趣味と仕事は両立させた方がいい話【実体験からコツも解説】

趣味と仕事は両立させた方がいい話について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

僕の1日はブログを書くことからスタートしてますが、それについて以下のツイートをしました。

毎日ブログ書いてるけど、書き終えたらその日は自由に過ごします😊

というか子供が起きる頃には執筆が終わってるので毎日遊べるし、記事ストックもあるから今すぐ旅行もいける🧳

歳を取ると体力も落ちるから、できるだけ若いうちにこの状態を実現できるよう行動するのもおすすめです😌

#ブログ書け

サラリーマン時代は1日10時間以上、仕事に時間を使ってましたが人生が辛かったです。

生活を維持するために仕事は大事ですが、働きすぎると時間を失うので両立を目指しましょう。

広告

趣味と仕事は両立させた方がいい話

趣味と仕事は両立させた方がいい話

働きすぎると精神的に追い込まれて人生がつまらなくなりますからね。

うつ病などの精神的病って40代がピークだそうですが、中間管理職として一番大変な時期と一致しているのは、仕事をし過ぎなことと無関係ではないと思います。

間近で見た父親の悲しい表情

うちの父親が定年を迎えた時にポロっと『子供たちには小さいころ寂しい思いをさせた』と言ったんですよね。

僕の両親は共働きで過程よりも生活を維持するために仕事ばかりに時間を使っていたため、子供との時間をあまり取れずに20代、30代が過ぎ去ってしまいました。

40代50代になると管理職になった影響から全国に飛ばされ、10年近くいろんな場所を転々としながら家族のために働き、戻ってきたころには子供はみんな家を出ていました。

僕は父親の失敗を繰り返さない

僕は今、30代後半を迎え働き盛りの年代ですが、父親の背中を見ているからか、家族との時間を削ってまで仕事をしたいとは思わないんですよね。

むしろ40代、50代、60代と明らかに体力が落ちていくわけで、子供を連れて旅行できるチャンスとか今しかないし、世界中を飛び回れるのも年齢的に今がピークだと思います(コロナ問題はおいておいて)

なので仕事は大事ですが、家族との時間や趣味の時間を犠牲にして働き続けるのはNGだと思ってます。

好きなゲームをクリアすればいい

僕は人生をリアルドラクエだと思っていて、最初は10年間、サラリーマンというゲームをやってましたが、5年くらい続けたところで飽きてしまい、副業として在宅起業家を目指すゲームを始めました。

在宅起業家を目指すゲーム
■家で稼ぎたいと思う

■稼ぐための知識を学ぶ

■学んだ知識を実践する

■上手くいかずに失敗する

■失敗を改善して次に進む

上記の通りで、この在宅起業家になるゲームはなかなか難しく、サラリーマンより攻略が難しかったのですが、だからこそ面白く、趣味に近い感じでやっていました。

仕事というゲームをクリアして何が待ってる?

あなたは今、何かしらの仕事をしていると思いますが、そのゲームをクリアした先に待つ世界はどういう世界でしょうか?

その世界が超楽しい世界であれば今は仕事に精を出してもいいかもですが、もし、未来に不安や希望がないのであれば、そのまま仕事を頑張り過ぎると今も辛いし、未来も辛いというダブルパンチを喰らってしまいます。

ここはかなり大事な話だと思ってまして、体力のある今、バリバリ働くという思考と体力があるうちに遊びまくるという思考、どっちがあなたにとって大事なのかということです。

働き盛り=遊び盛りでもある

多くの人は30代、40代はサラリーマンとして働き盛りと言ってますが、僕にとってみれば『遊び盛り』でもあるんです。

というのも僕らが定年を迎える時代は70歳定年とも言われていて、仮に70歳で仕事をやめて自由な身になったとして、今と同じ体力を維持できますか?

今だったら1ヵ月くらいかけて全国を車で飛び回っても大丈夫かもですが、70歳過ぎたら無理とは言いませんけど、今よりは確実にしんどくなってますよね。

趣味に没頭しつつ、仕事も頑張る

意外と知らない人が多いのですが、人生とは常に『今が一番若い』ので、ここまで読む30秒前よりも確実に老化しています。

老化するとは一般的に気力と体力が落ちていくわけで、時間を垂れ流しているとやりたいことができずに人生が終わってしまいます。

じゃあどうするかって言えば、やりたいことをしながら稼げばいいわけですね。

僕だったら朝早く起きてブログを書き、子供が起きてからはずっと自由に過ごすみたいな生活が理想だったので、その世界を実現するために副業を4年半ほど続けました。

仕事は稼いだ金額も意識する

サラリーマンだと『月収25万』みたいな概念で考えてしまいますが、大事なのは『月収25万得るために何時間働いたのか?』です。

月200時間働いて月収25万であれば時給1250円ですが、これって少ないですよね。だからやるべきは時給を増やすゲームであり、僕の場合はそれが自宅でできる副業であり、ゲームに近い感覚でやっていました。

これも意識しないと仕事だけで人生が終わる原因になるので注意が必要です。

趣味と仕事を両立させるコツ

趣味と仕事を両立させるコツ

僕が実践した趣味と仕事を両立させるためのコツは以下の通りです。

趣味と仕事を両立させるコツ
コツ①:新規活動と維持活動のあぶり出し

コツ②:趣味>仕事になることだけを続ける

コツ③:疲れた時はすべてを忘れて休む

それぞれ解説していきます。

コツ①:新規活動と維持活動のあぶり出し

サラリーマン時代はずっと働きっぱなしだったので、まずは時間配分を明確にするため活動内容を細分化しました。

20代後半の時間配分
■新規活動
→特になし(1日0時間)

■維持活動
→仕事と家庭(1日16時間)
→睡眠時間(1日8時間)

上記は20代後半の生活スタイルでしたが、会社に行って帰宅するという日々をひたすら繰り返すだけの労働者でした。

30代前半の時間配分
■新規活動
→副業活動(1日1~4時間)

■維持活動
→仕事と家庭(1日12~15時間)
→睡眠時間(1日6時間)

30代後半になってからは将来のための新規活動として副業に時間を割くようになりました。

幸い、僕は『副業で稼ぐこと=ゲーム=趣味』と考えていたので、趣味を続けながらお金と時間も得られるという行動を前向きに実践できました。

コツ②:趣味>仕事になることだけを続ける

活動の洗い出しが終わったら、継続すれば人生が理想の状態に進んでいくことに時間を使っていきます。

例えば僕は副業するために以下の活動をやめました。

■スマホのアプリゲーム

■友人や同僚との飲み会

■テレビの録画番組を見る

これらをやめるだけでも趣味に使える時間が大幅に増えました。

スマホゲームを続けることで理想とする脱サラが達成できれば続けてましたが、それは無理だったので趣味をゲームからブログに切り替えることで僕は趣味を続けながら脱サラという夢が叶う状況を作り出すことができました。

他にも飲み会に参加しても得られるものは一瞬の楽しさしかなく、テレビの予約番組も気分転換にはなりますが将来のためにはならなかったのでやめました。

ここで覚えておくべきことは1日は24時間と決まっていて、その時間をどう振り分けるかが超大事ということ。自分のやりたいことや将来への目標がないと『今を何となく生きる』みたいな状態になり、将来的に後悔する原因となります。

ゆえにやりたいことを明確化(例えば紙に書いてみるなど)して、自分がやるべきこととやるべきではないことをハッキリさせるだけでも、趣味に使える時間は増え、仕事との両立を維持できるはずです。

コツ③:疲れた時はすべてを忘れて休む

これも大事ですが疲れたら休みましょう。具体的には趣味に没頭したり、思いっきり寝るということです。

僕は副業で4年半走ってきましたが、ほぼ毎日活動していたのは事実ですけど、サボった日も数えきれないほどあります。

■会社で疲れ切った日
→さっさと寝る

■気持ちが乗らない日
→その時にやりたいことをやる

■休日で12時間副業に使える
→5時間くらいで飽きて遊びに行く

僕もサイボーグではないので計画通りに動けるわけではないですし、それは周りの起業家も同じです。

ですので気持ちが乗ってる時は突っ走ればいいですが、疲れていたり、精神的に気持ちが乗らない時は無理に作業せず、気の向くままやりたいことをやるのも大事です。

まとめ:オリジナル人生ゲームを楽しもう

というわけで趣味と仕事を両立させるための話でしたが、最後にまとめておきます。

記事で学んだこと
■老化とともに体力は落ちていく

■仕事というゲームをクリアして未来は明るいか?

■働き盛り=遊び盛りの年代でもある

■人生は有限なのでやりたいことをしながら稼ぐ

■コツは新規活動と維持活動をあぶり出し『趣味>仕事』になることを続ける

■人生に疲れた時は気の向くままに過ごし、ゆっくり寝て体力を回復する

仕事は生きるために大事ですが、80歳を迎えた時に『仕事だけで人生が終わってしまった』と後悔したらもったいないですからね。

このブログを読んでる人には『仕事も頑張ったけど、それ以上に趣味を楽しんできたから人生に悔いはない』と思える人生を歩んで欲しいなって思います。

その人生を実現するためにも、僕が歩んできた道のりを今後も執筆していくので、未来を切り開く新規活動の1つとして『さんパパのブログを読む』ということを習慣化してもらえると嬉しいです^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら