自己責任論で圧倒的に成長した話【在宅起業家は必須の知識です】

自己責任論で圧倒的に成長した話について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

物事を自己責任化することで人生が楽になりました。

自己責任論について賛否があるけど、僕は人生がいい方向に向かいました✨

というのも今の人生は過去の選択の結果なので、今が辛いなら未来に向けて今日の選択を変えれば、明日の行動が変わり、変化を継続すると幸せになれます😊

最初は大変かもですが、慣れると他人任せの人生が窮屈に感じます😅

上記の通りで、人生っていうのは毎日の選択の連続で成り立っていて、今の自分は過去の自分の選択が招いた結果に過ぎません。

起業家として労働から解放されている人は、例外なく自己責任論で行動しているので考え方をお話ししますね。

広告

自己責任論で圧倒的に成長した話

自己責任論で圧倒的に成長した話

僕が自己責任論で成長した時の思考は以下のような感じでした。

自己責任論で成長した時の思考
■朝、決まった時間に起きるのが嫌
→サラリーマンをしている自分が悪い

■上司に文句を言われるのが嫌
→この会社に勤めてしまった自分が悪い

■奥さんと喧嘩した時の空気が嫌
→怒らせてしまったのは自分の対応が悪かった

■在宅起業して生きていけるのか超不安
→在宅起業して生きていくスキルが無いのが悪い

上記の通りで、周りに起こるあらゆる物事を『自分が悪いから』と片付けることでストレスが大きく減ったんです。

なぜか?

それは自己責任として問題を処理することで『同じ問題を繰り返さないために何をすればよいのか?』という成長につなげていけることに気が付いたからです。

自己責任論から行動につなげた話

自己責任として考えてもそこで終わってしまったら意味がありません。

自己責任論から行動につなげた事例
■朝、決まった時間に起きるのが嫌
→サラリーマンをしている自分が悪い
→サラリーマン辞めるために副業しよう

■上司に文句を言われるのが嫌
→この会社に勤めてしまった自分が悪い
→この会社を辞めるための努力をしよう

■奥さんと喧嘩した時の空気が嫌
→怒らせてしまったのは自分の対応が悪かった
→次は同じ行動をとらずに喧嘩の原因を減らそう

■在宅起業して生きていけるのか超不安
→在宅起業して生きていくスキルが無いのが悪い
→サラリーマンとして稼いでから在宅起業しよう

上記の通りで、目の前に現れた問題を解決することによって、同じミスを繰り返さずに次のステップに進むことができます。

昔の僕は『上司に文句を言われるのが嫌』という問題に対して、『あの上司、マジでムカつく』といった暴言を吐いてましたが、それだといつまでたっても問題は解決しないですし、人間関係も余計にこじれます。

それであればさっさとその上司と仕事をしないために行動した方が、お互いのためになりますし、人生も圧倒的に楽になります。

注意:いきなり何でも自己責任として片付けるのは逆効果

自己責任論で物事を前向きに捉えるのはOKですが、やり過ぎると逆効果なので注意が必要です。

自己責任論の注意点
■朝、決まった時間に起きるのが嫌
→もっと早く寝ないからだと遊ぶ時間を減らす
→人生が仕事だけで消費されもっと嫌になる

■上司に文句を言われるのが嫌
→自分のスキルや対応が悪いからだと思う
→上司に怒られないことを目標に生きてしまう

■毎日仕事に行ってるのに給料が安くて生活費が赤字
→手取りを増やすために仕事をもっと頑張る
→残業しまくりで体力を消耗する

上記も自己責任論として片付けていますが、思考の方向性が間違っているので、そのまま続けても逆効果になります。

理想の未来から逆算的に自己責任論を使っていく

ポイントは自分の人生観と照らし合わせながら判断することで、事例としては以下の通り。

■朝、決まった時間に起きるのが嫌→願望は目覚ましに頼らない生活(理想の人生観)→サラリーマンしてたら無理→起業を目指して活動するしかない

■上司に文句を言われるのが嫌→人と最低限の関係で生きていきたい(理想の人生観)→サラリーマンしてたら無理→起業を目指して活動するしかない

■毎日仕事に行ってるのに給料が安くて生活費が赤字→家族5人が不自由なく暮らせて貯金もできるくらいの収入が欲しい(理想の人生観)→残業した程度じゃ全然無理→転職or起業を目指して活動するしかない

例えば上記の通りで、先に自分がどんな人生を歩みたいのかを考え、そこに至るプロセスとして自己責任論を持ってくるということです。

サラリーマンを続けていると『サラリーマンであることが当たり前、パパは会社で仕事してあたり前』という固定概念に支配されますが、まずはそうしたものをすべて忘れて自分の理想の人生を見つめなおしてみることです。

そして理想が手に入っていないなら、どうして手に入っていないのかを考え、逆に『どうしたら今からその人生を手にすることができるのか』を逆算的に考えて行動することで未来は確実に良くなっていきます。

自己責任論で人生を楽に生きる方法

自己責任論で人生を楽に生きる方法

結論は小さな問題を1つ1つ解決していくことです。

会社で働くことに疑問を持っていた

僕は子供の頃から大人になったら働き続けなければいけないことに恐怖してました。

さんパパ
どうして毎日学校に行くんだろう

どうして大人は会社に行くんだろう

どうして授業参観の日に休んでくれないんだろう

声を大にして言えば『わがまま』とか『お前何言ってんだ?』と言われるので、口にしたことはほぼなかったですが、上記のようなことをよく考えてました。

そしてその疑問はやがて大きなストレスへと変換され、結婚をしても、父親になっても、そのストレスは僕の背中を追いかけ続けてきたんです。

脱サラしたら理想の人生になった話

20代の僕は『パパなんだからサラリーマンであることは仕方がない』と思っていたのですが、今はその生活も過去のものとなりました。

というのも、自分が働かずに収益の出る仕組みを作ったので、自分が会社に行って働くことが不要です。

今の生活は毎日3時ごろに起きてブログを書いて、子供を学校に見送ったらあとは1日自由に過ごす感じです。

毎日ブログを書くという作業がありますが、習慣になっているので特にストレスもないです。

むしろ昼間にやることが無さ過ぎて、パソコンの前に座るってこともあるくらいですからね。

さんパパのプロフィールとこのブログを読むメリット

世論と違う考えをもって問題を解決してみよう

世論と違う考えや行動は勇気のいることですが、人生を変えるには必要です。

自己責任論を身につける前
■給料が少ない→残業を頑張る

■睡眠不足で眠い→翌日に備えて早く寝る

■電車で立つのが嫌→家を早く出て座る

上記は僕が自己責任論を身につける前の考え方で、身につけてからは下記のように変わりました。

自己責任論を身につけた後
■給料が少ない→副業を頑張る

■睡眠不足で眠い→在宅起業家を目指す

■電車で立つのが嫌→電車に乗らない仕事をする

上記の通りで、思考を変えて行動したことで当時の問題はすべて解決されました。

人生において超重要な問題は『お金』と『時間』であり、この2つを得ることができれば大半の問題は解決できます。

だから今の生活を続けても『お金』と『時間』を総取りできないことについてはすべて排除した感じです。

自己責任論で生きつつ、人生を良くしていこう

というわけで『自己責任論で圧倒的に成長した話』でした。

少し抽象的だったかもですが、言いたかったのは『世間の常識を少しずつ打ち破り、人生を自分の責任で楽もう』ということです。

他人に頼る人生もいいのですが、裏切られたり、思う通りに行動してくれないとストレスになりますし、大きな失敗をされてしまった時に悔いが残ります。

でも、自己責任として『あの人に任せた自分が悪い』と考えれば気持ちも楽になるし『次はそうならないように改善しよう』もしくは『次からは自分でやろう』となって成功に近づくと思います。

まずは嫌なことが起きた時、その責任を過去の自分の責任として捉え『恒久的に改善するにはどうすればよいか?』という思考から身につけてみてください。

その思考の癖が身に付くと何をやっても成功するし、人生が圧倒的に楽になりますから。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら