【ブログ200記事達成】収益とアクセス推移を公開しながら考察

【ブログ200記事達成】収益とアクセス推移を公開しながら考察した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

今日でブログの毎日更新が200日になったので、ここまでの道のりを振り返ってみようと思います。

読者さん
ブログを200記事書くと収益やアクセスってどうなるの?

自分はまだ100記事にも到達してないから先のことを知りたい

実際に200記事書くために使った時間や苦労話、今後の展望も聞かせて欲しい

本記事の内容
■ブログを200記事書いた時点でのアクセス推移

■ブログを200記事書いた時点での月間収益推移

■ブログを200記事書いて思うことと今後の展望

【本記事の信頼性】

この記事を書いている僕は3人の子供を抱えながら30歳の時にブログを書き始め、34歳で脱サラし在宅起業家となりました。

副業時代だけで1000記事以上を執筆し、このブログの記事数も200記事を超えました。

ブログ200記事って簡単そうで実は難しいことなので、一足先にその世界に踏み入った僕の経験談を参考に、今後のブログ運営の糧にしてもらえたら幸いです。

尚、ブログを100記事書いた時点での収益やアクセス推移についても公開しているので、比較しながらご覧いただければと思います。

広告

ブログを200記事書いて得られた収益とアクセス推移

ブログ200記事書いて得られた収益とアクセス推移

2020年10月20日現在においてこのブログの公開記事数は213記事です(うち5記事はLINE読者限定記事)

まずはブログのアクセス推移と収益及び更新履歴を公開します。

ブログを200記事書いた時点でのアクセス推移

ブログ200記事書いた時点でのアクセス推移データ

2020年4月から200日連続で記事の更新をしていますが、アクセスはほぼ横ばいですね。

内訳を見ると検索エンジンからの流入が少しずつ増えてきているので、アクセスが伸びそうな気配はあるのですが、、、。

果たしてどうなることやらって感じです(^^;

ブログを200記事書いた時点での月間収益推移

月間収支推移
■1月:12万円

■2月:0円

■3月:0円

■4月:3万円

■5月:6万円

■6月:2.5万円

■7月:4万円

■8月:5万円

■9月:3万円

収支に関しても横ばいで更新を始めてからほぼ変わっていません。

このあたりは仕組みの改善によって上げられると思うのですが、現状、記事の執筆を最優先に取り組んでいるのでこんな感じです。

ブログを200記事書いて得られた結論

ブログ200記事書いて得られた結論

ブログを200記事書いて得られた結論は以下の通りです。

ブログを200記事書いたらアクセスが来るのか?

『検索からの流入が少しずつ増え始める』といった感じですね。

ブログ200記事書いた時の検索エンジンからのアクセス流入数
もっとも僕は『ブログ』『アフィリエイト』『起業』といった強豪ぞろいの場所に踏み込んだので、200記事書いてもこんなものでしたが、ジャンルを変えればもっとアクセスは呼び込めます。

最近、お世話になっている方のブログを拝見し、少しだけアドバイスさせてもらったのですが、記事を公開して数日で検索上位になったりしていたので。

結局のところ、ブログの記事数よりも選んだジャンルによって変わるというのが正直な所です。

ただ、1つ言えることは『強豪ぞろいのジャンルでも200記事書けば勝負の土俵に上がれそうな手ごたえがでてくる』ってことです。

ブログはオワコンって言われたりしてますが、今でも記事を書き続けることで成果は確実に出てきます。

次は300記事目指して記事を書きまくりますが、その時にはもっとアクセスが増えていそうです^^

ブログを200記事書いたら収益が増える?

収益に関しては仕組みの作り具合によって変わってくるので何とも言えない部分があります。

■自社商品だけ紹介

■アドセンス広告だけ設置

■アフィリエイト商品だけ紹介

■上記全部の商品を均等に紹介

■ブログだけを使って商品を紹介

■ブログ以外の媒体も使って商品を紹介

これらを『収益化の仕組み』と呼んでいますが、正直、このブログの収益化の仕組みはザルなので、まだまだ改善の余地があります。

一つ言えることは『アドセンス広告だけ』を貼っていた場合、競合の少ないジャンルであれば200記事も書けばアクセスも増え始めるので収益も伸びてくると思います。

逆にアフィリエイトや自社商品販売をメインにしている場合、読者さんとの信頼関係(記事の質)が大事になってくるので、ライティングスキルが無ければ収益ゼロもあり得ます。

そのため記事数を増やしたから収益が伸びるというのは少し違っていて、現実は『やってきたアクセスに対して正しい収益の仕組みを作れているかどうか』の方が大事です。

僕はまだ収益ではなく『質』にこだわりたいので、もう少し収益化の仕組みのテコ入れは先にしますが、感覚的には『200記事書けば月10万円は射程圏内』という感じです。

ブログを200記事書いて思ったこと

ブログを200記事書いて思ったこと

終わってみれば意外とあっさり

ブログ200記事、というか今日で200日連続更新なので実際にブログに入ってる記事数はもう少しあります(214記事)

ざっくり1日4時間ブログに使ったとして、ここまで800時間程をブログに使ったことになりますが『意外とあっさり到達したなぁ』という感じです。

200日、毎日飽きもせずブログを書くって凄いことのような気もしますが、習慣化されてるとそうでもないです。

人生で初めて就職した時、労働時間の長さに耐えられず『こんな日々を週5日も耐えられない』と思いましたが、結局、サラリーマンを10年続けられました。

ブログを始める数年前には会社に行くこと習慣化され、面倒だなとは思いましたが、仕方がないと割り切って働けるまでになってました。

僕にとってブログを書くことはサラリーマン時代に毎日会社に行っていたことと同じ感覚に過ぎず、仕事に行くより好きな時間にブログを書いてた方が楽でいいです。

このあたりは個人の感覚なのでどちらがご自身にあっているのかは分かりませんけど、習慣化すればブログを書くのは大変じゃないのは事実だと思います。

目には見えない『何か』が積みあがってる感覚

ブログを200記事書いて思うのは『目には見えない何か』が積みあがってる感じがヒシヒシとしてます。

例えば収益について毎月3万円前後を推移したり、アクセスも横ばいなので結果だけを見た人は『全然ダメじゃん』ってなるわけです。

でも、その裏で仕組みを作ってる本人だけは『詰みあがってる感覚』が分かるので『結果は出てないけど手ごたえはある』って感じになってます。

そしてそのまま継続することでようやく結果が表れ始め、逆に現時点での結果だけを見て離れてしまった人、ブログはやっぱりダメだと思ってしまった人は、1年後にフラフラっとこのブログを見た時『やっぱり続ければ結果出るのか』って思うわけです。

この時点で人生1年無駄にしているわけで、この感覚って書いた人にしか分からなくて、別に200記事でなくても100記事でもいいと思います。

さんパパ
記事を書くのが早くなったなぁ

だいぶ画像がきれいに作れるようになったなぁ

アクセスは変わらないけど流入先が変わったなぁ

最初の記事に比べてだいぶマシになってきたなぁ

結構ブログのカスタマイズができるようになったなぁ

こんな感覚が記事を書き続けることで必ず出てくるので、大きな声では言わないですけど、結果が出る日もそう遠くない気がしてます。

1年後の『今日』が楽しみで仕方ない

200記事書くとブログに愛着がわくので、成長を見届けるのが楽しいんですよね。

さんパパ
収益化したい

テーマ変えたい

リライトしたい

ヘッダー変えたい

アイキャッチ変えたい

上記は僕がやりたいことの一部ですが、毎日ブログの改善をしたいなって思ってます。

ですが僕が求めている記事数が絶対的に足りないので、我慢してひたすら記事の執筆をしてる感じです。

いずれ毎日更新を止めてブログのテコ入れに全力を尽くす日を持ちますが、それが完成した時の状態が今の楽しみです。(笑)

このペースで記事を入れれば1年後は500記事を突破するわけで、その段階でのアクセスや収支はもちろん、改善し終えた時にどんな世界が待っているのか。

ブログRPGみたいなゲームを永遠と続けてる感じなので、面白さを感じながらブログを書けてます。

次は300記事書いた時の話をします

というわけでブログを200記事書いた時の収益やアクセスについて公開しつつ、思ったことを書いてみました。

僕はこのブログを人生で最後のブログにするつもりで書いているので、1000記事以上を書いていくと思います。

経験上、リライトなどをしないとブログが育たないことを知っていますが、記事がない状態でリライトするよりも、書ききってからした方がいいかなと思ってるのでこのまま300記事まで突っ走ります。

といいながら、実は近々、ブログのテーマを変えようかなと思って新テーマを購入しました。

別のブログで取り入れてみたのですが、これまでの短縮コードなどが使えずに全然違うデザインになってしまい困ってます(^^;

いつ導入するかは未定ですが、そんな感じでこれからもブログの執筆を楽しみつつ、皆さんのお役に立てる記事を書いていきますので、よろしくお願いします^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら