サラリーマンに疲れた人がやるべきこと【お金稼ぎのスキルUPです】

サラリーマンに疲れた人生から抜け出す道のりを解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
毎日会社に行くの疲れた

このまま定年まで働くのはしんどい

管理職を目指して頑張ってきたけど、なってみたら仕事漬けの日々にうんざり

サラリーマン続けるの疲れたんだけど、何かいい方法があれば教えて欲しい

こういった方の疑問を解決します。

僕は30歳の時、3人の子供を抱えながらサラリーマンとして働き続ける未来に絶望しました。

それから4年後に会社からの転勤を断って脱サラし、現在は在宅起業家として子供優先の日々を送ってますが、きっかけはお金稼ぎについて学んだことでした。

広告

サラリーマンに疲れた人はお金稼ぎをするべき

サラリーマンに疲れた人はお金稼ぎをするべき

サラリーマンは疲れても続けなければ生きていけないので、そのしんどさは一生続きます。

逆に自分でお金を稼げるようになると人生が楽になります。

仕事ができる人ほど不利な状態になりやすい

サラリーマンを10年やって思うのは、仕事ができる人ほど不利だということ。

サラリーマン時代の悩み
■仕事で成果を出しても給料が増えない

■仕事のできない先輩の方が給与が高い

■いろんな提案をしても通してもらえない

■自分が出した案を上司に取られて評価されない

■出世をせずに指示待ちでいる人に文句を言われる

■出世するほど昇級よりも責任や拘束時間の方が増える

■中間管理職になると上司と部下の板挟みで自分の仕事が進まない

全員がそうとは言いませんが、少なくとも僕はこのような部分に疑問を感じてました。

そんな中『あえて出世しない』という先輩社員がいて、彼は周りとの関係は冷え切っていましたが、残業もせずに帰宅していたため、一番良い働き方をしていた気がします。

時間売りの人生から抜け出すことが必要

当時の僕の年収は500万円ほどでしたが、そのために以下の条件で働いてました。

■年収:500万円(残業、賞与込み)

■1日の平均労働時間:9時間

■1年の平均労働日数:240日

■平均時給:2300円

これ以外にも通勤や資格などを取るために勉強した時間などもあるため、もろもろ含めると時給は2000円を下回っていたと思います。

逆に起業してからは収入もそうですが、精神的なストレスがゼロになったので疲労とは無縁の状態になりました。

■本の読みすぎ

■スマホの見過ぎ

■子供との遊びすぎ

■家族と外出した後

最近の僕が疲れを感じるのはこれくらいで、それ以外は疲労とは無縁の状態を送ってます。

それは疲れたらいつでも休むことができるので、疲労回復に時間を使えるからです。

サラリーマンと今の生活、どちらが人生楽しいかって言うと、僕は今の人生だなって思います。

こうした人生を手に入れるには、自分の命を削ってお金を稼ぐという時間労働の世界から抜け出すことが必要になります。

新型コロナの影響でテレワークを含めた在宅での仕事が話題になりましたが、今後はさらにその傾向が加速していくはずですし、70歳ともいわれる定年まで働きたくないなら自分で稼げるようになっておくべきです。

自分で稼ぐ力を身につければサラリーマンを続けても楽になります

僕は30歳の時に残りの人生を逆算的に考え『このまま生きていたら仕事に人生忙殺される』と未来に恐怖しました。

その結果、自分でお金を稼がないとダメだと考えブログやアフィリエイトといった副業に手を出していったのです。

結果的に自分で稼ぐスキルを身につけたことで、サラリーマンとして出世することができ、仕事も効率化できていきました。

理由は『経営者スキル』を身につけたことで、自分で働かずに仕組みに仕事をさせるという手法を学んだからなのですが、詳しくは下記でお話しします。

やることはサラリーマンを抜け出した人との距離を縮めること

最初にやることはサラリーマンを抜け出した人との距離を縮めること

お金稼ぎをするといっても、普通の人は掛け持ちでアルバイトをしたり、株やFXなどの投資をするといった『人に雇われてお金を稼ぐこと』しかイメージできないと思います。

そのため、まず最初にやるべきは自分で働かない世界を知ることです。

おすすめはサラリーマン思考を破壊すること

日本の教育はサラリーマンを育成するためにあるので、学校を卒業すると会社に入って働くのが当たり前です。

みんな一斉に就活をして、内定をもらって、卒業旅行に行って、40年勤めるのが偉いという考え方。

僕も30歳までその思考に染まっていましたが、サラリーマンを数年続けた頃から違和感を覚え『そもそも何故、会社で働かなきゃいけないんだろう』と思いました。

そして外の世界を見に行ったんです。

するとそこには30年かけて積み上げてきた僕の常識とは真逆の人生を過ごしている人たちがいました。

誰も教えてくれなかった世界
■自分より若い人が年収1億円

■子供の休みに合わせて仕事を休むパパ

■海外旅行に行ってるだけで400万稼ぐ起業家

■20代で億を稼いで就職せずにセミリタイアした学生

■1年以内に1億円事業を次々を立ち上げ、成功させる経営者

サラリーマンを続けていたら絶対に知ることのできない人々がそこにいました。

あなたもサラリーマンとして働くことに疲れたなら外の世界を覗き、今まで信じてきた世の中の常識とは違った空気に触れてみると、人生の違う側面が見られると思います。

僕の場合:社畜で終わる未来に絶望→回避するために行動

僕は大学を卒業後に就職した会社を10ヵ月でリタイアし、1年弱ですが無職の時期がありました。

理由は会社に拘束される人生になじめなかったことで、一言で言えば根性なしです。

それから結婚を機に就職したのですが、そこでも最初はずっとやめたいと奥さんに愚痴っていて、子供が産まれてからもそれは変わりませんでした。

ちなみに外の世界を見ると金銭感覚がバグります。

会社では手取り20万が相場ですが、起業家の世界になると月100万では何の自慢にもなりません(むしろ少ない方です)

わざと違う世界を見に行って、感覚をバグらせることは、モチベーションを上げる原動力にもなるので結構おすすめです。

失うものは何もないので、とりあえずやってみるべき

ブログを事例にしましたが、別にブログじゃなくてもいいと思います。

今はブロガーよりもYouTuberの方が知名度も人気も高いし、副業でもできますからね。

失敗したらサラリーマンを続ければいいだけなのでリスクもなく、成功したら儲けものです。

一番マズいのは『副業が禁止ということを理由に行動しないこと』です。

サラリーマンに疲れた人が家に帰って早く寝ても、本当にその疲れが取れるのは頭が真っ白になった定年を過ぎた先です。

その頃には体のどこかに別の問題が生じている可能性が高く、結局は疲れっぱなしの人生になる確率の方が大きいと思います。

失うものがないのですから、とりあえずやってみましょう。

サラリーマンとしての疲れから解放されるためにやること

サラリーマンとしての疲れから解放されるためにやること

お金を稼ぐには自分への投資が必須です。

投資とはお金と時間です。

まずやるべきは時間労働の常識を壊すこと

とりあえず今、この瞬間から『大人になったら毎日会社に行って働くもの』という常識を捨てましょう。

別に3人のパパでも会社に行かず生きていけるし、世の中にはそういう世界があるということを知ることです。

とはいえ、いきなりイメージするのは難しいですよね(僕も同じ立場だったので気持ちはよく分かります)

僕の場合はその時に出会った『次世代起業家育成セミナー』という動画を見て常識の破壊に成功したので、まだ見たことのない人は見てみると良いです。

すでに見たことのある人は以下の書籍も参考になるのでおすすめなので読んでみてください。

【悲報】自分の価値観で行動しても未来は変わらない

注意点として自分の価値観で行動するのは時間のムダになるのでやめましょう。

サラリーマンとは違う世界で結果を出したいなら、新しい情報を仕入れてアウトプットするしかありません。

自分に合うかどうかはそこで判断するしかなく、疲れた疲れたといいながら毎日仕事に行っても、その疲れが取れることはないです。

口だけは達者で文句ばかり言うだけの人と、疲れてるけど今の状況を打開したいから行動する人。

どっちがその後の人生を理想的なものにするのか、考えなくても分かりますよね。

まずは1日1時間、自分に投資しよう

おすすめの動画と書籍を紹介しましたが、通勤時間や会社の昼休みなどの空き時間を使って動画を見たり、音声を聞いたり、本を読みましょう。

新しい知識を取り入れることで頭が良くなり、思考力や想像力がアップします。

すると今まで見えなかった『何か』が見えるようになり、日常に変化が起こり始めます。

僕の場合だと『これってブログのネタになるな』『これをやれば人気出るだろうな』みたいな感じです。

現実を変えるのはちょっと大変ですが、今のままサラリーマンを続けても疲れる人生から抜け出せる確率は低いので、とりあえず行動してから決めてください。

というわけで今回は以上になりますが、このままページを離脱するのか、ちょっと戻って動画を見たり本を読んだりするのか。

『その小さな行動1つがあなたの未来を作り上げているんですよ』という一言を加えて終わりにしたいと思います。

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら