ブログキーワードの探し方【作業内容・手順をそのまま公開します】

ブログキーワードの探し方について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
ブログのキーワードってどうやって探すの?

どのくらいのキーワードを探したらいいのか分からない

そもそもキーワードを探さないでブログ書いちゃダメ?

実際にキーワードを探してる作業の様子を見せて欲しい

僕が毎日、ブログを書きながら意識してることをそのまま紹介します。

ブログ初心者から伸び悩んでいる中級者まで超役に立つので、繰り返し読んでご自身のスキルにしてください。

広告

ブログキーワードの探し方

ブログキーワードの探し方

ブログのキーワードは以下の手順で探していきます。

ブログキーワードの探し方
手順①:大きなキーワードを決める

手順②:ラッコキーワードを使って複合キーワードを探す

手順③:複合キーワードを全てコピーする

手順④:キーワードプランナー開いてキーワードを貼り付ける

手順⑤:検索ボリューム100以下を探す

手順⑥:狙ったキーワードの上位サイトを調査

順番に解説していきます。

手順①:大きなキーワードを決める

まずはブログのジャンルにあった大きなキーワードを決めていきましょう。

例えば『テニスブログ』を作っているのだとしたら『テニス』が大きなキーワードになります。

料理ブログであれば『料理』『献立』とかそういった感じですね。

手順②:ラッコキーワードを使って複合キーワードを探す

キーワードが決まったら関連キーワードを全部出していきます。

出し方は『ラッコキーワード』を使えば一発検索できるので便利です。

ためしに『テニス』というキーワードを入れてみると以下のように出てきます。

ラッコキーワード検索画像1

手順③:複合キーワードを全てコピーする

検索結果上部の右にある『コピー』をクリックすると、一覧で出てきたキーワードすべてをコピーすることができます。

ラッコキーワード検索画像2

尚、ラッコキーワードの詳しい使い方については『ラッコキーワードの使い方【やはり神ツール、アクセス増えます】』で解説しているので参考にしてください。

手順④:キーワードプランナー開いてキーワードを貼り付ける

キーワードをコピーしたら『キーワードプランナー』を開きます。

まずはグーグルアカウントにログインをして『ツールと設定』→『キーワードプランナー』の順にクリック。

キーワードプランナーの使い方1

すると『新しいキーワードを見つける』と『検索ボリュームと予測のデータを確認する』という項目が出るので、後者を選択してキーワードを貼り付け『開始する』をクリックします。

キーワードプランナーの使い方2
キーワードプランナーの使い方3

上部にある『過去の指標』をクリック。

キーワードプランナーの使い方4

『月間平均検索ボリューム』を『2回』クリック。

キーワードプランナーの使い方5

すると月に検索される平均回数順にキーワードが並ぶので、ここからキーワードを探していきます。

キーワードプランナーの使い方6

尚、キーワードプランナーの無料版だと上に表示されている『検索ボリュームの傾向』といった棒グラフや各検索キーワードの折れ線グラフは表示されませんが、ボリューム件数は表示されるのでそれを見ればOKです。

手順⑤:検索するキーワード探す

ここからはブログの強さによって戦略を変えていった方がいいと思っていて、ブログ初期段階のアクセスがない場合は『月間平均検索ボリューム100以下』のキーワードを狙っています。

逆にブログ記事が100記事を超え、アクセスも1日1000pvを安定して超え始めたら100~1000くらいのキーワードを含めて調査する感じです。

今はブログ初期の段階だとして『月間平均検索ボリューム100以下』を狙ってみます。

僕はテニスの詳しいルールが分からないので例えば『テニス ペナルティ』といったキーワードで検索するとします。

キーワードプランナーの使い方7

手順⑥:狙ったキーワードの上位サイトを調査

キーワードが決まったら検索エンジンで競合調査をします。

その場合『シークレットモード』という画像を表示すると、自分が普段見ているサイトを優先的に表示される機能がオフになるので、検索エンジンに評価されている通りの順番にサイトが並びます。

シークレットモードの画像

(シークレットモードは『Ctrl+Shift+n(Macの場合は⌘+shift+nキー)』を押すと開きます)

シークレットモードで『テニス ペナルティ』と検索するとそのキーワードで書かれた記事が一覧で出てきます。

テニスペナルティで検索した結果の画像

あとは上位サイトから順番に記事を読んでいき、内容や質、文字数などをチェックして自分が勝てそうかどうか(上位表示されているサイトよりも詳しく書けそうか)を判断します。

書けると判断したら『ブログライティングのコツ【1000記事書いてたどり着いた結論】』に沿ってひな形を作り、上位サイトが強くて勝負できないと判断した場合は『手順④』に戻って別のキーワードを探していきましょう。

ブログキーワードを探すメリットとデメリット

ブログキーワードを探すメリットとデメリット

ブログキーワードを探すメリット

ブログキーワードを探すメリット
■目的の記事を上位表示できる

■上位表示されるのでアクセス数が増える

■アクセス数が増えると集客力がUPして安定する

■記事を整理しやすくなるため重複記事がなくなる

■興味ある読者さんを呼べるのでファン化しやすい

■あなたの情報を必要としている人に届けることができる

キーワードを探す最大のメリットは『狙った記事を上位表示させられる』ということです。

上位表示されるということは多くのアクセスがやってくるようになり、1度、上位表示されるとその順位を維持しやすくなり、集客も安定化します。

さらに狙った記事というのはあらかじめ届ける読者像(ターゲットユーザー)に刺さるので、興味を持って記事を読んでもらいやすいためブログのファンになりやすいです。

ファンになるということは『あなたが好き』ということなので、継続的にブログに来てくれたり、何か商品を紹介した時に買ってもらいやすくなります。

また、1つのブログに同じ内容の記事が2つも3つもできてしまうと、ペナルティーを受けて検索順位が落ちてしまうことがあります。

キーワードを探し、整理することで重複記事の防止にもつながり、ブログを見やすい形に作っていくこともメリットの1つかなと思います。

ブログキーワードを探すデメリット

ブログキーワードを探すデメリット
■面倒くさい

■慣れないと時間がかかる

キーワードを探すデメリットは1記事ごとにキーワードを探す必要があるため面倒と言えば面倒です。

さらに慣れていないとキーワードを探すのに時間がかかり、記事執筆の時間が無くなってしまったりもします。

ただ、最終的に収益化を目的としているのであれば、ブログを上位表示させることは必須ですし、そのためには個々の記事を整理していく必要があります。

個人的なおすすめはキーワードを調べる日と記事を書く日は別にして管理することですね。

詳しくは『ブログに何を書けばいいの?【僕が使うネタの絞り出し方8選】』で解説しているので参考にしてください。

ブログキーワードの探し方に関する一問一答

ブログキーワードを探し方に関する一問一答

検索したキーワードの上位サイトが強いです

検索ボリュームの少ないキーワードでもメチャクチャ強いサイトやブログが出てきたりします。

その場合はキーワードの細分化(=複合キーワード)がおすすめです。

例えば『旅行』というキーワードで上位表示するのってすごく大変だと思うんですね。

ですので『旅行 北海道』みたいに語句を細かくします。

それでも競合が強ければ『旅行 北海道 おすすめ』とか『旅行 北海道 おすすめ 札幌』、『旅行 北海道 おすすめ 札幌 8月』みたいにキーワードをどんどん細かくしていく感じです。

キーワードを細分化するほど専門性が増すのでターゲット層は狭くなり、呼べるアクセスは少なくなりますが、初期段階ではこういった大手が参入しにくいキーワードを深堀することも大切です。

仮に細分化できないキーワードがあった場合は、検索トップを狙わず2位狙いで書くか、ブログのコンテンツ強化用としてキーワードを除外して書くか、違う言い回しができないかを考えたりしますね。

キーワードを狙って書いたけど上位表示されない

このポイントは2つです。

■ブログに入ってる関連記事数

■記事を書いてから経過した時間

上位表示されるにはブログ記事の質はもちろん、関連した記事が複数必要です。

例えば10万文字の『英語の始め方』という記事を1本書くよりも『英語の始め方』というカテゴリーを作って3000文字の関連記事を30本書いた方が上位表示を取りやすいです。

すでに英語ブログがあって、ある程度の記事を書いているなら10万文字の記事は効力を発揮するかもしれませんが、1記事2記事書いた程度で検索上位を取るのは難しいです。

また、基本的にブログを書いてから上位表示されるまでには2-3ヶ月のタイムラグがあります。

ブログを始めたばかりの状態だともっとかかるかもしれないので、ブログを始めて3ヶ月から半年くらいは様子を見た方がいいかなと思います。

参考までにこのブログの現時点におけるキーワード順位を載せておきます。

ブログのキーワード検索順位結果

今日で35日連続記事投稿してますがほとんどが圏外です(泣)

原因は記事を公開し始めて1ヵ月しか経っていないこととブログのパワーが弱いからです。

このまま100記事くらい書けば3ヶ月経つので、そうなった時にデータがどうなるかという感じですね。

キーワードを探さないでブログ書いちゃダメ?

書いてもいいですけど上位表示を取るのは運任せになるので、執筆を続けられたとしても収益化が難しいのでいつかはやめちゃうと思います。

僕も始めて収益化したブログはキーワードを無視して書いていたのですが、それでも1日2000pvくらいのブログはできました。

ただ、トレンド記事だったので更新を続けないとアクセスはすぐに落ちるし、収益化するにも商品がないのでひたすらアドセンスで稼ぐみたいな感じです。

子供と遊んで暮らすにはブログの更新をある程度ストップしても安定したアクセスを維持することが必要で、そのためにはきちんとキーワードを選んで戦略的に記事を書いていく必要があります。

よって長期的な不労所得を目指すならキーワードは必須、趣味的なブログならキーワード無視して自由に書いていいですよってことになりますね。

まとめ:ブログキーワード探しはワンパターンです

僕が実践しているブログキーワードの探し方についてお話ししましたが、ブログのアクセスアップに欠かせない作業なのでもう1度、まとめておきますね。

ブログキーワードの探し方
手順①:大きなキーワードを決める

手順②:ラッコキーワードを使って複合キーワードを探す

手順③:複合キーワードを全てコピーする

手順④:キーワードプランナー開いてキーワードを貼り付ける

手順⑤:検索ボリューム100以下を探す

手順⑥:狙ったキーワードの上位サイトを調査

この作業を面倒くさがらずに実践し、記事を書いていけば嫌でもアクセスの来るブログへと成長していきます。

SEO対策と呼ばれるものですが、検索エンジンからアクセスを集めるには時間がかかる&地味ですので、あわせてTwitterなどのSNSも利用しながら伸ばしていきましょう。

詳しいやり方については参考記事として以下に載せておくので、1つ1つ実践して人気ブログへと成長させてみてください^^

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら