という話を聞いていました。

そこで社内規約を確認してみたのですが『他者に雇われて就業すること』が禁止であり、どうやらそれ以外であれば大丈夫っぽい表記になっていたんです。

手順②:経理の人にさりげなく聞いた

経理部の人と仲が良かったので一緒に食事をした時に『うちの会社って副業ダメなんですか?』って知らんぷりして聞いてみたんです。

そしたら『建前上はダメだけど・・・』みたいなちょっと濁した表現だったんですよね。

で、『〇〇さんは株をやってて、〇〇さんは不動産やってるみたいだけどいいんですか?』って聞いたら『なんかそうらしいね。一応はダメなんだけど・・・黙認してるのが正直なところかなぁ』という感じ。

ただ『アルバイトとかで他の会社に雇われるのはダメ』とハッキリ言っていたので、雇われなければいいんだと思いました。

手順③:ネットビジネスならいけると判断した

経理の人に聞いた時はすでにネットビジネスをやっていたのですが『家でブログ書いてるだけだから』と言えば押し切れると勝手に判断しました。

もし何か言われたら『パチンコはダメですか?株はダメですか?競馬はダメですか?競艇はダメですか?オークションはダメですか?』と思い浮かぶものすべてを聞いてやろうと(笑)

経理の人いわく副業を禁止にする理由って『副業やると本業に支障が出るから』だそうで、いかにもネットがなかった昔のなごりという感じがしました。

ネットビジネスなら雇われているわけでもないし、家でパソコンカタカタやってるだけなので、YouTube見てたりスマホゲームしているのとあまり変わらないですからね。

徹夜でゲームして、超眠そうな顔して会社に来てた人もいたし、それに比べたら全然いいじゃないかって(←このあたりはポジティブに判断してました)

副業が会社にバレるパターン

一応、念には念を入れて副業が会社にバレるパターンも調べました。

副業が会社にバレるパターン
パターン①:住民税でバレる

パターン②:副業してると周りに言ってしまいバレる

パターン③:ブログやSNS上に顔や名前が出てバレる

注意点①:住民税でバレる

サラリーマンは副業の所得が20万円を超えると確定申告をしなければならないのですが、例えば100万円を副業で稼いで確定申告すると、本業の収入+100万円がその年の所得になります。

住民税は前年の所得から計算されるので、経理の人が『あれ、この人、給与額に比べて住民税が高い。給料以外に収入があるのでは?』気づき、バレたりするようです。

注意点②:副業してると周りに言ってしまいバレる

僕もそうだったのですが、副業してることってどうしても誰かに言いたくなっちゃうんですよね。

特に利益が出た時とか『ブログ書いて収益出たんだ!このまま行ったらマジで脱サラできるかも!』みたいな(笑)

ポロっと言ってしまったが最後、どこかのタイミングで同僚が『そういえばさんパパ副業してるらしいっすよ』とチクってバレる感じです。

注意点③:ブログやSNS上に顔や名前が出てバレる

今だとYouTubeが流行ってますが、顔を出してる人も多いですよね。

SNSは会社にも必ずやってる人がいるので、あなたの媒体が大きくなればなるほどバレる可能性が高くなります。

会社にバレずに副業を実践した方法

上記の結果を踏まえ、僕が副業をバレないように気を付けたのは以下の通り。

会社にバレずに副業を実践した方法
方法①:副業していることを誰にも言わなかった

方法②:顔出しは一切しなかった

方法③:確定申告が必要になった段階で税理士に相談した

方法①:副業していることを誰にも言わなかった

在職中、副業していることは信頼できる1人の同僚を覗いて、会社関係者には一切言わなかったです。

これは自分なりのルールとして決め、脱サラした今も副業していたとは伝えていません。

脱サラする時に『どうやって食べていくの?』といった質問をされた際も『とりあえずゆっくりしてから決める』と濁していたくらい徹底してました。

方法②:顔出しは一切しなかった顔出しは一切しなかった

今もそうですが、僕は顔出しをしていません。

理由は会社にバレるのが嫌だったから。

まったく稼げていない時期に会社にバレ、副業を禁止されたり解雇されたらそれこそヤバいですからね。

僕が初めてブログのノウハウを教えてもらった人も顔出しせずに年間2000万くらいの利益を出していたので、それくらいなら顔出しせずにいけると思ったのもあります。

方法③:確定申告が必要になった段階で税理士に相談した

副業の確定申告が必要になった時点で、税理士さんを探してお願いしました。

税理士紹介ネットワーク

そして『副業禁止だから会社には言いたくない』とダイレクトに相談しました(笑)

実際にお話をした時は『会社にバレることはないです』という話はされていましたし、僕もバレることはなかったです。

これに関してはネットを調べても不安が解消されることがないと思うので、副業を本格的に始めたり、すでに申告が必要な報酬に達しそうな時は1度、相談してみるといいと思います。

副業禁止な会社で実践するおすすめの手順

独立前提で副業を始める

副業するなら月1万円増えればいいとか中途半端な考えは捨て、最初から独立するくらいの気持ちで取り組んだ方がいいです。

小さな目標にすると1週間くらい実践して稼げないとすぐに諦めてしまったり『これだったら残業していた方がマシ』みたいな気持ちで挫折します。

僕は『パソコンの知識や副業をする時間が1日1時間しかない自分が数ヵ月で月100万稼げるわけがない』と思っていたので、最初から『3年後に脱サラする』ことを目標に副業を実践し始めました。

だから1年たっても100円の収益しか出なかった時、『おぉ、ちゃんとやれば収益が出るのか!』と感動したし、その時に『1年やって100円かよ。これなら残業した方がいいわ』と思っていたら、今の子供と遊んで暮らす人生にはたどり着かなかったと思います。

最初の1年間は助走期間にする

これは自分の経験や他の方を見ていて思うことですが、副業ブログなどのネットビジネスを実践するなら、最初の1年は助走期間にした方がいいです。

要するに『稼ぐためのスキルを身につける時間』ということです。

スキルのない状態で書いたブログとスキルを身につけてから書いたブログは、同じ時間をかけた記事でも記事の質が全然違います。

1記事2記事10記事100記事と積み重ねた時、前者はまとまりのないブログになり作り直し。

後者は最初から戦略的に作っているので着々とアクセスや収益が伸びている。

そういったことがリアルに起こるため、急がば回れ精神で先にビジネススキルを身につけた方がいいです。

収益が出たら拡大しながら維持する

ネットビジネスはレバレッジ(拡散力)が効きやすいので、どこかで突然、大爆発が起こります。

『0円→0円→100円→1000円→10万円!』みたいな。

そうなった時に大事なのはその10万円を維持することで、そこで大事になってくるのが『助走期間で身につけたビジネススキル』です。

このスキルないと一発や芸人みたいに単発的な収入で終わるため、セミリタイアすることができません。

上記の手順で実践すれば会社にバレた時の被害も少ない

『目標は大きく決める』

『そのためのスキルを身につける』

『実践する』

この手順で実践すれば万が一、副業がバレた時にも言い訳しやすいです。

例えばスキルを身につけている段階でバレたとしても『会社を大きくするためにビジネスの勉強をしている』と言いわけできます。

実践の初期段階でバレたとしても『収益が出てないので副業じゃなくて趣味ブログです』とごまかせます。

収益が10万円を超えた時にバレてしまったら、腹を括って脱サラするのもアリです。

実は僕もビジネスの学びを終え、作った仕組みを世に公開してすぐ転勤告知を受けました。

当然、家族を養っていくには不安しかなく、会社の給料がゼロになってしまうことに恐怖したのですが、すでに学び終えたビジネススキルと作った仕組みを信じで脱サラに踏み切りました。

その結果『月40万→月70万→月200万』といった感じで収入が伸び、2年たった今も安定した生活を維持できています。

自分で稼ぐスキルを身につけ、仕組みさえ作ってしまえば『あとは飛び立つだけ状態』ですので、まずは極力、身バレするリスクを抑えながら自己成長に時間をかけながら実践していくのが良いと思います。

以下の記事も参考にしてください。

転勤断って子供と遊んで暮らす人生を現実化する7つの手順【超重要】

副業禁止なんだけど、どうすればいい?【一問一答】

会社にバレず副業するなら何がおすすめ

リスクの少ないネットビジネス(ブログなど)がいいと思います。

投資系はリスクが高く、熱くなって給料以上の賭け方をして破産した人を何人も見ているので。

それと副業禁止であればバイトなどで雇われるのは厳禁です。

掛け持ちでのバイトなどをすると基本的に特別徴収されるので、住民税が会社に行ってバレるそうですのでやめておきましょう。

ブログを始めるなら以下の記事を参考にメリットやデメリットを確認してみてください。

助走期間では何を学んだらいいの?

