ブログに何を書けばいいの?【僕が使うネタの絞り出し方8選】

ブログに書くネタの見つけ方を解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
ブログを始めたんだけど何を書いたらいいの?

まずは100記事書こうって聞くけどネタがない

パソコン開いて何を書こうか考えてたら30分経ってしまった

ブログに何を書くのかを決める方法について知りたい

実際の記事を題材にしながら解説してもらえると助かるかも

ブログを1000記事以上執筆してきた経験からお答えしたいと思います。

広告

ブログに何を書けばいいの?

ブログに何を書いたらいいのか迷ってる男性のイラスト画像です

結論は発信するテーマに関連するキーワードから逆算的に書いていけばOKです。

ブログに書く記事ネタの絞りだし方

僕がよくやるやり方は以下の通りです。

ブログに書く記事ネタの絞りだし方
手順①:ブログに関係するキーワードを1つ決める

手順②:関連キーワードを探す

手順③:書くキーワードを決める

具体的に解説していきます。

手順①:ブログに関係するキーワードを1つ決める

まずはブログに関係するキーワードを1つ決めましょう。

このブログの場合は『転勤』『脱サラ』『ブログ』などがキーワードになっているので、例えば『ブログ』を選びます。

手順②:関連キーワードを探す

大きなキーワードを決めたら『関連キーワードツール』を使って関連するキーワードを見つけます。

ツールを開いて『ブログ』と入力し『取得開始』をクリックすると以下のような関連キーワードが出てきます。

関連キーワードツールでブログと検索した時の画像です

これらすべてに対して記事を書いていけばそれだけで100記事くらいにはなりそうですよね。

手順③:書くキーワードを決める

すべてを順番に書いていくのはさすがに効率が悪いので、2つを並べたキーワードを選んでさらに絞り込みましょう。

例えば『ブログ 画像』で再度、検索をかけてみます。

関連キーワードツールでブログ画像と検索した時の画像です

こんな感じになりましたね。

そしたらブログの画像に関して

■画像を引用するにはどうすればいいのか

■画像サイズはどれくらいがいいのか

■画像の圧縮はどうやるのか

■画像の容量はどれくらいがいいのか

■画像の加工はどうやってやるのか

といった画像に関連する記事が書けるのでそれぞれについて書いていく感じです。

ブログに何を書けばいいか迷った時に使えるネタの探しの方法

ブログの記事ネタを探す検索のイラスト画像です

今はキーワードから検索する形を取っていますが、それ以外にもブログに書くネタを探す方法はいくつもあります。

実際に僕が書いた記事を参考にご紹介します。

方法①:過去に悩んだことを書いてみる

これは記事を書く際の一番王道なパターンです。

■英語が話せない人が『英語話したい』と思って勉強して話せるようになったらその過程を書く

■ゲームの中に強いボスがいて、なかなか倒せない人にその倒し方を解説する

■卵をふ化させてひよこから鶏にして、卵を産ませたい人にその方法を解説する

自分が悩んだことというのは、必ず他にも同じ悩みを抱えている人がいるので、その解決方法は大なり小なり需要があります。

このブログで言うなら僕が10年程サラリーマンを続けていたのですが、以下のような悩みを抱えていました。

サラリーマン時代に抱えていた悩み
■平日は毎日仕事

■理不尽なことで怒られる

■転勤で人生が狂わされる

■満員電車に乗るのが苦痛

■寒い日に会社に行くのが苦痛

■子供の寝顔しか見れない生活が嫌

■個性ある先輩にストレスを抱える

■業績悪化によってボーナスがカット

■倒産や合併、リストラされたら終わり

あげればきりがないのですが、要するにサラリーマンとして人生を終えることに納得がいってなかったんです。

人生の終わりを迎えた時に『あれもやりたかった、これもやりたかったって絶対に後悔する』って。

だからそこから逃れるために副業を実践して、会社の給料に変わる収入源を作って、脱サラして子供と遊んで暮らせるようになったのですが、同じような悩みを抱えるサラリーマンってあなたの周りにもいますよね?

僕の場合はそういった悩みを抱える友人がたくさんいたのと僕自身が抱えていたので、その悩みを解決するための記事を書いたりしています。

方法②:過去に気になったことを書いてみる

僕が勤めていた会社は副業が禁止だったのですが、そのまま働いていても給料アップは見込めませんでした。

出世したとしても給料よりも責任ばかりが増え、時給換算すれば割に合わない感じ・・・。

何とかして『副業したいな~』と思っていたのですが、いろいろ調べていくうちに『雇われずに副業すればOK』みたいなことに気が付きました。

その時に調べた事っていうのは『うちの会社は副業が禁止だから無理』と最初からあきらめてる人にとって希望の光になる可能性を秘めてます。

他にも

さんパパが気になった内容
■有休を取るための言い訳をリアルに伝える方法をまとめる

■飲み会に行きたくない時に断る理由を実体験つきでまとめる

■奥さんと喧嘩を少なくする方法について経験談や調べた内容をまとめる

■プロ野球選手になる人はどれくらい練習しているのかを調べてまとめる

■1億円稼ぐ人は何人くらいいて、どのくらい税金を払っているのかを調べてまとめる

などなど。

上記は過去に僕が気になった内容なので、調べて教えてくれたら記事を拝見させていただくので教えてもらえると嬉しいです。

方法③:自分が役に立ったことを書いてみる

子供が小さかった時、熱を出すだけで奥さんと大騒ぎばかりしていたのですが、その都度、ネットで検索をして対処法を調べていました。

子供が熱を出した時の対応
■手足が冷たいと熱が上がる前兆

■手足が暖かいと熱が上がりきった証拠

■熱は40度までは上がることもあるので慌てない

■解熱剤を使った時は時間をメモして先生に伝える

■発熱はウイルスと闘っている証拠なので解熱剤はやたらと使わない

■昼間に熱が下がっても、夜にまた上がることがあるので注意しておく

こういったことは子育てを経験した人にとってはあたり前でも、これから経験する人にとっては知らないことが多く、経験談としてまとめてあげるだけですごく役に立ちます。

誰だって最初から親だったわけではなく子育てを経験しながら自分も成長していくわけで、すでに成長した人からのアドバイスほど説得力があり、役に立つものはありませんからね。

このブログだと僕がブログで稼げるようになるために使ったサービスやツールなどをまとめることによって、これから同じ道を歩む人は同じものを使うことができるので、自分で探す時間を短縮することができます。

例えば『最初は無料ブログで・・・』と思ってる人に『無料ブログでやっても稼げないよ』と伝えれば、アドバイスが無ければ数か月間、無料ブログを運営するはずだった時間を短縮し、稼げるまでの速度を短縮したことになりますよね。

そうやって自分が実践してきた経験を元に役立つ情報を公開することで、記事のネタになるし相手のためにもつながります。

方法④:自分の強みを書いてみる

誰にでも強みってあると思います。

自分の強みの事例
■社内で最速出世した

■最速でゲームを攻略した

■同じ会社で10年以上働いている

■ダイエットを継続して10kg痩せた

■世界や日本全国を旅行して回っている

■10人以上の女性と付き合ったことがある

■筋トレを1年間継続してムキムキになった

こういったことについて詳しく書いていくのもいいですね。

僕だったら『ライティング』や『ビジネスの自動化(不労所得化)』が得意なので、そのあたりに関してはかなりの記事を書くことができます。

過去に学んだことや実践したこと、現在進行形でやっていることなどを書けばネタに困ることはないかなと思います。

方法⑤:現在の悩みについて書いてみる

今現在、あなた自身が悩んでいることについて書いてみるのもいいですね。

現在の悩みに関する具体例
■子供が毎日家にいて食費がかかるので節約レシピを書く

■旦那が毎日家にいて喧嘩が増えそうなので対処法を書く

■子供が家でゲームばかりをしている状況の解決案を書く

■コロナで会社の業績が落ちて収入が減り、副業を始めたことについて書く

■休業によってもらえる補助金や実際にもらえるまでの手続きについて書く

今だと新型コロナによってさまざまな問題が発生しているので、それに対する解決案は需要が高いです。

問題が発生して困っているだけでは一般の人と同じ立場になってしまうので『どうやったらその状況を解決できるか?』という視点で物事をとらえ、その解決策を提示することで次々と記事を書いていくことができると思います。

方法⑥:現在実践していることを書いてみる

新しいことに挑戦して、その道のりを書いていくのもおすすめです。

現在実践していることの事例
■料理を始めたので毎日の夕飯を載せる

■副業ブログを始めたので実践内容を書く

■ペットを飼い始めたので世話の仕方を書く

■新しいゲームを始めたので攻略記事を書く

■1日1冊本を読み始めたのでレビュー記事を書く

日常を書くだけだと趣味ブログで終わってしまうので、何か新しく始めたことに対して実践した内容を記事に書くだけでも、これからやろうと思っている人には参考になったりします。

ちなみに本のレビュー記事に関しては僕も書こうかなと思ってます。

本は無限にあるのでネタに困ることはないですからね。

方法⑦:自分の体験談について書いてみる

自分の体験談について書くのは説得力が強く有益になりやすいです。

自分の体験談に関する内容
■雇われ続ける人生で後悔しない?

■今のままの生活を10年続けてどうなるのか?

■自分が働かずに稼ぐにはどんな知識が必要なのか?

■安定して稼いでいる人の思考はどうなっているのか?

■憧れでYouTuberを目指すとどういう結末を迎えるのか?

■3児の父親がどうやって転勤断って子供と遊んで暮らせるようになったのか?

僕の場合は副業で4年間というキャリアを積み上げたので、ネットビジネスに関する体験談はたくさん書くことができます。

他にも『野球を10年間続けた』『10年以上の子育て経験あり』『10年のサラリーマン経験あり』といったネタでも記事を書けます。

体験談なので引き出しも多く、濃い内容につながりやすいのでライバルとの差別化も図りやすいですね。

ブログを書く日とネタを考える日は分けておく

ブログに何を書くのかはあらかじめ決めておく

ブログのネタはあらかじめエクセルなどにまとめておくといいです。

1日10時間、すべてを記事のネタ探しに使い、100記事分ネタが溜まったらあとはひたすら記事を執筆する感じです。

これによって

■ネタ集めに時間が取られずに済む

■記事の執筆に集中できる

というメリットを獲得でき、効率よくブログ運営を進めることができます。

まとめ:ブログに何を書いていいか迷ったら原点に立ち返ろう

というわけで少し長くなりましたが、今回は以上です。

ブログのネタ探しは以下の中から探していくのがおすすめ。

ブログのネタ探し
コツ①:ブログキーワードから探す

コツ②:過去に悩んだことを書いてみる

コツ③:過去に気になったことを書いてみる

コツ④:自分が役に立ったことを書いてみる

コツ⑤:自分の強みを書いてみる

コツ⑥:現在の悩みについて書いてみる

コツ⑦:現在実践していることを書いてみる

コツ⑧:自分の体験談について書いてみる

ネタがないと『今日は何を書こうかな~』という所からスタートしなければならないので時間がもったいないし、モチベも下がって嫌になります。

そういったことを未然に防ぐ策として、キーワードを最初にまとめておくことは有効な解決手段の1つですので、この記事を参考にネタ探しから始めて見てください。

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

2 件のコメント

    • いちユキさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます^^

      ネタ探しは慣れないと出てきませんからね(^^;

      参考になって良かったです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら