サラリーマンが嫌だと思う人へ【勝ち戦の戦略を公開します】

サラリーマンが嫌だと思う人へ勝ち戦の方法を解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

サラリーマンが嫌で脱サラしたのですが、同じ思いをしている方にこんなツイートをしました

サラリーマンが嫌だと思うならそれ以外の選択肢を見つけて突っ走るのがおすすめ☝️

僕はブログを7年続けてますが、ここまで継続してるのは全体の1%未満だと思うので100人に1人の存在です💪

サラリーマン歴7年は数えきれないほどいるけど、ブログ歴7年は珍しい👨‍💻

勝てる場所で勝負すればいいですね😊

僕はサラリーマンが向いてないと思ったので、3人の子供を抱えながら副業ブログに挑戦し、4年半継続して脱サラ→在宅起業という夢を叶えました。

多くの人は『サラリーマンは嫌々頑張るのに、自分が自由になるためのことは頑張らない』という少し残念な状況なので『他者の弱点を知れば自サラリーマン抜け出せますよ』というお話をしたいと思います。

広告

サラリーマンが嫌だと思う人へ

サラリーマンが嫌だと思う人へ

大半の人はサラリーマンが嫌だと思ってる

1つ質問ですがあなたの周りに『サラリーマン最高!マジでサラリーマンになって良かった!一生サラリーマンとして会社に骨をうずめるよ!』みたいな人っていますか?

これは僕の経験則ですが、たいていの人がサラリーマンであることに疑問を感じたり、嫌だと思ってることが多く、飲み会でも上司や得意先の愚痴などに発展するケースが多いです。

それでも多くの人は夜が明けると家を出る支度をして出勤するわけですが、僕はこの状況に疑問を感じてました。

なぜ、サラリーマンが嫌なのに続けるのか

結論は『働かないとお金がもらえない(生活を維持できない)から』です。

僕が資産家の子供で10億円くらいの遺産があれば、それを運用して生きる道を探したと思いますし、宝くじで10億円当たったら最初はビビりながらもそう遠くないうちに辞表を出して仕事をやめます。

これって僕だけじゃなくて同僚や上司を含め、多くの人がそうだと思うのですが、ぶっちゃけると『生活のために仕方なくサラリーマンを頑張っている』のが本音じゃないかなと。

でも、心の中ではそれが嫌(苦痛)に感じることもあるわけで、この苦痛がひどくなるとうつ病などの病気(僕の場合は『過敏性腸症候群』という病気)になってしまうわけです。

サラリーマンを抜け出すために場所を変える

サラリーマンが嫌であれば、抜け出すために稼ぐ場所を変える以外に道はありません。

■ブログを作って収入を得る

■Twitterとnoteで収入を得る

■YouTube動画を配信して収入を得る

■転売ビジネスを始めて収入を得る

■株などの投資を始めて収入を得る

上記の通りで、いずれかの収入が今の給料を安定して超えたら嫌なサラリーマンから抜け出すことが可能になります。

やるべきはサラリーマンから抜け出すための努力

というわけでサラリーマンが嫌ならやるべきは『サラリーマンを抜け出すためにやることを決め、実践し続ける』ということです。

僕の場合はブログでしたが、知り合いは転売ビジネスで月商500万を売り上げ脱サラし、さらに別の知り合いは不動産投資をメイン収入として脱サラに成功してました。

となった時『あなたは嫌なサラリーマンを辞めるために何をしますか?』ということです。

まずはこの答えを見つけることが最優先事項であり、それを見つけて実践し続ければ未来を変えることは可能です。

サラリーマンが嫌で他の道に進むなら、これだけは覚えておこう

サラリーマンが嫌で他の道に進むなら、これだけは覚えておこう

挑戦した時点で成功の権利が発生する

これまでいろんな方に今の僕の生活やブログについて話をしてきましたが、その後の様子を見ていると2つのパターンに分かれます。

■ケース①:興味を持って色々聞いてくる

■ケース②:すごいと言いながらスルーする

色々聞いてくる人は『今の人生を抜け出したいけど方法が分からず、チャンスがあれば挑戦したい』と思っていて、後者の人は『サラリーマンから抜け出せてうらやましいけど自分には無理』と決めつけてしまってます。

当然、人生を切り開けるのは前者であり、後者を選んだ時点で嫌なサラリーマンを定年まで続けることがその瞬間に決まります。

つまり覚えておいて欲しいのは『挑戦すれば未来は変わる可能性あり、挑戦しなければ1年後もサラリーマン』という事実です。

とはいえ挑戦しても続かない

上記の通りで現実はもっと少ないと思ってます(ブログを5年続けられる人は1%以下)

でも、継続した1%以下の人は成果をしっかり出していて、それこそ嫌なサラリーマンを辞められるレベルに稼いでいることが多いのも事実です。

成功率は自分次第で100%にできる

上記のことより『何かを始めて継続さえすれば、成功率を100%にできる』ということです。

なぜなら成功するまで実践し続ければ成功率は100%になるし、大半の人が成功する前に離脱するわけです。

仮にブログを始めて在宅起業の成功率を1%だとした場合、100人に1人しか成功しませんが、それって継続しきった人のことで、自分が継続すればそうなるチャンスはあるってことです。

僕はブログで脱サラすると決めた時、高校の同級生に超笑われ、バカにされましたが、30代で脱サラして自由な暮らしをすると決めたので最後まで頑張りました。

途中、やめたくなることは数えきれないほどありましたが『ブログ=仕事=やらないと生活できない』と割り切って活動していました。

結論として成功するにはこの決意が大事で、ここがブレると継続できずに失敗します。

補足:無理だと思ったら違う場所に行くのもあり

サラリーマンが嫌だと言って副業を始めても、その副業が自分に合ってない場合もあります。

その場合は無理せずに撤退しましょう。

僕の場合はせどりという転売を実践しましたが、仕入れに行く時間もなく諦めました。

コンサルを依頼して40万くらい先行投資をしたのですが、2ヶ月で撤退したので大赤字に終わりました。

もし、あのまませどりに人生捧げていたらたぶんせどりで起業できたとは思うのですが、僕には向いていなかったのであきらめたことで黒歴史となりました。

これって先ほどの例で言うと99%の失敗事例に該当し挫折したことになりますが、自分に合ってないと思ったらやめて違う分野に行くのもありってことは覚えておきましょう。

嫌なサラリーマンから抜け出すコツ

嫌なサラリーマンから抜け出すコツ

僕は以下の3つを実践しながら成長し、脱サラへの階段を登っていきました。

サラリーマンから抜け出すコツ
コツ①:理想の未来を文字にして目のつく位置に貼る

コツ②:同じ仲間を見つけに行く

コツ③:できればコミュニティなどに参加する

コツ①:理想の未来を文字にして目のつく位置に貼る

想像ではなく理想の世界を文字化し、目に入る位置に置くことによって、ふとした瞬間にその文字が目に入り、理想の状態を想像し、頑張ろうという気持ちになれます。

■いつも座る机のすぐ上

■スマホの待ち受け画面

■パソコンのデスクトップ画面

僕は上記の3ヵ所に以下のようなメモを作って貼っていました。

嫌なサラリーマンから抜け出すコツ1

これは僕がビジネスを教えてもらった方が実践していた話を元に作ったものですが、今思えば少し恥ずかしいですね(^^;

奥さんは僕のスマホを良く使うので『最初はなにこれ?』とビックリしていましたし(笑)

でも、こうすることによって家にいても、外にいても、会社にいても『自分の夢は35歳までに脱サラして遊んで暮らすこと』という理想の未来が思い出されるので、ふとした瞬間に現実の嫌なことではなく、理想の未来を想像し続けることができるようになりました。

目には見えないですが、このメモによってモチベーションアップになり、作業が嫌だと思う日でも机に向かえたりもしたので、理想を文字にして見続けることは自分を鼓舞する意味でもおすすめです。

コツ②:同じ仲間を見つけに行く

Twitterを始めるとよく分かるのですが、今、この瞬間も脱サラを目指してブログやTwitter、YouTubeを頑張ってる人が数えきれないほどいます。

そういった前向きに行動している人たちを徹底的にフォローしていきましょう。

■Twitterでフォローする

■ブログをブックマークする

■YouTubeのチャンネル登録をする

やり方はいろいろあると思いますが、例えば毎日ブログを書いてる人がいたら、その人を勝手にライバルにしてしまうんです

さんパパ
今日は仕事が遅くなったしブログ書くのマジで面倒くさい

1日くらい更新しなくても大丈夫でしょ

あ、そう言えばライバルのよんパパはどうしてるかな

うわ、今日もブログ書いてるよ

これで130日連続投稿かぁ

負けないようにやっぱブログ書くか

部活で辛い練習を乗り切れるのも周りに仲間がいる影響が大きいと思いますし、ブログも1人では続かなくてもライバルや仲間がいれば続けることもできるようになります。

コツ③:できればコミュニティなどに参加する

必須ではないですが、できれば同じ目標を掲げている人たちが集まる場所に参加するのが良いと思います。

僕は在宅起業家になりたかったので、在宅起業家を目指す人が集まるコミュニティに参加しました。

というのも人は周りがサラリーマンばかりの環境に身を置き続けるとサラリーマンが当たり前という思考になり、周りが起業家ばかりだと起業するのが当たり前という思考になります。

この習性をうまく利用し、自分を『在宅起業家になるのが当たり前』という思考で支配することで、無意識に在宅起業家になるための行動をとり始めるので、時間の経過とともに理想が現実化します。

サラリーマンが嫌で抜け出すということは給料に変わる収入源を作って維持する必要があり、そこには不安が付きまといます。

それを払しょくするには『自分が理想とする状態を当たり前に維持している人』と一緒にいることが一番です。

コミュニティを見つけるのに少し苦労するかもですが、自分がやりたいことを調べているうちに自然と見つかっていくものなので、あまり不安にならなくて大丈夫です。

サラリーマンが嫌なら何をしますか?

というわけで少しマインド論が多くなり、疲れたかもですがこれくらいにしておきます。

最後にあなたはサラリーマンが嫌だと思ってこの記事にたどり着いたと思いますが、この記事を読んでこれからどういう人生を歩もうと思いましたか?

まだ何も始めていない人、すでにブログやTwitterを始めている人、いろいろだと思いますが、まずは小さな一歩を意識してみてください。

例えば『仕事と育児の合間にブログを始めてみる』とか『Twitterしか実践してないからブログを始めてみる』とか『ブログの収益が伸びないからメルマガに挑戦してみる』とかです。

結果を出してる人は例外なく『小さな一歩の積み重ね』から始まっているので、そこを軽視すると何をやっても上手くいきません。

僕はこのブログから月100万円の不労所得を生み出すと決めたので、日々、小さなひと記事の更新を頑張ります。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら