在宅起業に向いてる人の特徴【無料診断テストを受けてみよう】

在宅起業に向いてる人の特徴について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
在宅起業に興味があるけど自分は起業に向いているのかな?

在宅起業できたとして、ちゃんと家族を養っていけるのだろうか?

在宅起業家に向いている人の特徴や向いてない人の特徴について教えて欲しい

それと起業家の適性を診断できるものがあれば教えて欲しいかも

こういった疑問に答えます。

本記事の信頼性
この記事を書いている僕は3人の子供を抱えながら30歳の時に副業でブログを書き始め、34歳で脱サラし在宅起業家となりました。

現在は在宅起業3年目を迎え、ブログを書きながら子供と遊んで暮らす自由な日々を過ごしています。

この記事では在宅起業に向いてる人・向いてない人の特徴を伝えながら、あなたが在宅起業にどのくらいの適性があるのか、無料で診断する方法についてご紹介します。

僕の起業家としての資質についても公開しますので、参考にしながらあなたも受けてみてくださいね。

広告

在宅起業に向いてる人の特徴

在宅起業家に向いている人はこんな人

僕の経験上、在宅起業家に向いているのは以下の特徴を持つ人が多いです。

在宅起業に向いてる人の特徴
特徴①:物事を論理的に考える人

特徴②:とりあえず行動してみる人

特徴③:未来を予測して行動できる人

特徴④:他人に頼るのが好きではない人

特徴⑤:絶対に譲れない信念を持ってる人

特徴⑥:起業は自己責任だと考えられる人

順番に見ていきましょう。

在宅起業に向いている人の特徴①:物事を論理的に考える人

在宅起業家は目の前に次々とやってくる問題を解決し続けなければならないので、そのために論理的思考力が欠かせません。

■ブログのアクセスが増えた

■Googleアドセンスの収入が減った

■アフィリエイトしている商品が廃盤になった

例えば上記の問題が発生した時、どのように考えて対応するのかは論理的思考力の有無よって決まります。

行き当たりばったりの対応ではなく『ここを改善すれば結果は良くなる』という分析能力のような感じですね。

在宅起業家に必要な思考力については『【超重要】脱サラして在宅起業を成功させるために必要な4つの思考力』でも解説しているのでご覧ください。

在宅起業に向いている人の特徴②:とりあえず行動してみる人

何か気になることがあった時『とりあえずやってみる』というタイプの人は起業に向いていると思います。

■毎日会社に行ってる

■将来に不安がでてきた

■とりあえず副業について調べる

■ブログで在宅起業できることを知る

■とりあえずブログ作ってみる

■とりあえず記事を書いてみる

■とりあえず続けてみる

■少しずつアクセスと収益が発生し始める

上記は僕が実践してきた在宅起業を始めたきっかけです。

僕はそんなに行動力のあるタイプではなかったのですが、サラリーマンであり続けることが不安、かつ嫌だったので『とりあえず』副業について調べて行動しました。

周囲にいる在宅起業家の方をみても『とりあえずやってみた』という人は多いので、行動力の高い人は在宅起業家に向いと思っていいでしょう。

在宅起業に向いている人の特徴③:未来を予測して行動できる人

今のまま自分が生きていった時、どのような人生が待っているのかを予測し、その未来を回避するために行動できる人も起業向きです。

■30歳で3人目が産まれた

■毎月の生活費は赤字

■出世しても生活は苦しい

■今のままだと将来後悔する

■回避策についてネットで調べる

上記も僕の経験談ですが、僕は30歳の時に3人の父親になり、世間から見ると幸せな家庭を築いたように見えていたと思います。

でも、実際は金銭的に苦しく、毎月の生活費は赤字続きで、半年に1度のボーナスは全額貯金に回して毎月、切り崩しながらギリギリの生活を送っていました。

仮にそのままの人生が続いたとすれば、会社での出世はあったとしても、転勤リスクや責任ばかりが増え、給料は伸び悩んでジリ貧な暮らしが続くことが上司や先輩の話を聞いて分かったんです。

だからその未来を回避するために脱サラに向けた行動を開始したのですが、こんな感じで『現実の先にある未来』を予測し、その未来が嫌なのであれば回避するための行動を取っていける人は、在宅起業家として安心して暮らしていける可能性が高いです。

在宅起業に向いている人の特徴④:他人に頼るのが好きではない人

他人ではなく自分の力で生きていきたいと思う人は在宅起業に向いてますね。

起業向きな人
会社にいても給料は20万が限界

自分は月20万しかもらえない器じゃない

起業して月100万円を目指す!

例えば上記の通りで、サラリーマンとして雇われていれば毎月、安定した給料をもらうことはできます。

ただ、その代わりに労働条件については会社側の判断にゆだねることになるので、働く日や時間、給料や勤務先などすべてを会社の言う通りにしなければなりません。

僕はそれが嫌だったのでサラリーマンから抜け出すために行動しましたが、こんな感じで他人ではなく自分の力で生きていきたい!と強く思ってる人は自然と行動力も出てくるため、在宅起業家として暮らしていけるでしょう。

在宅起業に向いている人の特徴⑤:絶対に譲れない信念を持ってる人

『自分はこうやって生きていくんだ!』という強い信念を持ってる人も起業向きです。

起業向きな人
1度きりの人生悔いなく生きる

世界中を旅行しながら自由に生きる

若いうちにリタイアして絶対に叶えたい夢がある

夢は行動の原動力となるので、その想いが強ければ強いほど、過程となる在宅起業の道のりも困難とは思わず乗り越えることができます。

僕が今、在宅起業家として生きていられるのも『人生楽しんでナンボ』という信念があるからこそです。

在宅起業に向いている人の特徴⑥:起業は自己責任だと考えられる人

これは起業家の人に見られる大きな特徴ですが『すべての自己責任として捉えられる人』は起業しても超高確率で生き抜いていけます。

起業向きな人
クレームが来たのは自分の商品が悪いから

アクセスが来ないのは自分の仕組みが悪いから

ブログの直帰率が高いのは提供してる記事の質が悪いから

上記の通りで例え自分に都合の悪いことでも前向きに捉え、改善できる人は常に良いものを提供し続けることができます。

最初は提供するものの質が悪かったとしても、改善に改善を重ねることで良いものを生み出し、評価を受けることになるので、安定した起業家ライフを維持できるというわけです。

在宅起業に向かない人の特徴

在宅起業家に向いてない人はこんな人

過去の僕は決して企業に向いているとは言えない人間でしたが、それは以下の理由からです。

在宅起業に向かない人の特徴
■ネガティブ思考だった

■すぐ他人任せにしていた

■すぐに結果を求めていた

■何事も行動をためらっていた

■どうしたら起業で成功するか分からなかった

在宅起業に向かない人の特徴①:ネガティブ思考な人

昔の僕はかなりのネガティブ思考で、何かあるとすぐ都合の悪い方向に考えていました。

さんパパ
奥さんが副業に反対するからやめておこう

副業禁止だけどバレたらクビになるかもだからやめておこう

起業してもその後の生活が安定するか分からないからやめておこう

例えば上記の通りで、副業や在宅起業の道へ進む途中、いろんな葛藤と闘っていました。

こうした気持ちがすぐに湧き上がるとすごく疲れるので、まずは思考を変えて前向きな考え方を身につけるのがおすすめです。

在宅起業に関して言えば『先に成功する』という思考を持つことで不安を解除できたりもするので、下記の記事も参考にしてみてください。

在宅起業に向かない人の特徴②:すぐ他人任せにする人

自分に都合の悪いことが起こると、すぐ他の人の責任にしてしまうタイプの人も在宅起業に向いていないです。

■自分がブログで稼げないのは参加した時期が悪い
→時代のせいにしている

■仕事しながらブログ書くとか時間がないから無理
→環境のせいにしている

■仕事で起きたクレームの原因は作業担当者の作り方が悪い
→他人のせいにしている

例えば上記の通りで、起業はすべての責任を自分で管理しなければならないため、他責にした瞬間、成長が止まり収益も伸びなくなります。

普段から人の責任として押し付ける癖がある人は、在宅起業してもトラブルが発生する可能性大なので注意した方が良いと思います。

在宅起業に向かない人の特徴③:すぐに結果を求める人

サラリーマンが40年以上続くのと同じように、在宅起業してもその後の人生は長く続きます。

よって事前にしっかりとした資産を形成することが必要ですが、当時の僕はすぐに結果を求めていました。

さんパパ
ブログを10記事程書いてもアクセスが伸びない

ブログを100記事書いても収益が伸びない

もっと楽して稼げる副業はないのだろうか

上記の通りですが、楽をして稼げたとしてもそれを継続させる能力が無ければ在宅起業家としての人生は終わりを迎えます。

よって時間軸を長く取り、楽に稼ぐことではなく『楽に稼げる自分に成長すること』を目的に活動していくことが大切です。

在宅起業に向かない人の特徴④:何事も行動をためらう人

在宅起業家はフットワークの軽さも大切ですが、昔の僕な何かしらの理由を付けて行動することを放棄してました。

■ブログを書けば将来脱サラできるかも
→パソコンできないから無理

■アフィリエイトを実践すれば副業でも稼げる
→よく分からないし怪しい、騙されて終わる

■いずれYouTubeが伸びるから今からやった方がいい
→動画撮るとか自分には無理だからブログでいい

上記の通りで、何をするにもその場では一旦否定し、しばらくたってから『やっぱやろうかな』と言って始めることが多かったです。

その結果、目の前にあるチャンスを逸し、自分で苦労する人生を歩み続けていました。

在宅起業に向かない人の特徴⑤:どうしたら起業で成功するか分からない人

僕は起業に関する勉強を1年かけて学んだのですが、それまではどうしたら在宅起業できるのかさっぱり分かりませんでした。

さんパパ
どうやったら在宅起業できるの?

在宅起業するにはどういう仕組みが必要?

今から在宅起業を目指すなら何からやるべき?

例えば上記の通りで、ゴールまでの道のりすら分からない状況で在宅起業しても失敗するだけです。

まずは現在地とゴールを結ぶ手段を学べるよう、自己成長に視点を置いていきましょう。

起業センス診断テストで起業適性を調べてみよう

起業センス診断テストで起業適性を調べてみよう

最後に今現在のあなたが起業に向いているのかどうかを診断できる無料テストがあるので、それについて解説してから記事を終わりたいと思います。

起業センス診断テストとは

起業センス診断テストとは100前後の質問(アンケート)が順番に出題され、直感的に回答するだけであなたが起業向きか否かを診断してくれるテストです。

起業センス診断テストで分かること

あなたが今持っている『起業センス』と呼ばれる数値を知ることができ、その数値を以下の表に照らし合わせることで現時点における自分の能力値を知ることができます。

例えば起業の勉強を一切していないサラリーマンが上記のテストを受けると『41』という結果になりますが『その状態で在宅起業するのはリスクがあるので、先に起業に関する勉強(インプット)をした方が良い』ことが分かります。

逆に起業の勉強などをせずに起業センスが『55』を超える数値を叩き出している人は『サラリーマンとしても活躍できるけど、起業した方がさらに活躍の場が広がる可能性が高い』ということが分かったりします。

僕が起業センス診断テストを受けた時の結果

ちなみに僕が初めて起業センス診断テストを受けた時の結果は『49』でした。

その時はまだサラリーマンブロガーとして記事を書きまくっていたのですが、収益に改善が見られなかったので起業に関する勉強を進め、その後の結果が下記の通り。

起業センス診断テスト2

起業センスが『61』まで伸び『起業絶対成功レベル』まで到達したのですが、この頃になると『起業しても失敗する気がしない』と思うようになりました。

それは数々の起業成功事例を学ぶことで論理的思考力が身に付いたことと、今の自分が何をすれば起業に成功するのかを逆算的に理解し、行動する実行力も身に付いたからです。

『とりあえず』起業センス診断テストを受けてみよう

在宅起業家になるには『とりあえず』で前に進む行動力が必要なのはすでにお話しした通りですが、ここでそれを使ってみましょう。

起業センスは本来、1回の測定をするにあたり『5400円』の経費が必要になりますが『僕が使った裏技を使うことで無料で受けることが可能』になります。

その裏技とは『次世代起業家育成セミナー特別編』という過去に1万円で販売されていた起業家の卵に向けた経営セミナー動画を無料で受け取れるキャンペーンに参加することです。

僕はたまたま次世代起業家育成セミナーに出会い、(当時は有料販売されていたので)購入したのですが、それによって在宅起業家への道が開かれ、今の僕が存在しています。

講師を務める加藤さんは日本最大級のオンライン起業スクールである『次世代起業家・経営者アカデミー』の創設者で、僕はそのスクールの2期生として学ばせていただきました。

次世代起業家育成セミナーの学習風景

次世代起業家育成セミナーの学習風景と講師の加藤さん

加藤さんは現在、次世代起業家の育成事業に力を入れていて、その一環として当時有料販売していた『次世代起業家育成セミナー特別編』を無料で配布するキャンペーンを行っています(教材の内容については別の記事で詳しく解説します)

今回、次世代起業家育成セミナー特別編をすべて視聴し、簡単な感想を送ると1回あたり5400円必要な起業センス診断テストが無料で受けられるようになるので、少しでも起業に興味がある人はこの機会に受けてみてください。

僕自身が有料で購入して学んだセミナー動画が無料で手に入り、かつ、現時点におけるご自身の起業適性まで分かるキャンペーンですから、『とりあえず』参加する価値はありますよね。

期間限定らしいので、チャンスのあるうちに参加してみてください。

人生を楽しみたいならリスクを取らずに動いてみよう

人生を楽しみたいならリスクを取らずに動いてみよう

というわけで『在宅起業に向いてる人の特徴』についてのお話しでした。

個人的には『夢を持って叶えるための行動したいと思ってる人』は全員、在宅起業に挑戦してみると良いかなと思います。

さんパパ
パパでも遊んで暮らしたい

遊びながら月100万円稼ぎたい

自分がやりたいことだけをやって生きていきたい

最初は不純な動機だったとしてもその後、知識を身につけることで考え方が変わっていくものです。

というのも僕がブログを始めた動機は上記でしたし、そこから未来を見据えて動いた結果が今です。

動かない人生も楽なのですが、楽である反面、今の不満や不安が解決されることもありません。

つまり今、あなたの目の前にあるのは『動くのは面倒だけど未来の不安や不満をなくして楽しい人生にするか』と『動くのがめんどうだから思考停止という楽な道を選んで束縛という辛さを取るか』という選択です。

毎日会社で働くだけのサラリーマンは今回お話しした選択肢すらなく、ひたすら働き続ける一択なので、ある意味、選択できるのは恵まれているし、それはあなたが行動して今、この記事を読んでいる結果です。

そんな感じで『とりあえず』動いてみて『起業の勉強をして自分に向いてないと思えばやめる、起業家の道を歩めそうなら進んでみる』のが良いと思います。

人生ってそうやって変わっていくものですから^^

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら