30代で年収1000万は絶望的【でも行動を変えれば達成は可能】

30代で年収1000万を稼ぐための方法を解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
30代で年収1000万稼ぐのって無理?

実際に年収1000万稼いでいる人ってどれくらいいるの?

30歳で年収450万なんだけど、このままいくとどうなる?

30代で年収1000万稼ぐための現実的な方法を教えて欲しい

こういった疑問にお答えします。

僕は34歳の時に脱サラしましたが、その時の年収は500万円程でした。

当時はなぜか年収1000万に憧れ、その方法を模索していたのですが、今ならその方法をハッキリお伝えできるので共有しておきますね。

広告

30代で年収1000万は絶望的←経験談です

30代で年収1000万は絶望的

現実的な話として30代のサラリーマンが年収1000万を達成できるのって4%らしいです。

統計データから見る30代の年収分布

以下は2018年時点における世代別に見た年収1000万以上稼ぐ割合のデータです。

年収1000万の割合データ

年収1000万の手取り(所得税・住民税の計算)や人口割合などの総合データベースより引用

ざっくり30代の25人に1人は年収1000万円を超えてることになるので、多いといえば多い気もしますが・・・。

これが罠だったりします。

友人に年収1000万稼ぐ人はゼロだった

先ほどお伝えした通り、僕が10年勤めた会社での年収は500万円前後でしたが、それは僕にとって普通のことでした。

というのも友人と飲みに行って話をしても、独身者の多くは僕よりも年収が少なく、年収1000万稼ぐ人なんて皆無だったからです。

でも、よくよく調べてみると、世の中には年収1000万稼ぐ同世代の人がいるわけです。

その現実を考えた時、僕は1つの結論に至ったんですね。

さんパパ
もうサラリーマンとして30代で年収1000万を達成するための競争は終わったんだな

自分たちは競争に敗れ、30代で年収1000万という世界には絶対に到達できない

自分自身、親、友人、上司、同僚・・・。

周りにいるどんな人を見ても30代で年収1000万に到達していなかったのですから、自分だけもらえるはずもありません。

20代までに頑張った人しか達成できない

結論として30代で年収1000万をGETするには、20代までにどれだけ実績を積み上げるかにかかってます。

■良い大学に行く

■上場企業に就職をする

■会社でしっかり結果を出す

この3ステップをこなさないとほぼ絶望で、もっと言えば入社した会社ですべてが決まります。

事前に会社の給与体系などを調べ『30代で年収1000万円をもらっている人のいる会社でなければ自分が1000万もらうのは無理』ということです。

そしてそれを事前に調べておかなかった僕は、年収1000万とは無縁の世界をさまよう状態になっていたわけです。

中小企業のパパが30代で年収1000万を得る現実的な方法

中小企業のパパが30代で年収1000万を得る現実的な方法

上記はあくまで『サラリーマン(雇用される側)としての話』であり、そこから脱却すれば実はチャンスは無限にあります。

戦うフィールドを変える

30代で年収1000万必達の戦略は戦うフィールドを『企業』から『個人』へと切り替えることです。

■企業:あらかじめ対価が決まっている

■個人:自分の力で対価を無限に増やせる

企業:あらかじめ対価が決まっている

企業では出世争いという競争が起こりますが、他人を出し抜いて出世したところで、得られる給料は決まってます。

課長の基本年収が700万の会社であれば、年齢によって差はあれど、年収1000万に到達する可能性はゼロです。

仮に部長で年収1000万もらえたとして、30代の若さで部長になれる人が一体どれだけいるでしょうか。

一部のエリートが集まる企業であれば平社員でも年収1000万に到達するかもですが、すでに就職をして所帯を持ったパパには非現実的です。

個人:自分の力で対価を無限に増やせる

30代で年収1000万突破したいけど今の会社で無理なら、出世や転職を考えるよりも個人で稼ぐ力を伸ばした方が良いです。

例えば自分の得意なことをブログやTwitterで発信してみましょう。

情報を発信すると似たような価値観の人が集まってくるので、そこから輪が広がり影響力を持つことができます。

影響力を持つと商品を紹介したり、広告を貼りつけておくだけで収益が発生するようになり、その可能性は無限大です。

20代で年収1000万達成してる人もいますし、世界には10代で億を稼ぐ人もいたりします。

学歴なども関係ないので、人生やり直したい人はガチでやれば人生逆転できます。

安全な形で年収1000万を目指す

当時の僕みたいに妻子持ちであればリスクは取れないので、安全な方法で動きましょう。

■会社依存の思考を正す

■1日のうち数時間を未来に投資する

■投資した時間が実を結ぶのは数年後と理解する

会社依存の思考とは『パパは会社に行って働くもの』という常識を破壊するということです。

新型コロナウイルスの影響で外出規制となり、テレワークが話題となりましたが、今は自宅での仕事が許される時代です。

これは言い換えると『自宅でも仕事ができる=自宅で稼ぐことができる時代になった』ということです。

この利点を生かし、サラリーマンとして働きながら過程を維持しつつ、副業テレワークを実践するのです。

その結果『給与+副業で収入が発生する』という二重取りの状態が実現でき、年収1000万の突破が現実味を帯びてきます。

具体的な時間投資の方法は『既婚者だけどサラリーマン辞めたい人にアドバイス【人生の歩み方】』で解説しているので参考にしてください。

これから年収1000万を目指す人におすすめな道のり

僕は30歳の時、3人の子供を抱えながら年収1000万への道を目指し始めましたが、その経験から以下の手順がおすすめです。

30代で年収1000万を突破する方法
①:仕事はやめない

②:生涯報酬を逆算して現実を確認

③:転職・出世という常識を捨て去る

④:1000万突破に足りない収入を副業で稼ぐ

⑤:副業の収入だけで1000万突破を目指す

これが一番です。

というかこれ以外の道はないと思っていいです。

出世で年収1000万突破できないのはすでにお伝えした通りで、転職に関しても同じです。

そのようないい条件があれば求人は殺到しますし、もし実現可能だとしても想像を絶する労働が待っているでしょう。

投資系などに興味を持つ人も多いですが、ギャンブル性が高く、資金を持ってないとダメです。

僕も競馬にハマって大金を失った黒歴史があるので分かりますが、お金を増やすなら勝負するのは避けましょう。

コツコツと地力を積み重ね、必然的に稼ぐのが結果的に人生を安定した軌道に乗せる手段です。

最後によくある質問にお答えして記事を終わりますね。

30代で年収1000万稼ぐ方法に関する一問一答

30代で年収1000万は絶望的に関する【一問一答】

副業は何をやった方がいいの?

おすすめはブログやTwitterなどの情報発信と呼ばれるものです。

ざっくりですが理由は下記の通り。

■自宅でもできる

■お金がかからない

■継続すれば何かしらの成果が出る

■年収1000万プレイヤーが現実にいる

サラリーマンでも確実に積み上げられることが大きいですね。

具体的なやり方は下記をご覧ください。

副業が禁止されてるからできない

僕の会社も副業禁止でしたが、特にバレることなく実践していました。

詳細は『副業禁止なんだけど、どうすればいい?【内緒で4年間続けた経験談】』を参考にしてください。

お金を目的に仕事するのは違う気がする

確かに言いたいことは分かりますが、現実としてお金を稼がないと生きていけません。

冷静に考えて、子供の頃から勉強して、良い学校に入って、良い企業に就職して、出世するというのはすべて『お金を稼ぐための行動』です。

そして残念な話ですが、解釈によっては『僕らはお金を稼ぐために生きている』ともいえるわけです。

ということは、最初からお金を稼ぐ行為を受け入れたうえで稼げる仕事をするというのは、正義ではないかなと今は思ってます。

これについては『『お金の話』仕事するほど未来が理想に近づくものをやる【優先順位】』という記事で考察しているので読んでみてください。

まとめ:パパでもあきらめなければ30代で年収1000万は可能

僕は副業を始めてから家では副業という仕事のことばかりを考えてました。

■会社にいる時間
→会社の仕事のことを考える

■それ以外の時間
→副業の仕事のことを考える

会社で立場が上がると『兼務』という形でいろんな役割が与えられると思いますが、そこに『副業主任』みたいに加える感じです。

僕は仕事ならやるのに副業ならやらないっていうのは甘えだと思っていたのと、仕事を頑張っても年収1000万になることはないと確信したので副業も本業以上に頑張りました。

しんどかったのは最初だけで、慣れれば意外と継続できます。

新卒1ヵ月目とか仕事やめたい人が多いですが、社歴40年の人は会社をやめることに寂しさを感じたりします。

慣れっていうのは自分の人生を良くも悪くもするので、良い方向に自分を慣れさせ、楽しい人生を手に入れましょう。

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら