ブログキーワードの正しい入れ方とは【実際の記事を使って解説】

ブログキーワードの入れ方について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
ブログのキーワードってどうやって入れるの?

検索上位表示するためにキーワードを入れた方がいい場所ってある?

記事タイトルにはキーワードを入れてるけど、他にも入れた方がいいの?

ブログキーワードの入れ方について実例を使って解説して欲しい

上記の疑問にお答えします。

本記事の信頼性
この記事を書いている僕は3人の子供を抱えながら30歳の時にブログを書き始め、34歳で脱サラし在宅起業家となりました。

副業時代だけで1000記事以上を執筆し、このブログも現時点で170日以上連続投稿しています。

ブログは記事ごとにキーワードを決め、適切に入れていかないと上位表示させることが難しいです。

これからブログを始める人はもちろん、上位表示されずに悩んでいる人は本記事を参考にキーワードの入れ方について確認してみてください。

尚、ブログキーワードの選び方については『ブログキーワードの探し方【作業内容・手順をそのまま公開します】』で解説しています。

広告

ブログキーワードの正しい入れ方とは

ブログキーワードの正しい入れ方とは

ブログ記事にキーワードを入れる場所は以下の通りです。

キーワードを入れる場所
場所①:記事タイトル

場所②:H2タグ

場所③:本文

場所④:メタディスクリプション

順番に解説します。

場所①:記事タイトル

まずは記事のタイトルにキーワードを入れます。

例えば『ブログ 公開 タイミング』というキーワードを狙う場合、記事タイトルにも『ブログ』・『公開』・『タイミング』というキーワードを仕込みます。

上記の通りで、狙ったキーワードは必ずタイトルにも記載するようにしましょう。

尚、記事タイトルのつけ方については『ブログタイトルのつけ方22選【クリック率が倍増する王道ネタ暴露】』をご覧ください。

場所②:H2タグ

続いて入れるのは『H2タグ』で囲った場所ですね。

ブログキーワードの入れ方1

上記の通りで『H2タグ』の場所にもキーワードを入れています。

検索エンジンから正しく評価をしてもらうためには、記事タイトル以外に『H2タグ』でアピールすることも大事なので覚えておきましょう。

場所③:本文

本文にもキーワードを入れますが、特に決まった場所はなく、話の流れの中で違和感が出ないように入れる感じで良いです。

ブログキーワードの入れ方4

一般的に本文のキーワードは文章全体の3%位が良いとされているため、多く入れれば良いというものでもありません。

それよりも読者さんが読みやすい文章を書くことに専念した方が長期で見ると集客やファン化につながると思います。

場所④:メタディスクリプション

検索結果に表示される『メタディスクリプション』にも必ずキーワードを入れます。

ブログキーワードの入れ方2

ここにキーワードを入れると検索表示された時『太字』になるので、悩みを解決したい読者さんがクリックする可能性がアップします。

ブログキーワードの入れ方3

上記の通りで、記事キーワードとメタディスクリプションの内容が食い違うと読まれる確率が下がってしまうため、公開前に設定しておきましょう。

メタディスクリプションの設定方法は『メタディスクリプションとは?【ブログのクリック率UP方法も伝授】』で解説しています。

ブログ記事にキーワードを入れる時の注意点

ブログ記事にキーワードを入れる時の注意点

ブログ記事にキーワードを入れる時の注意点についても触れておきます。

ブログ記事にキーワードを入れる時の注意点
注意点①:キーワードは左側に寄せる

注意点②:H3タグ以下は入れてもいれなくても良い

注意点①:キーワードは左側に寄せる

タイトルやH2タグのキーワードは左側に寄せた方がSEOに良いとされています。

例えば『ブログ』『公開』『タイミング』というキーワードを狙う場合は下記の通りです。

○:ブログを公開するタイミング【ベストな時間帯の調べ方も公開】

×:【ベストな時間帯の調べ方も公開】ブログを公開するタイミング

ちなみに無理やり左側に寄せて文章の意味が崩れてしまうなら、無理に寄せる必要はありません。

僕も狙ったキーワードが真ん中くらいに来ていることもありますし、左側を意識しつつ、違和感がなく、魅力あるタイトルを付けるという感じです。

注意点②:H3タグ以下は入れてもいれなくても良い

記事によっては『H3タグ』『H4タグ』を使ったりするかと思いますが、無理にキーワードを入れる必要はありません。

基本的には『H2タグ』にキーワードを入れ、『H2タグ』に入れられなかった時だけ、『H3タグ』に入れるかどうかという感じです。

ブログキーワードの入れ方5

初心者がキーワードを入れる時の作業事例

というわけで今回は短めですがこれで終わりにしたいと思います。

最後にキーワードの入れ方についてのコツを伝授すると『他の人の記事をパクればOK』ということです。

例えば僕のブログ記事はほぼすべて、キーワードを意識して作りこんでいるので、研究対象として読むのは効果ありです。

手順①:僕のブログ記事を開く
ブログを公開するタイミング【ベストな時間帯の調べ方も公開】

手順②:あなたのブログ執筆ページを開く

手順③:僕の記事を左側、あなたのページを右側に置く

手順④:僕の記事を参考にあなたの記事タイトルを決める

手順⑤:僕の記事を参考にあなたの記事のH2タグを決める

手順⑥:本文を執筆する

手順⑦:僕の記事を参考にあなたの記事のメタディスクリプションを決める

上記の通りで、僕がブログを勉強していた頃はこんな感じで『すでに上位表示されてる人の記事を参考に構成をパクる』ことを良くしていました。

※キーワードや記事内容をそのままパクるのはNGというか意味がないです。二番煎じになるので上位サイトに勝つことができず労力の無駄になる可能性が高く、そこは別の言い回し(キーワード)を考えましょう

これによって自力で記事を書くよりまとまりのある文章ができ、かつ、キーワードもしっかり盛り込んだ記事に仕上がるはずなので参考にしてみてください^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら