在宅起業するにはこの手順がおすすめ【過去の経験から最速法を暴露】

在宅起業する手順について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
在宅起業して子供と遊ぶ暮らしに興味がある

どうしたら自由に仕事をしながら暮らせるんだろう

これから在宅起業を目指すための手順や道のりが知りたい

こういった疑問にお答えします。

本記事の信頼性
僕は30歳の時に3年目の子供が生まれ、金銭的な不安から副業を始め、34歳の時に転勤を断って脱サラし、在宅起業家となりました。

一般の起業家とは違い、僕の場合は『3人の子供を抱えながらゼロから実践して起業した』ので、パパ目線での成功体験をお届けすることができると思います。

この記事では『在宅起業して子供と遊んで暮らしたり、全国好きな場所で仕事をしながら自由に生活する人生興味がある』人に向けて在宅起業家になるための方法を7つの手順としてまとめました。

これからお話しする方法は2013年~2017年にかけて僕が実践してきたすべてのことで、これらを実践することで最高月収は500万円まで達成することができました。

さらに僕が在宅起業を教えた方も月収400万を突破し、在宅起業家として全国を旅行しながら自由な人生を過ごされています。

この記事はあなたが在宅起業家として成功するため、今後も繰り返し読むことになるはずなので、お気に入りやブックマーク登録をしておいてくださいね。

広告

在宅起業するにはこの手順がおすすめ

在宅起業するにはこの手順がおすすめ

僕が実践した結論として在宅起業するおすすめ手順は以下の通りです。

在宅起業するおすすめ手順
手順①:在宅起業家として生きていける理由を知る

手順②:本格的な経営の勉強をする

手順③:情報を発信する媒体を作る

手順④:記事を書いてライティング力を鍛える

手順⑤:アクセスを集めてきゃっすぽんとを作る

手順⑥:不労所得の仕組みを作り始める

手順⑦:仕組みの管理を行う

順番に解説していきます。

在宅起業する手順①:在宅起業家になりたい理由を明確にする

最初にやるべきは『在宅起業家になりたい理由を明確にすること』です。

終身雇用制度が崩れ、個人で稼ぐ時代になったとはいえ、まだ世間的には『学校を卒業したら社会で働くもの』という常識が色濃く残っています。

そんな中、在宅起業家として生きていくためには『自分がなぜ、在宅起業家として生きていきたいのか?』という明確な理由が無ければなりません。

なぜなら、在宅起業家とは他の人からするとイレギュラーな暮らしであり、憧れる人が多い反面、その世界を批判してくる人もいるからです。

同僚
■会社にいた方が給料がもらえるし安心できるだろ

■在宅起業なんて頭のいい人しかできないに決まってる

■家族がいるのに在宅起業とか不安な道に行って大丈夫か?

こうした意見はあなたを在宅起業家への道に行かせないための試練です。

僕もまだ何も成果が出ていない時、友人に『ブログを書いて脱サラする』と宣言したら超笑われ、バカにされました。

当時はその批判を真に受け『やっぱり無理なのかなぁ』とへこんだりしましたが、それでも『今のまま会社にいたら未来はない』と自分の気持ちに沿って行動していきました。

そして彼らの批判を良い意味で応援と捉え『彼らを見返すためにも絶対に在宅起業を成功させる』と思って作業してきました。

こうした『想い』はあなたがこれから在宅起業家になるために何度もやってくる世間の圧力に立ち向かう強靭な武器となります。

武器があれば反対してくる相手と戦えますが、武器が無ければ相手にやられるだけなのでメンタルが崩壊し、あなたが望まない『満員電車、上司からの嫌味、愚痴だらけの飲み会、過酷なノルマ』を40年続ける日々に戻ってしまいます。

これから在宅起業家を目指す方、過去に目指したけど挫折してしまった方は、下記の記事を参考に『在宅起業するための理由』について考え、紙に書き出すところから始めましょう。

在宅起業する手順②:本格的な経営の勉強をする

勘違いしないでいただきたいのは『在宅起業家になることがゴールではなく、在宅起業家として自由に暮らすことがゴールである』ということです。

例えば僕は子供と遊んで暮らす生活をしていますが、そのためには安定した収入を維持し続けなければなりません。

しかしながら先ほどお伝えした通り、日本の学校教育ではそうした知識を教えてくれないため、在宅起業する方法に関しては自分自身で学びに行くことが必須となるのです。

具体的には以下のような知識です。

在宅起業するために必須な知識
■給料以上に安定した収入源の作り方

■収入の桁を1つ上げるための在宅起業論

■リスクをかけず最短で在宅起業する方法

■労働ではなく仕組みを作り上げるべき理由

■お金と時間の総取りをするための具体的手法

■暇なのにお金持ちである人が持っている考え方

僕が会社に雇われず子供と遊んで食わせているのは、上記の知識を学んで実行してきたからです。

我流でやっても在宅起業の成功確率は『限りなくゼロ』ですので、自らいばらの道を歩むのではなく、すでに成功している人が作った道を歩んでいきましょう。

このブログでも在宅起業するために必要な知識の学び方を解説しているので、参考にしてください。

在宅起業する手順③:情報を発信する媒体を作る

在宅起業するための知識を学んだら、具体的な仕組み作りに入っていきます。

この段階になると『在宅起業するために何をすればよいのか?』が分かっていると思いますが、あらためて言っておくと『情報を発信する媒体を作り上げること』です。

情報発信の媒体例
■ブログ

■Twitter

■YouTube

■Instagram(インスタ)

■TikTok(ティックトック)

■note

■Facebook

例えば上記の通りですが、僕のおすすめは『ブログとTwitter』です。

理由は『お金がかからずに即実践でき、さらに積み上げ型のため長くやった人ほど勝ちやすいから』です。

ブログとTwitter、それぞれの実践方法については下記に一覧としてまとめたので、ブックマークをしながら都度、必要な記事を見ながら作業していきましょう。

在宅起業する手順④:記事を書いてライティング力を鍛える

電車に乗った時、周囲の人を見て欲しいのですが、多くの人が何をしているか知っていますか?

誰に習ったわけでもなく多くの人が『スマホを見る』という行動をしているかと思います。

そしてスマホの先に何があるかと言えば『情報』があります。

情報とは文字であり、画像であり、動画であるのですが、その中で一番多いものが『文章』です。

これは言い換えると『スマホの中に読まれる文章を作ることができれば人が集まりお金になる』ということです。

手順③でブログとTwitterを作ったと思いますが、さらにワンランク上の情報を届けるために『ライティング力』を鍛えていきましょう。

ぶっちゃけ、僕が生きていられる理由は『ライティング力』を徹底的に鍛えたからであり、文章が書ければ一生、ご飯を食べていけます。

とはいえ、いきなりライティング力を鍛えるのは難しいので、まずはブログやTwitterを始めて自分のライティング力を確認することが先決です。

たぶん1000文字書くだけでも超大変だと思います。

そしたら『どうやったら3000文字5000文字のブログを書くことができるのか?』という疑問がわきあがり、自然とその答えを探すようになるはずです。

このブログでは僕が実践しているライティング方法やライティング力を高めた方法を解説しているので、答えの一例として参考にしながらスキルアップしていきましょう。

在宅起業する手順⑤:アクセスを集めてキャッシュポイントを作る

情報発信を始めると徐々に作業慣れしていくので、アクセスを集めながらキャッシュポイント(=収入源)を作っていきます。

そして実は『アクセスを集める作業』が結構大変で、ここで挫折する人が圧倒的に多いです。

■ブログを書いてもアクセスが来ない

■Twitterでつぶやいても『いいね』が付かない

こうしたことは誰もが経験する登竜門であり、言ってみれば『成功する人をふるいにかける試練』です。

この試験に落ちると在宅起業家になるのは不可能なため、是が非でも乗り越えなければなりませんが、1人で作業していると挫折しやすいのも事実です(というか失敗する多くの人は孤独を選んでしまいます)

そのため自分1人では成功する自信がない人は、すでに成功している人やリアルタイムで成功を掴もうと作業している人がいるコミュニティに参加しましょう。

例えば僕はLINE読者さん限定で『在宅副業チャット』という無料のオンラインコミュニティを開放しています。

まだ人数も少ないですが、ここでは在宅起業を本気で志すと決めた方からの相談を無期限で受け付けながら、参加者の成功を後押しする予定です。

こんな感じで挫折防止策を取りながらブログを書き続けるとアクセスが集まってくるので、そしたらそこに収益の発生するキャッシュポイントを設置すれば少しずつ収入が生まれます。

ここまで来たらメンタル的にも強くなり、収入が生まれたことでモチベーションも上がり、良い循環になってると思います。

アクセスの集め方やキャッシュポイントの作り方については下記の記事を参考にしてください。

在宅起業する手順⑥:不労所得の仕組みを作り始める

ブログにアクセスが集まり、広告収入などが発生し始めたら、最終手順として不労所得の仕組みを作っていきます。

不労所得を作る方法
■メルマガで情報を発信する

■LINEで情報を発信する

僕が実践しているのは上記の通りで、この媒体を持たないとお金を稼ぐことはできても自由な時間を手に入れることができません。

■ブログを毎日書く
→ブログに時間を取られる

■YouTubeに動画をアップする
→動画投稿に時間を取られ続ける

■オンラインセミナーを開催する
→セミナーの準備と開催に時間を取られる

上記の通りで、大半の人は脱サラしても忙しく働いていることがほとんどで、結局はサラリーマンをしているのと変わらない日常を送っています。

これは手順②でお伝えした『経営の知識が足りないこと』が最大の原因であり、すでに勉強を終えたあなたであれば僕の言ってる意味が理解できると思います。

下記の記事ではメルマガを使った不労所得化戦略について詳しく解説していますので、ブログに一定のアクセスが集まったら仕組みの自動化に取り組んでいきましょう。

在宅起業する手順⑦:仕組みの管理を行う

『ブログ・Twitter・メルマガorLINE』という在宅起業に向けた仕組みを作り終わったら、あとは仕組みの管理だけに時間を使えば自由な暮らしを満喫できます。

仕組み管理の一例
■ブログのアクセスが減った
→Googleアナリティクスを参考に改善

■Twitterからの流入が減った
→ツイートを増やしてファン化を進める

■メルマガの登録数が減った
→集客人数と登録率を確認して原因部分を改善

■商品の販売率が悪くなった
→商品の見直しや別商品の紹介も検討

上記の通りで仕組みの1つ1つには『お客さんの動きを示す数値』が出てくるため、各数値を見える化しておけば、収入が増えた・減った原因を特定することができます。

そして月100万円稼げていた収入が月10万円に減ってしまったのであれば『どの部分の数値が大きく下がったのか』を分析して改善すれば収益は元に戻ります。

僕の場合であれば、最近はこのブログの執筆に時間を使っていますが収益は思ったほど伸びていません。

ですが、過去に作った仕組みがあり、その数値だけはきちんと管理しているので、ブログやメルマガの更新をしなくても安定した収益が生まれ続けているので子供と遊ぶ暮らしを維持できています。

このあたりの話については下記の記事を参考にしてください。

まずは知識を学ぶところから始めよう

まずは知識を学ぶところから始めよう

というわけで『在宅起業するための手順』についてのお話しでした。

今回お話しした内容は僕が3人の子供を育てながら4年半かけて実践してきた実話です。

もともと小さな中小企業に勤めていたパソコン嫌いのパパリーマンだった僕にできたのですから、あなたも夢を持って前に進めば必ず実現できるので、順番にチェックしてみてください。

道のりは成功しやすい順番にしています

最後に補足ですが、今回お話しした手順は僕が実践した手順とは一部変更しています。

というのも僕が情報発信を始めた時はこういった『在宅起業家になるための道のり』といった情報なんかなかったんです。

だから目の前にある本当か嘘かも分からない情報を頼りに実践するしかなく、言葉では言い表せられない程、無駄な作業を繰り返してきました。

そうした経験から今回お伝えした方法が一番効率よく在宅起業家になれると思っているため、今回紹介させていただきました。

僕が無駄だと思った作業をあなたがやる必要はありませんからね。

苦労することで学べることもあるにはありますが、それによって得られるメリットより挫折リスクの方がはるかに高いので、最小限の労力で成功したい人は今回の手順を参考にしてください。

最後は1度きりの人生をどう生きたいかという覚悟で決まる

今回は在宅起業家になるための最短手順を説明してきましたが、だからと言ってまったく努力せずに在宅起業家として自由に生きられるかと言えばそうでもないです。

やるべきことは沢山ありますし、やらなければならないこともあります。

ですがやるべきことは既に明確になっているので、あとは『やるかやらないか』という決断と『最後までやりきるという覚悟』だけを考えればOKです。

プロ野球選手として1億円プレイヤーになれば、あとはその立場を維持するだけで数年で生涯報酬を稼げると思いますが、その立場になるにはそれ相応の努力が必要ですよね。

在宅起業家も同じで成功するまでは大変です。

でもなり成功してしまえばそれまでの経験から収入を維持することは楽なので、まずは在宅起業家になるための知識を学び、実践経験を積み、自由な日々を目指していきましょう。

それではまた!

3人の子供育てながら脱サラするまでの実話物語です

コロナ不況に立ち向かう唯一の手段です

2020年6月現在、新型コロナウイルスの流行により、世界はかつてないほどの経済危機に陥っています。

外出自粛、イベントの自粛要請、パチンコ屋の営業騒動、オリンピックの延期など、たった数ヶ月の間で多くの企業が経営不振の危機となり、いまだにその収束は終わりが見えません。

そんな中、僕らに与えられた選択肢は2つです。

選択肢①:景気の回復や会社がつぶれないように願いながら、今まで通り満員電車に乗り、コロナへの感染リスクに怯えながら毎日会社に行く。

選択肢②:会社の倒産リスク、電車等での感染リスクをゼロにするため、給料に変わる安定した収入源を在宅で稼げるよう個人で稼ぐスキルを蓄える。

今すぐに結果を出すのは難しいですが、コロナによって不況が続く未来が見える中、今まで通り会社に通って帰宅するだけの日々にはリスクしかありません。

これは会社の給料で今の生活を維持しつつ、きたる未来に向けて備えておくことが求められる時代に突入したということです。

僕は30歳の時に将来への不安を感じ、約4年サラリーマンパパをしながら副業として知識を蓄え、脱サラすることに成功しました。

たった4年、コソコソと副業しただけで残り40年近くの人生が自由になれるのです。

僕は3人も子供がいたので時間的不利が生じて4年もかかりましたが、独身の方や子供が僕より少ない方はもっと早く達成できると思います。

以下に僕が副業時代に実践したノウハウや学習した動画などをまとめたプレゼントを用意したので、1度、手に取ってみてください。

あなたがコロナ騒動で今の暮らしにや家族の将来に少しでもリスクを感じたのであれば、その問題の解決に役立つはずです。

記事が役に立ったらシェアしてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

30代起業家&3児のパパ。得意分野はブログを中心とした不労所得の構築。中小企業に10年勤務▶️副業ブログで月収70万突破▶️転勤内示を機に34歳でセミリタイア→起業後の最高月収は500万。信念は『人生楽しんでナンボ』。仕事はソコソコにして自分の好きなことを飽きるまでやり尽くす人生を手に入れたい人に向けて自信の経験談を綴っています。 詳しいプロフィールはこちら