個人的なおすすめはビジネススキルです。

『子供と遊んで暮らすためにどういった収入源を作り出せばいいのか?』ということ。

実現のために絶対に必要なのは『お金と時間』ですよね。

年収1000万あっても、子供の寝顔しか見れない程、仕事に時間を使っていては意味がありません。

子供と寝起きし、学校に行ってる時間だけ仕事をして、帰ってきたら一緒に遊ぶ。

『こんな暮らしを実現させるにはどうすればいいのか?』ということです。

この答えを知らずに副業を始めても、ゴールにたどり着く途中の段階で道にそれ、挫折してしまうので先に現在地からゴールまでの道筋を繋げられるビジネススキルを身につけましょう。

僕がビジネススキルを身につけた教科書は『子供と遊んで暮らすための教科書【全5部作】』でプレゼントしているので参考にしてください。

奥さん名義で副業すればバレないのでは?

僕も最初はこれをやろうと思って調べたところ、奥さん名義で副業すればほぼバレないし、バレても問題はないです。

ただ万が一、税務調査が入った時、奥さん名義であれば奥さんが質問されたことに対して答えなければならないので、実際にやっているのが自分であれば、多分答えられないと思うので、その場合、修正申告する必要が出てくるようです。

要するに『この活動をやっているのはあなたなんだから、あなたから税金取りますよ』ってことです。

追加徴税とか取られてヤバいことになるって話も見かけたので、奥さん名義で副業しようとしてる方は、そのあたりのリスクについてしっかり調べてからやった方がいいです(個人的にはおすすめしないです)

ブログなどを実践する場合、顔出しする必要はありますか?

月100万稼いで子供と遊んでくらすことを実現したいなら顔出し不要です。

それ以上を目指すなら必要かもしれませんし、もしかすると今後、必要になる可能性はあります。

2020年4月時点においての見解としては『顔出しはしなくてもOK』です。

住民税を普通徴収にすれば絶対バレませんか?

これは分からないです。

普通徴収にすればバレないとは聞いていますが、僕は税金のプロではないので。

経験談としては『ネットでいろいろ検索しましたがあまり意味はなく、税理士さんに直接、聞いた方が早い』です。

税理士紹介ネットワーク

ネットに書いてある情報はブロガーが他のブログをリライトしたような記事が多く、あまりあてにならない気がします。

公務員なのですが副業しても大丈夫ですか?

公務員の方は副業がバレると大ごとになるのでよく考えてから実践した方がいいと思います。

僕だったらとりあえずビジネススキルを身につけて、趣味ブログを作って、アクセスを大量に集めることを目的に実践するかなと思います(それすら禁止な場合があるかもしれないのでそこは調べてください)

僕の中では『副業=収益が発生する活動』だと思っているので、アクセスを集めるだけなら副業と認められない可能性が高く、十分にアクセスが集まった状態でマネタイズすれば収益は一気に伸びるので、ギリギリまでリスクを押させられるかなと思います(あくまでセミリタイアすることが前提でのお話です)

まとめ:副業禁止なら時間をかけ、リスクを極限まで抑えながら実践する

最後にまとめです。
副業禁止な会社で副業する場合はできるだけ目立たないようにやりましょう。

これは絶対です。

そしてもう1つ大事なのは『時間軸を長くとる』ということ。

副業を実践して一番最悪なのが『稼ぐスキルがない状態で月数万円の利益がでてしまい、それが会社にバレて懲戒免職』です。

収入が少ない段階で会社にバレても、自分で稼ぐスキルを備えた後であれば家族を養っていくことはできます。

でもスキルがない時点で月100万稼げても継続できなければ家族を養っていけません。

よって収益化を急ぐのではなく、時間をかけて会社以外の収入を作るための知識を学び、1つ1つ仕組みとして構築し、ある程度の目途が立ってから収益化を一気に行うのが副業から脱サラするための一番安全な方法だと思います。

というわけで、少し長くなりましたが今回は以上です。

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら